東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?

早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。お見舞い申し上げます。
そこで今回は、株式会社マーシュが震災の一週間後の2011年3月に実施した「地震・災害に関するアンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「1都3県在住の20~69歳の男女1,000名」です。

まず始めに、「あなたの身近で、実際に巨大地震が起こるかも知れないと考えていましたか?」と尋ねると・・・、

身近で巨大地震が起こる想定度はかなり高く、「かなり考えていた+やや考えていた」は、64.4%でした。

次に、「あなたは今回の巨大地震が起きた時(大きな揺れの最中)、どこにいましたか?」と尋ねると・・・、

「自宅」が42.0%で最も多く、次いで「会社(客先含む)・バイト先」の31.4%で屋内が7割強を占めた。続いて「街中・屋外」の4.3%でした。
都心の揺れは震度5弱だったそうですが、ちなみにみなさんはどこにいましたか?
屋内は怖いですよねぇ。自分は仕事で銀座四丁目交差点のあたりを歩いて、今でも汐留の高層ビル街がふにぁふにぁになりながら揺れていたのを覚えています。

続いて、「今回の巨大地震が起きた時(大きな揺れの最中)、先ずどのような行動をとりましたか?」と尋ねると・・・、

「倒れそうなものを押さえた」が23.1%で最も多く、次いで「何もしなかった(できなかった)」の20.4%、「建物の外に出た」の20.0%と続きました。
突然の大きな揺れに直面し、なかなか冷静に行動できなかった人も多かったようですね。

続いて、「今回の巨大地震が起きた時(大きな揺れの最中)、まっ先にどのようなことを思い浮かべましたか?」と尋ねると・・・、

「家族の安否」が25.3%で最も多く4人に1人の割合。次いで「自宅の被害(家の中・家具含む)」の10.8%、「震源地・震度」の7.7%と続きました。

次は、「今回の巨大地震発生から1週間が経ちますが、今後について、どの程度不安を感じていますか?」と尋ねると・・・、

「かなり不安」と「やや不安」で82.6%を占めました。とくに福島の原発事故があったのでマスコミも朝から晩まで大騒ぎでしたよね。ちなみにこの原発事故処理費用21.5兆円は、昨年の世界中の自然災害の被害額の合計と同じだそうです。

最後に、「不安」と答えた人に、「どのようなことが最も不安ですか?」と尋ねると・・・、

「また大地震がおきないか、津波が来やしないか」が29.6%で最も多く、次いで「原発、放射能漏れ/飛散、人体への影響」の29.1%、「収まらぬ余震」の12.4%と続いた。

死者 15,884 人 行方不明 2,636 人、建築物の全壊・半壊約40万戸、本当に大きな被害を出した東日本大震災でした。 

   ▶▶▶ 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ
   ▶▶▶ イタリア国民は、チェルノブイリ事故で脱原発を決意
   ▶▶▶ ドイツはエネルギー革命で、2022年には原発ゼロ!

関連記事

Ad

意外な事実

  1. あこがれの豪華観光列車の旅

    今回は、東急が2016年11月に実施した「観光列車に関するアンケート」の結果をご紹介します。
  2. 分断国家、韓国と北朝鮮はどのようにして生まれたのか?

    韓国と北朝鮮は、なぜ同じ民族で同じ韓国語を話すのに二つの国家に分かれているのだろうか...
  3. 驚きのグローバルトップ企業の変遷

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか?ふと先日、そんなことを思ったので色々調べてみ...
  4. Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    Jリーグでは、2012年から「クラブライセンス制度」を導入しており、仮にJ2でリーグ優勝してもそのチ...
  5. 海外に住む日本人(海外在留邦人)の数

    以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に...
  6. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  7. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. 最近、街を歩いていると、「整骨院」や「接骨院」と書かれた看板を、やたらたくさん見かけ...
  2. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  3. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  4. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。
  5. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け...