日本旅行を希望する中国人のその意識は?

 

一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだに街でよく見かけます。
そこで今回は、JTBが2016年1月に実施した「日本旅行に関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「1年以内に日本への観光旅行を希望している、年収 12 万元(約 240 万円)以上の中国人男女 1,000 名」です。

まず始めに、「過去3年以内に行った旅行先は?」と尋ねると・・・、

中国本土が 86.8%、以下、香港・マカオ・台湾が 74.0%、日本56.7%と続きます。半数以上の人がすでに日本旅行を経験済みで、さらに3割以上の人がヨーロッパ旅行も経験済みとは驚きました。

次に、「の日本旅行の目的は?」と尋ねると・・・、

初めての日本旅行の目的は、「観光旅行(家族、友人訪問含む)」(47.4%)「ビジネス旅行(出張、国際会議や学会などへの出席)」(22.2%)「職場の仲間との旅行(社員旅行)」(11.5%)「ビジネス旅行(インセンティブ旅行)」(11.1%)と、観光旅行が一番多い結果でした。一方、直近の訪日旅行では、「観光旅行(家族、友人訪問も含みます)」(52.5%)「ビジネス旅行(出張、国際会議や学会などへの出席)」(11.0%)となり、ビジネス旅行は減少し、インセンティブ旅行が15.6%と増加しています。

まず始めに、「日本での食事は?」と尋ねると・・・、

初訪日では、「日本料理店で食事(寿司、天ぷら、刺身など)」(75,5%)が最も多く、続いて「日本食ファーストフードチェーン」(38.0%)、「ラーメン」(33.3%)の順でした。一方、直近の訪日では、やはり「日本料理店で食事(寿司、天ぷら、刺身など)」(63.2%)が最も多く、続いて「日本食ファーストフードチェーン」(44.8%)でした。ただ、「コンビニなどで買って」(25.8%)、「西洋料理」(23.9%)というように訪日経験の増加で様々な場所で食事を楽しむ傾向が見られます。

次に、「 はじめて日本に行きたいと思ったきっかけは?」と尋ねると・・・、

「アジアの先進国として日本を見てみたかった」(37.4%)が最も多く、次いで「日本料理を食べて、日本でも食べてみたいと思った」(34.8%)、「日本製の商品を利用してみて日本で買ってみたいと思った」(30.4%)でした。日本の「食」や「技術」への関心が日本に行きたいと思うきっかけになっているんですね。

次に、「自国(中国)で誇れると思うことは?」と尋ねると・・・、

 

「歴史と伝統」(66.9%)、「食文化」(66.4%)、「文化・芸術」(54.9%)などを選んだ人が多いですが、「質の高いサービス」(25.7%)「教育水準」(25.2%)は低い評価でした。

続いて、「日本で誇れると思うことは?」と尋ねると・・・、

「質の高いサービス」(53.3%)、「科学技術」(48.6%)、「教育水準」(42.6%)、「国民の勤勉さ」(40.9%)、「食文化」(40.7%)でした。どうやら中国とは逆のようですね。

最後に、「一番行きたい海外旅行先は?」と尋ねると・・・、

「日本」(38%)が最も多く、次いで「ヨーロッパ」(20.8%)、「アメリカ・カナダ」(11.4%)でした。旅行先のマナーの悪さが世界的に有名な中国人。日本の一国民としては、やっぱりあまり来てほしくはないですね。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  2. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  3. 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  4. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  5. ボジョレー・ヌーボーは今年も予約しましたか?

    今回は、ホノテが2016年10月に実施した「ボジョレー・ヌーボーに関するアンケート」...
  6. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...
  7. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化
  2. スティーブン・バノン
  3. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  2. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意...
  3. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  4. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  5. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...