便秘への対応策をみんなに聞いてみた

 

現代日本では、若い女性の半数以上が便秘で悩んでいるそうです。
そこで今回は、日本バナナ輸入組合が2014年9月に実施した「便秘に関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳~49歳までの便秘の女性500名」です。

まず始めに、「何が便秘の一番の原因だと思いますか?」と尋ねると・・・、

最も多かったのは「食生活」で34%、続いて2番目には「運動不足」が30.8%、3番目は「ストレス」という結果でした。ちょっと意外でするが、ストレスと便秘って関係してるんですね。

次に、「どのようなことで強くストレスを感じますか?」と尋ねると・・・、

最も多かったのは「仕事」で35.8%。2番目は「家庭事情」26%という結果でした。女性の社会進出が続く一方で、その結果として仕事や家事で強いストレスを感じてしまっている女性も多いようですね。

次に、「便秘以外で悩んでいることは?」と尋ねると・・・、

最も多かったのは「ストレス」で47.4%。続いて多かったのが、「肌が荒れている」で45.8%、「睡眠不足」が39.2%でした。思い通りにいかない便秘は、やはりストレスや肌荒れに繋がってしまうようですね。

続いて、「取り入れている便秘対策は?」と尋ねると・・・、

最も多かったのは「食生活の改善」で44.4%、続いて2番目は「便秘薬を飲む」が28.0%でした。「便秘対策はまずは食事から」と考えている人が多いんですね。

次に、「便秘に効くと思い、普段から一番多く食べているモノは?」と尋ねると・・・、

「ヨーグルト」が圧倒的に多く59.4%、続いて「牛乳」が11%で2番目に。いろいろな広告で宣伝していますが、乳製品ってほんとに便秘に効くのでしょうか?

 

次に、「自分のポッコリお腹を気にしたことはありますか?」と尋ねると・・・、

「とてもある」と回答した人が54.6%と半数を超え、「少しある」が21.2%、「たまにある」が16.4%という結果になり、あわせて9割近くの人が、「ポッコリお腹」を気にしたことがあるという結果でした。

次に、「周りの人のポッコリお腹を気にしたことがありますか?」と尋ねると・・・、

「とてもある」が24.8%、「少しある」が24.2%、「たまにある」が19.8%と回答。合わせて7割近くの人が気にしたことがあるという結果でした。

最後に、「便秘によって困ったことはありますか?」と尋ねると・・・、

「とてもある」と回答した人が22.8%、「よくある」と回答した人が24.2%、「たまにある」と回答した人が34.6%という結果でした。多くの人が、便秘で困った経験があるようですね。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  2. ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳...
  3. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  4. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. 高校野球「夏の甲子園大会」、応援していますか?

    甲子園で毎日熱戦が繰り広げられている夏の高校野球。
  6. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  7. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  2. 和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  3. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。