日本のワインはお好きですか?

 

秋らしさがぐっと深まるこの季節を迎えると、なぜかフルーティなワインが恋しくなりますね。
そこで今回は、アサヒビールが2016年10月に実施した「ワインに関する調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳以上の男女 911人」です。

まず始めに、「普段どの位の頻度でワインを飲んでいるか?」を尋ねると・・・、

「週1回以上」と回答した人は約1/3の33.5%。さらに「月1~2回は飲む」という人も24.5%おり、全体の6割近くの人が少なくとも「月に1回以上」の頻度でワインを飲用しているようです。

次に、「自宅でワインを飲むのはどんな時?」と尋ねると・・・、

最も回答が多かったのは「ホームパーティ(誕生日・クリスマス・年中行事など)のとき」(39.9%)でした。続いて2位は「週末・休日に」(37.9%)、3位は「和食・洋食限らず食事のとき」(28.8%)、4位は「友人や来客があったとき」(19.0%)、5位は「食事が洋食のとき」(19.0%)でした。あまり日本ではホームパーティの習慣はありませんが、なんとなく「パーティ=ワイン」。「宴会=ビール」のイメージが染み付いているのでしょうかね。

次に、「ワインを購入する際の購入基準は?」と尋ねると・・・、

最も回答が多かったのは「料理によって赤、白、ロゼなどを買い分ける」(37.1%)でした。続いて「酸味や渋味、甘口や辛口など、味の表記を見て選ぶ」(32.3%)、3位は「生産国(イタリア、フランス、アメリカなど)・生産地区(ボルドー、ブルゴーニュなど)で選ぶ」(25.6%)でした。みんな「ワインの種類」→「辛さ」→「産地」で選んでいるようですね。

次に、「どこで作られたワインがお好きですか?」と尋ねると・・・、

トップは圧倒的に「日本」(72.1%)で、次いで2位は「フランス」(37.3%)、3位は「チリ」(35.3%)でした。食の安全が問われる中で「国産」という安心感に加え、最近では海外でも高い評価を受ける高品質な「日本ワイン」が続々出現していることも人気を後押しする理由なんですかね。

次に、「自宅で飲むワインの1本当たりの平均価格帯は?」と尋ねると・・・、

「1,000~1,500円未満」と回答した人は最も多く35.9%、次いで「1,000円未満」が31.8%で、合わせて7割近い人が1,500円未満でした。

次に、「今年のボージョレ・ヌーヴォを飲みますか?」と尋ねると・・・、

「必ず飲む」と回答した人は12.6%。さらに「飲みたい」という人も32.9%おり、全体の4割以上の人が「今年のボージョレ・ヌーヴォの解禁」を心待ちにしているようですね。

  ▶▶▶ 都議会議員の給与ってご存知?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

  ▶▶▶ レントゲンとCTとMRIの違いは?
  ▶▶▶ 大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 脳

    脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  2. 2020東京オリンピックは失敗

    2020東京オリンピックは失敗に終わる?

    間もなく韓国の平昌オリンピックが開催されます。
  3. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  4. 水道事業の民営化

    政府がこっそり進めている水道事業の民営化を許していいのか?

    昨年2017年3月に水道法の「改正」が閣議決定され、民間事業者が参入しやすいように改正されました。
  5. 認知症とアルツハイマー病

    認知症とアルツハイマー病の違いは?

    よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょう...
  6. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  7. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。

Ad

人気の記事

  1. 中国の街の雑踏
  2. 弾道ミサイル
  3. 安倍総理の外遊
  4. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  2. 最近は街中のお店で、クレジットカード以外にも楽天EDYやSUICAなどの電子マネーが...
  3. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  4. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。