温泉の種類について調べてみました

 

今回は、“温泉の種類”について調べてみました。

どうやら、通常、温泉は以下の4つの基準に基づいて分類されるようです。

1.温度 (泉温)
 これは、鉱泉が地上に湧出した時の温度、または採取した時の温度よる分類です。

2.液性 (pH)
 これは、鉱泉の湧出時の水素イオン濃度(pH値)による分類です。

3.浸透圧
 これはちょっと難しいのですが、簡単言うとヒトの体への温泉成分が入りやすさ(浸透しやすさ)による分類です。

4.泉質 (化学成分)
 これは、鉱泉の含まれる様々な成分とその濃度による分類です。

この4種類の分類法の中で、最も重視されているのは・・・、
もちろん、4の「成分」のようです。

では、それぞれの分類法について、より詳しくご説明してきます。

1.温度 (泉温)について

鉱泉の元の温度により、以下の4種類に分類されています。

 ■ 冷鉱泉       25度未満。
 ■ 低温泉       25度以上34度未満。
 ■ 温泉 (普通泉)   34度以上42度未満。
 ■ 高温泉       42度以上。

通常、実際の湯船に入れるお湯は、加熱や加水により温度調整がされています。

自分のような高血圧の人は、熱いお湯は避けたほうが無難ですよ。
参考のために、自分が医者から注意されていることを書きます。

・熱いお湯は避け、ぬる湯に浸かる
 → 熱いお風呂に入ると、血圧は30-50も上がるそうです

・全身浴よりも半身浴がお薦め
 → 半身浴は心臓への負担が軽いそうです

・こまめに水分補給をする
 → 大量の汗をかくと、血液がドロドロになり、脳梗塞の危険が高まるそうです
  (自分はいつも水筒を持って、温泉に入っています!)

・急激な温度差を避ける
 → 冬の露天風呂に入る時は、内風呂で十分に体を温めてから外に出る

せっかく温泉に来て、「脳卒中」で倒れる人もいるそうです。
十分注意しましょう。

2.液性 (pH)について

鉱泉の湧出時の水素イオン濃度(pH値)により、以下の5種類に分類されています。

 ■ 酸性        pH3.0未満。
 ■ 弱酸性      pH3.0以上6.0未満。
 ■ 中性        pH6.0以上7.5未満。
 ■ 弱アルカリ性   pH7.5以上8.5未満。
 ■ アルカリ性    pH8.5以上。

一般的に、火山性温泉には酸性泉が多く、逆に、平地などの非火山性温泉にはアルカリ泉が多いそうです。
また、pH値が高過ぎる(あるいは低過ぎる)場合は、体への刺激が強すぎるため、加水して薄めるそうです。

高血圧治療に効く温泉としては、ナトリウム硫酸塩泉、カルシウム硫酸塩泉、マグネシウム硫酸塩泉、二酸化炭素泉などの酸性泉が多いようですが、アルカリ泉のなかにも効く温泉もあるそうです。ようは、pH値よりも泉質の影響が大きそうですね。

3.浸透圧について

鉱泉の湧出時の溶存物質総量(g/kg)により、以下の3種類に分類されています。

 ■ 低張性泉  8g/kg未満
 ■ 等張性泉  8以上10g/kg未満
 ■ 高張性泉  10g/kg以上

高張性泉は、温泉の成分が浸透しやすく効果は高いのですが、その分、体への刺激が強く「湯あたり」を起こしやすくそうです。
まあ、一般的には、高張性泉は効果が高い温泉、低張性泉は体にやさしい温泉、と言われているそうです。

4.泉質 (化学成分)について

泉質は、含まれている温泉成分の違いにより決まりますが、これが極めてわかりづらい。
というのも、以前は温泉法の中で「11種類」に分けられていたが、昭和54年に国際基準に合わせる形で、“含まれる化学成分に基づいて、化学成分をそのまま分類名で表す”ように変更したためです。
温泉を楽しむ一般人にとっては、「科学成分名」など馴染みがありません。そこで、今度は昭和57年に新たに「掲示用泉質名」というものが付けられました。
そのため、今現在は、「旧泉質名」と「新泉質名」、さらには「掲示用泉質名」の3種類がある状態なのです。

自分としては、「旧泉質名」だけに戻したほうがいいような気もしますが・・・。

ちなみに、11種類の「旧泉質名」は以下の通りです。

単純温泉、単純炭酸泉、重炭酸土類泉、重曹泉、
食塩泉、硫酸塩泉、鉄泉、明ばん泉、硫黄泉、
酸性泉、放射能泉

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  2. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  3. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...
  4. 健康やストレス解消に良い人気の習い事は?

    みなさんは何か習い事をしていますか? 今回は、アサヒビールが2015年3月に実施した「習い事に関...
  5. 賞味期限や消費期限はチェックしてますか?

    食べ物が痛みやすい夏。
  6. マグロのお寿司はお好きですか?

    最近大流行の回転寿司でも人気ナンバーワンのマグロ。
  7. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  2. こんばんは。
  3. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  4. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意...
  5. 国の3連休を増やす政策で、飛躍的に3連休が増えましたが、皆さんは何して過ごしていますか? 今回は...