戦後の日本の実質経済成長率の推移

首都東京

 

よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか?

実質経済成長率の算出方法

実質経済成長率の算出の仕方は以下の通りです。

 (その年の実質GDP-前年の実質GDP)/前年の実質GDP✕100

つまり、その年に国内で産み出されたモノ・サービスの合計金額が、前年のそれよりどれくらい増えたか=経済規模がどれだけ伸びたかを表しています。また、「実質」というのはその間の物価変動を加味していることを表します。

戦後の実質経済成長率推移

では、戦後日本の実質経済成長率がどのように推移してきたかを見てみます。

戦後日本の実質経済成長率推移

日本の場合、1950年台半ば~1973年までの間が「高度成長期」と呼ばれいます。また、その後第一次オイルショックを経てバブル崩壊までの間の1970年台半ば~1991年までの間が「安定成長期」と呼ばれています。そして1990前半~現在に至るまでの間は「低成長期」と呼ばれています。

それぞれの期間の実質経済成長率の平均は以下の通りです。

 高度成長期 9.1% → 安定成長期 4.2% → 低成長期 1.0%

戦後の日本経済は、景気変動により毎年の変動は小さくないものの長期的な傾向としては、実質経済成長率が段階的に低下してきたのが上のグラフから読み取れると思います。

低成長期後の最近の実質経済成長率の落ち込みが激しい年は・・・、 
2008年が世界経済全体が大きく影響を受けたリーマン・ショック(世界金融危機)の影響で、2011年は東日本大震災の影響です。

ちなみに、2016年の日本の実質経済成長率は1.3%。他国を見てみると・・・、

米国 1.6%、イギリス 1.8%、ドイツ 1,9%、フランス 1.2%、中国 6.7%、インド7.1%

欧米先進国はみな日本とほとんど変わりませんね。

こう見てみると、日本の高度成長期17年間の平均実質経済成長率9.1%は本当に凄いですね。「奇跡の復興」と言われるのもわかります。

驚異的な中国の経済成長率の推移

では次に、ここ20年以上も世界経済を牽引してきたと言われる中国の実質経済成長率の推移を見てみます。参考までに日本や他の主要先進国のグラフも入れてあります。
(出典:世界経済のネタ帳)

中国の経済成長率の推移

これを見るとわかる通り、先進国は国ごとのばらつきはあるものの、2008年の「リーマン・ショック」を除くとこの40年弱ずーと0‐5%の間で推移しているのです。
低成長社会なのは日本だけではないんですね。

一方、驚くことに中国はこの40年弱の間、ずーと10%前後の高い成長率を続けていたのです。前述のように日本は、高度成長期の17年間の平均実質経済成長率9.1%です。中国は本当に驚異的ですね。
そのため、中国のGDPは1980年から2016年で約40倍に増えているのです。ちなみに日本は同期間で約4.5倍です。

  ▶▶▶ 東京の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 水道事業の民営化

    安倍政権がこっそり進めている水道事業の民営化

    安倍政権下、昨年2017年3月に水道法の「改正」が閣議決定され、民間事業者が参入しやすいように改正さ...
  2. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. 黒湯

    都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7

    みなさんは、“黒湯温泉”というものを聞いたことがありますか?この黒湯、泉質的には...
  5. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  6. 白人比率の低下

    米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...
  7. 介護福祉士

    介護福祉に関する資格制度が乱立

    自分は、5年ほど前に脳卒中(脳出血)で倒れてしまい、その後遺症で今現在も右片麻痺です。

Ad

人気の記事

  1. 中国北京の砂漠化
  2. スティーブン・バノン
  3. 2025年問題
  4. 東京

ピックアップ記事

  1. 有給休暇
    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  2. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...