戦後の日本の実質経済成長率の推移

首都東京

 

よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか?

実質経済成長率の算出方法

実質経済成長率の算出の仕方は以下の通りです。

 (その年の実質GDP-前年の実質GDP)/前年の実質GDP✕100

つまり、その年に国内で産み出されたモノ・サービスの合計金額が、前年のそれよりどれくらい増えたか=経済規模がどれだけ伸びたかを表しています。また、「実質」というのはその間の物価変動を加味していることを表します。

戦後の実質経済成長率推移

では、戦後日本の実質経済成長率がどのように推移してきたかを見てみます。

戦後日本の実質経済成長率推移

日本の場合、1950年台半ば~1973年までの間が「高度成長期」と呼ばれいます。また、その後第一次オイルショックを経てバブル崩壊までの間の1970年台半ば~1991年までの間が「安定成長期」と呼ばれています。そして1990前半~現在に至るまでの間は「低成長期」と呼ばれています。

それぞれの期間の実質経済成長率の平均は以下の通りです。

 高度成長期 9.1% → 安定成長期 4.2% → 低成長期 1.0%

戦後の日本経済は、景気変動により毎年の変動は小さくないものの長期的な傾向としては、実質経済成長率が段階的に低下してきたのが上のグラフから読み取れると思います。

低成長期後の最近の実質経済成長率の落ち込みが激しい年は・・・、 
2008年が世界経済全体が大きく影響を受けたリーマン・ショック(世界金融危機)の影響で、2011年は東日本大震災の影響です。

ちなみに、2016年の日本の実質経済成長率は1.3%。他国を見てみると・・・、

米国 1.6%、イギリス 1.8%、ドイツ 1,9%、フランス 1.2%、中国 6.7%、インド7.1%

欧米先進国はみな日本とほとんど変わりませんね。

こう見てみると、日本の高度成長期17年間の平均実質経済成長率9.1%は本当に凄いですね。「奇跡の復興」と言われるのもわかります。

驚異的な中国の経済成長率の推移

では次に、ここ20年以上も世界経済を牽引してきたと言われる中国の実質経済成長率の推移を見てみます。参考までに日本や他の主要先進国のグラフも入れてあります。
(出典:世界経済のネタ帳)

中国の経済成長率の推移

これを見るとわかる通り、先進国は国ごとのばらつきはあるものの、2008年の「リーマン・ショック」を除くとこの40年弱ずーと0‐5%の間で推移しているのです。
低成長社会なのは日本だけではないんですね。

一方、驚くことに中国はこの40年弱の間、ずーと10%前後の高い成長率を続けていたのです。前述のように日本は、高度成長期の17年間の平均実質経済成長率9.1%です。中国は本当に驚異的ですね。
そのため、中国のGDPは1980年から2016年で約40倍に増えているのです。ちなみに日本は同期間で約4.5倍です。

 →→→ ドイツはいかにして財政再建を果たしたのだろうか?

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?

Ad

意外な事実

  1. ドイツはいかにして財政再建を果たしたのだろうか?

    ドイツ政府が財政再建に成功し、2015年度には歳入と歳出をほぼ均衡化し、旧西ドイツ時...
  2. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  3. 「駐車場」がある温泉銭湯リスト(東京23区)

    今回は、東京23区内で“天然温泉”かつ“3台以上の駐車場”のある銭湯をピックアップしてみました...
  4. 仕事運アップや就活・転職にご利益がある首都圏のおすすめ神社3選

    今回は参拝祈願すれば、仕事運がアップし、出世や就職や転職にご利益があると人気の首都圏の神社を5つご紹...
  5. 行楽弁当

    行楽弁当はどんなものがお好き?

    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。
  6. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  7. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. 世界の人口ピラミッド_

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 最近TVで、朝日放送テレビの「ポツンと一軒家」という番組が人気ですが、自分はもう何十年も自然とは無縁...
  5. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。