台風の大きさや強さの定義は?

台風の大きさや強さの定義

 

毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。今年も秋になり、この台風の季節となりました。そこで、今回はこの台風について調べてみました。

台風とタイフーンの違いは?

気象庁によると台風は以下のように定義されているそうです。

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

台風は地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っているそうで、日本から遠く離れた南の海上で生まれた台風は、南の海の暖かい海面から供給された水蒸気をエネルギーとして、徐々に発達しながら、ゆっくりと北上します。その後、上空の偏西風の影響を受けながら、日本に近づいてくる台風もいくつもあります。特にそれが多いのが秋なのです。

ところで、皆さんは「タイフーン(TYPHOON)」という英語を聞いたことがありますか?
実は、このタイフーンと台風は同じものなのですが、国際基準で言っているので少し勢力の定義が違います。先ほど書いたように、台風は「最大風速がおよそ17m/s以上」の熱帯低気圧(Tropical Storm)のことを指しますが、もう一方のタイフーンは「最大風速がおよそ33m/s以上」の熱帯低気圧のことを指します。
そうです、タイフーンは大型の台風だけに使われる国際的な呼び名なんです。

台風の強さと大きさの定義

さて、話を日本に戻しますが・・・、
よくニュースを見ていると「大型で強い台風△号」とか「超大型で猛烈な台風☓号」といったように、台風の前にその台風の「強さ」と「大きさ」を現すフレーズがついています。

その言葉や定義はやはり気象庁が決めており、以下の通りです。

【強さの階級分け】

階級 最大風速
強い 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な 54m/s以上

【大きさの階級分け】

階級 風速15m/s以上の半径
大型 500km以上~800km未満
超大型 800km以上

ちなみに、よく天気予報等でよく見かける「台風の予測進路図」の台風をとりまく予報円は、内側のものを「暴風域」と呼び平均風速が25m/s以上のエリアを表し、外側の円を「強風域」と呼び平均風速が15m/s以上のエリアを表しています。

この台風の大きさの定義に、以前は中心気圧を使っていたそうですが、今は「強さ」「大きさ」ともに風速に一本化されたそうです。

三人に一人は台風の被災経験あり

次に、tenki.jpラボが2016年8月に実施した「台風に関するアンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「20代から40代の男女300人」です。

まず始めに、「台風が近づいてくる時の感情は?」と尋ねると・・・、

58.0%が「嫌だ」と感じており、その数字は世代が上にいくほど高くなっています。「嬉しい」と回答してる人はいったい何を考えているのでしょうか?

次に、「台風が発生することでデメリットはあるか?」と尋ねると・・・、

全体の約9割の方がデメリットがある(「大いにある」、「ある程度ある」の合計)と回答しており、やはり日本人にとって台風が身近な災害であることがうかがえる。

続いて、「その一番のデメリットは?」と尋ねると・・・、

「交通機関の乱れ」が全体の半数を占める50.4%、続いて「水害」が31.3%でした。台風が来るとどうしても空の便がめちゃくちゃになりますよね。お盆が近いこの時期ですと、子連れの帰省客も多く、大変ですね。

最後に、「実際に台風の被害を受けたことがあるか?」と尋ねると・・・、

約3人に1人となる35.3%の人が「ある」と回答。具体的には、「自宅の瓦が飛ばされた」、「アパートと車が水没した」、「1週間、家のライフライン(電気、ガス、水道)が止まった」など、台風の強烈な風雨の影響で生活や住居に深刻な被害を受けたという声でした。

地震や火山噴火とともに日本の代表的な天災である台風。本当に日本は天災大国ですね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

 

Ad

意外な事実

  1. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急...
  2. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  3. インドの人口は2070年には脅威の23億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  4. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  5. 子供の運動神経

    子供の運動神経は遺伝ではない

    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  6. 日本版CCRC構想

    日本版CCRC構想は非現実的な政策では?

    みなさんは、「CCRC」っていう言葉を聞いたことはありますか?政府はいま、地方創生と高齢化社会へ...
  7. 年代別の平均年収はそれぞれいくらくらい?

    毎日、一生懸命働いてるのに、給料はなかなかアップしませんよね。

Ad

人気の記事

  1. 中国北京の砂漠化
  2. 市立船橋
  3. 2020東京オリンピック
  4. 黒湯
  5. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  4. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  5. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。