台風の大きさや強さの定義は?

 

毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。今年も秋になり、この台風の季節となりました。そこで、今回はこの台風について調べてみました。

台風とタイフーンの違いは?

気象庁によると台風は以下のように定義されているそうです。

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

台風は地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っているそうで、日本から遠く離れた南の海上で生まれた台風は、南の海の暖かい海面から供給された水蒸気をエネルギーとして、徐々に発達しながら、ゆっくりと北上します。その後、上空の偏西風の影響を受けながら、日本に近づいてくる台風もいくつもあります。特にそれが多いのが秋なのです。

ところで、皆さんは「タイフーン(TYPHOON)」という英語を聞いたことがありますか?
実は、このタイフーンと台風は同じものなのですが、国際基準で言っているので少し勢力の定義が違います。先ほど書いたように、台風は「最大風速がおよそ17m/s以上」の熱帯低気圧(Tropical Storm)のことを指しますが、もう一方のタイフーンは「最大風速がおよそ33m/s以上」の熱帯低気圧のことを指します。
そうです、タイフーンは大型の台風だけに使われる国際的な呼び名なんです。

台風の強さと大きさの定義

さて、話を日本に戻しますが・・・、
よくニュースを見ていると「大型で強い台風△号」とか「超大型で猛烈な台風☓号」といったように、台風の前にその台風の「強さ」と「大きさ」を現すフレーズがついています。

その言葉や定義はやはり気象庁が決めており、以下の通りです。

【強さの階級分け】

階級 最大風速
強い 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な 54m/s以上

【大きさの階級分け】

階級 風速15m/s以上の半径
大型 500km以上~800km未満
超大型 800km以上

ちなみに、よく天気予報等でよく見かける「台風の予測進路図」の台風をとりまく予報円は、内側のものを「暴風域」と呼び平均風速が25m/s以上のエリアを表し、外側の円を「強風域」と呼び平均風速が15m/s以上のエリアを表しています。

この台風の大きさの定義に、以前は中心気圧を使っていたそうですが、今は「強さ」「大きさ」ともに風速に一本化されたそうです。

 

関連記事

Ad

意外な事実

  1. くつろぎの時間に何をしてますか?

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...
  2. 高級ハンバーガーが人気の外食

    年々人気が高まる牛肉&牛肉料理の外食店。
  3. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  4. CO2排出量9

    地球温暖化問題と中国等のCO2排出の現状

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  5. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  6. ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳...
  7. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  3. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  4. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はあ...
  5. 今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。