台風の大きさや強さの定義は?

 

毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。今年も秋になり、この台風の季節となりました。そこで、今回はこの台風について調べてみました。

台風とタイフーンの違いは?

気象庁によると台風は以下のように定義されているそうです。

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

台風は地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っているそうで、日本から遠く離れた南の海上で生まれた台風は、南の海の暖かい海面から供給された水蒸気をエネルギーとして、徐々に発達しながら、ゆっくりと北上します。その後、上空の偏西風の影響を受けながら、日本に近づいてくる台風もいくつもあります。特にそれが多いのが秋なのです。

ところで、皆さんは「タイフーン(TYPHOON)」という英語を聞いたことがありますか?
実は、このタイフーンと台風は同じものなのですが、国際基準で言っているので少し勢力の定義が違います。先ほど書いたように、台風は「最大風速がおよそ17m/s以上」の熱帯低気圧(Tropical Storm)のことを指しますが、もう一方のタイフーンは「最大風速がおよそ33m/s以上」の熱帯低気圧のことを指します。
そうです、タイフーンは大型の台風だけに使われる国際的な呼び名なんです。

台風の強さと大きさの定義

さて、話を日本に戻しますが・・・、
よくニュースを見ていると「大型で強い台風△号」とか「超大型で猛烈な台風☓号」といったように、台風の前にその台風の「強さ」と「大きさ」を現すフレーズがついています。

その言葉や定義はやはり気象庁が決めており、以下の通りです。

【強さの階級分け】

階級 最大風速
強い 33m/s以上~44m/s未満
非常に強い 44m/s以上~54m/s未満
猛烈な 54m/s以上

【大きさの階級分け】

階級 風速15m/s以上の半径
大型 500km以上~800km未満
超大型 800km以上

ちなみに、よく天気予報等でよく見かける「台風の予測進路図」の台風をとりまく予報円は、内側のものを「暴風域」と呼び平均風速が25m/s以上のエリアを表し、外側の円を「強風域」と呼び平均風速が15m/s以上のエリアを表しています。

この台風の大きさの定義に、以前は中心気圧を使っていたそうですが、今は「強さ」「大きさ」ともに風速に一本化されたそうです。

 

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  2. 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  3. 日本で一番多い社長は日本大学卒?

    先日ネットを見ていたら「社長の出身大学ランキング」という記事を見かけました。
  4. 甲子園(高校野球)優勝校予想アンケート

    ネットを見ていたら「第99回全国高校野球選手権大会/優勝校予想アンケート」なるものを...
  5. 日本代表U16メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】小久保 玲央ブライアン 2001.01.23、188cm/74kg、柏レイソルU-1...
  6. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  7. 夏休みの宿題どうしてました?

    お盆も過ぎ夏休みも後半戦になりました。

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  2. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  3. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  4. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. 日本人なら誰でも大好きなお寿司。