喜ばれる出産祝いは何?

 

今回は、ギフト総合研究所が2016年12月に実施した「出産祝いに関するアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「過去2年以内に出産祝いをもらった女性400名」です。

まず始めに、「もらってうれしかった出産祝いは?」と尋ねると・・・、

最も多かったのは「現金」で、2位には「商品券・ギフトカード」、3位には「紙おむつなどの消耗品」でした。
自由に使える現金や金券、あるいは実用的な消耗品が喜ばれるようですね。

続いて、「もらったことがある出産祝いは?」と尋ねると・・・、

1位は「ベビー服や肌着」で、続いて2位は「現金」、3位は「おもちゃ・絵本」でした。
どうやら、贈る側と受け取る側で思考にかなりギャップがあるようですね。

次に、「第一子の出産祝いに、誰から現金や物品を贈られましたか?」と尋ねると・・・、

「祖父母」に現金派が多く、「両親」「親せき」は現金派と物品派がほぼ五分五分。関係性が深い身内、特に祖父母が出産祝いを現金で贈る傾向があるようですね。
一方、「上司・仕事関係の方」「友人・同僚」では、現金ではなく物品を贈る方が約7割という結果でした。

続いて、「送られた現金や物品の相場は?」と尋ねると・・・、

現金派では「1万円程度」が1位になったものの、2位に「10万円以上」、4位に「10万円程度」が入り、高額な相場となっています。これは現金派は、「祖父母」「両親」「親せき」など関係性が深い方が多いことから、これら高額な現金でのお祝いは親族からのものだと想像されます。
一方、物品派では1位「5,000円程度」が45.4%、2位「1万円程度」が41.2%と大多数を占めることから、「5,000円から1万円程度」が出産祝いで選ぶ贈り物の相場だといえそうですね。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  2. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  3. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  4. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。
  5. 米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...
  6. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  7. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  2. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  3. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  4. 毎日毎日暑く寝苦しい夜が続くなか、みなさんは不安や悩みを感じて夜なかなか寝つけないこ...
  5. みなさんはどうですか? そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「披露宴でのご祝...