Jクラブチームの収入源とその収入は?

Jクラブチームの収入源

 

Jクラブチームの収入源

Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ大阪など・・・、いろいろなチームがありますが、クラブチームの収益源はいったいどうなっているのでしょうか?

実はJクラブの営業収益の内訳は、「広告料収入」「入場料収入」「Jリーグ配分金」「アカデミー関連収入」「物販収入」「その他収入」の6つとなっており、このなかでクラブ経営を支える軸となるのが、「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」の“3本柱”です。

まず「広告料収入」ですが、これはクラブを支援する企業や法人などのスポンサー(パートナー)から支払われる収入のことです。「広告料」を受ける対価として、各クラブは企業や法人の企業のロゴをユニフォームやホームゲームのピッチサイドなどにを入れ、スポンサーやパートナーの知名度アップを図ります。

「入場料収入」とは、チケット代による売上を指します。当然、どのクラブも満員をめざして様々な施策を展開しています

「物販収入」はユニフォームや関連グッズの売上のことです。クラブのファン・サポーターの多くがホームやアウェイのレプリカユニフォームやタオルマフラーを購入しますが、それ以外にもチームを応援する方々に満足してもらえるグッズをいろいろ工夫して販売しています。

Jクラブの収入ってどのくらい?

では、実際Jクラブの営業収益(売上)はというと・・・、
2016年度で見てみると、トップは浦和レッズで66億円、2位は鹿島アントラーズで56億円です。
意外と少ないと思いませんか?
こんな収入で選手たちに高額な年俸を出し、やっていけるのでしょうか?

◆営業収益ランキング

1位 浦和レッズ 66億600万円
2位 鹿島アントラーズ 55億8200万円
3位 ガンバ大阪 51億4600万円
4位 名古屋グランパス 47億1300万円
5位 横浜マリノス 46億9600万円
6位 FC東京 45億4100万円
7位 フロンターレ川崎 42億5400万円
8位 ヴィッセル神戸 38億6500万円
9位 サンフレッチェ広島 37億9400万円
10位 ジュビロ磐田 33億300万円

◆チーム人件費

1位 浦和レッズ 23億8100万円
2位 ヴィッセル神戸 20億6800万円
3位 FC東京 20億2500万円
4位 名古屋グランパス 19億8400万円
5位 横浜マリノス 19億6600万円
6位 鹿島アントラーズ 19億2900万円
7位 ガンバ大阪 19億円
8位 柏レイソル 17億5300万円
9位 川崎フロンターレ 16億4300万円
10位 サンフレッチェ広島 15億5300万円

では、本場欧州のクラブチームはどうなんでしょうか?

本場欧州のクラブ収入

世界的な監査法人であるデロイトが発表している「デロイト・フットボール・マネー・リーグ」によると、2015/16の売上収入上位チームは以下の通りです。

1位 マンチェスター・ユナイテッド 909億円
2位 FCバルセロナ 819億円
3位 レアル・マドリード 818億円
4位 バイエルン・ミュンヘン 781億円
5位 マンチェスター・シティ 693億円
6位 パリ・サンジェルマン 688億円
7位 アーセナル 618億円
8位 チェルシー 591億円
9位 リバプール 533億円
10位 ユベントス 450億円

さすが世界中で楽しまれている欧州サッカー。クラブチームの売上も日本の10倍以上。トップのマンチェスター・ユナイテッドは909億円で浦和レッズの約14倍。また、ベスト10のうち5つがイギリスプレミアリーグのクラブチームです。世界ナンバーワンリーグと呼ばれているのもわかりますね。
一方、欧州4強リーグの一つであるが最近人気が落ちてきているイタリアのセリエAのクラブチームは一つもなく、20位までをみても・・・、16位のACミランだけ。

まあ、欧州に追いつくのはまあ無理にしても、Jリーグの各チームとももう少し頑張ってJリーガーにもプロ野球選手と同じぐらいの年俸を払って欲しいものです。
*プロ野球選手の平均年俸 3826万円
 Jリーガーの平均年俸 2100万円

  ▶▶▶ 32チームが出揃った18年W杯ロシア大会
  ▶▶▶ Jリーグのクラブライセンス制度って何?
  ▶▶▶ J1・J2入れ替え戦が2018年より10年ぶりに復活
  ▶▶▶ FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 中国人観光客のマナーの悪さ

    許せない中国人観光客のマナーの悪さ

    日本はすっかり正月気分も吹っ飛びましたが、中国最大のイベントである「春節」が近づいてきました。
  2. 核兵器保有国

    核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    先日、アメリカ・トランプ政権は、オバマ前政権による「核なき世界」の方針から大きく転換し、抑止力を高め...
  3. ふるさと納税

    ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

    年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
  4. J1・J2入れ替え戦

    J1・J2入れ替え戦が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...
  5. 三菱グループ

    総売上58兆円 世界一のコングロマリット三菱グループ

    戦前に日本の経済を支配していた「財閥」。
  6. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  7. オリンピック施設

    東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

    2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。

Ad

人気の記事

  1. 弾道ミサイル
  2. 教育にカネを使わない国ニッポン
  3. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...
  2. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意識はどう変わって...
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。