国民のTV離れとフジテレビの凋落

フジテレビの凋落

ここ数年でスマホが急速に普及し、それとともにインターネットの利用が急増しています。一方、TVは年々視聴率が低下し、最近では若者を中心に「国民のTV離れ」が叫ばれています。

止まらない国民のTV離れ

下のグラフは、テレビのゴールデンタイム(19時-22時)の総世帯視聴率(HUT)の推移を表したものです。
(出典:ガベージニュース)

見てのとおり、ゴールデンタイムの総世帯視聴率は、1997年度下半期の71.2%をピークに、多少の上下はありますが、全体的には下降の一途をたどり、ここ10年で10%以上も下がっています。
※テレビ視聴率は、毎年年末年始は特番が多く放映され、また視聴者も正月休みで自宅待機率が高まることを受け、「上期より下期の方が高い」傾向があるそうです。

また、総務省の情報通信政策研究所などが実施した調査(2017)では、全世代平均の平日1日当たりのテレビ利用時間が168分で前年より6.3分減っています。
特に10、20代の若者層ではテレビ利用時間よりもインターネット利用時間の方が長くなっており、それぞれ130.2分(対前年18分増)、155.9分(同9分増)となっています。このように若者層のTV離れはかなり顕著なものとなっており、テレビは全く見ずにYouTubeばかりを見る若者も増えています。

フジテレビの凋落

このようにTVの視聴率がどんどん落ちていく中で、キー局の中で最も影響を受けているのがフジテレビです。

下のグラフは、主要局のゴールデンタイム視聴率推移の推移を表したものです。
(出典:ガベージニュース)

各局とも緩やかな下降傾向にありますが、その中でフジテレビの凋落が目立っています。バブル期の80年台には「視聴率の3冠王」といわれ、バラエティ番組を中心に高い視聴率を誇り一世を風靡したフジテレビ。
なぜ、ここまで凋落したかについてはいろいろ言われてますが、番組制作サイドの局の志向と今の視聴者の志向が噛み合っていないことだけは確かでしょう。

広告収入がすべての民放では、

消費者のTV離れ → 視聴率の低下 → 収益の悪化 → 番組制作費の圧縮 → 番組の質の低下 → 消費者のTV離れ加速

という負のスパイラルに陥りやすいので局サイドも、目先の視聴率対策ではなく、今一度ネット時代のテレビのあり方を真剣に考えて欲しいものです。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. ズワイガニ

    ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?

    冬真っ盛り、カニの美味しい季節ですねぇ。
  2. 認知症とアルツハイマー病

    認知症とアルツハイマー病の違いは?

    よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょう...
  3. 原発

    世界の国別原発の数と今後の原発動向

    2011年3月の東日本大震災の福島原発事故以来、日本にある原発はいったん運転を停止し...
  4. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  5. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  6. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  7. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...

Ad

人気の記事

  1. 市立船橋
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 黒湯

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  4. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  5. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。