国民のTV離れとフジテレビの凋落

フジテレビの凋落

ここ数年でスマホが急速に普及し、それとともにインターネットの利用が急増しています。一方、TVは年々視聴率が低下し、最近では若者を中心に「国民のTV離れ」が叫ばれています。

止まらない国民のTV離れ

下のグラフは、テレビのゴールデンタイム(19時-22時)の総世帯視聴率(HUT)の推移を表したものです。
(出典:ガベージニュース)

見てのとおり、ゴールデンタイムの総世帯視聴率は、1997年度下半期の71.2%をピークに、多少の上下はありますが、全体的には下降の一途をたどり、ここ10年で10%以上も下がっています。
※テレビ視聴率は、毎年年末年始は特番が多く放映され、また視聴者も正月休みで自宅待機率が高まることを受け、「上期より下期の方が高い」傾向があるそうです。

また、総務省の情報通信政策研究所などが実施した調査(2017)では、全世代平均の平日1日当たりのテレビ利用時間が168分で前年より6.3分減っています。
特に10、20代の若者層ではテレビ利用時間よりもインターネット利用時間の方が長くなっており、それぞれ130.2分(対前年18分増)、155.9分(同9分増)となっています。このように若者層のTV離れはかなり顕著なものとなっており、テレビは全く見ずにYouTubeばかりを見る若者も増えています。

フジテレビの凋落

このようにTVの視聴率がどんどん落ちていく中で、キー局の中で最も影響を受けているのがフジテレビです。

下のグラフは、主要局のゴールデンタイム視聴率推移の推移を表したものです。
(出典:ガベージニュース)

各局とも緩やかな下降傾向にありますが、その中でフジテレビの凋落が目立っています。バブル期の80年台には「視聴率の3冠王」といわれ、バラエティ番組を中心に高い視聴率を誇り一世を風靡したフジテレビ。
なぜ、ここまで凋落したかについてはいろいろ言われてますが、番組制作サイドの局の志向と今の視聴者の志向が噛み合っていないことだけは確かでしょう。

広告収入がすべての民放では、

消費者のTV離れ → 視聴率の低下 → 収益の悪化 → 番組制作費の圧縮 → 番組の質の低下 → 消費者のTV離れ加速

という負のスパイラルに陥りやすいので局サイドも、目先の視聴率対策ではなく、今一度ネット時代のテレビのあり方を真剣に考えて欲しいものです。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. CT

    レントゲンとCTとMRIの違いは?

    よく企業の健康診断や国民健康保険の定期検診の時、CTとかMRIという検査を受けますが、両者の違いをご...
  2. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  3. 米国連邦議会

    トランプ政権の運命の分かれ道である米国中間選挙

    最近、TV等で目にすることが多くなった「米国中間選挙」という言葉。
  4. ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

    電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  5. 東福岡高校

    東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  6. 国プロ野球選手・王貞治

    安倍政権で乱発気味の国民栄誉賞

    安倍総理は、先日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で見事に金メダルを獲得した羽生...
  7. 東京オリンピック日本代表チームとW杯日本代表チームはどう違うの?

    森保一監督の元、大幅に若返った現在のサッカー日本代表チームですが、先日のキリンチャレンジカップ201...

Ad

人気の記事

  1. 市立船橋
  2. 東京
  3. 食料自給率6
  4. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  2. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  3. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  4. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  5. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。