新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、2018年今年は「戌(いぬ)年」、この戌年生まれの人口は976万人
( 男性475万人,女性502万人 )で十二支の中で最も少ないそうです。一番多い丑(うし)年と比べると1割以上も少なくなっています。

また、生まれた年で見ると、昭和45年生まれが最も多く、最も若い平成18年生まれの倍近くいます。いったい今年生まれる赤ちゃんの数はどれぐらいまで減るのでしょうかね。

いずれにしろ、戌年生まれの人だけでなく、みんなにとって良い年であって欲しいものですね。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. スイーツ男子を生んだコンビニスイーツ

    コンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活に...
  2. 各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

    アメリカ大統領を罷免(途中解任)ってできるの?

    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
  4. 驚きのグローバルトップ企業の変遷

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか?ふと先日、そんなことを思ったので色々調べてみ...
  5. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  6. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  7. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...
  2. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  3. 最近は街中のお店で、クレジットカード以外にも楽天EDYやSUICAなどの電子マネーが...
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。