年賀状はいつからある風習?

年賀状はいつからある風習

 

日本のお正月といえば誰もが思い浮かべるのが年賀状。
そこで今回は、この「年賀状」についていろいろ調べてみました。

年賀状のルーツは?

年賀状の歴史は意外と古く、なんと平安時代までさかのぼるそうです。
現存する日本最古の年賀状といわれているのが、平安時代の学者である藤原明衡が作った手紙の文例集『庭訓往来』の中にある正月の文例で「春の始めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」(春始御悦向貴方先祝申候訖)だそうです。

また平安時代頃からは年賀状と同時に年の始めにお世話になった人や親族の家をまわって挨拶をする「年始回り」の習慣も広まっていたそうで、正月は挨拶のために行き来する人々で通りが混雑するほどだったとか。

江戸時代になると付き合いが広くなり、年始回りではなく書状で挨拶を済ませることも増え、このように年始回りを簡略化したものが年賀状のルーツだと言われているそうです。

年々減少傾向にある年賀状

このように長い歴史を持つ年賀状ですが、2018(平成30)年用年賀葉書等の発行数は、25億8600万8000枚で国民一人あたり約20枚だそうです。ピーク時の2003年の発行枚数44億6000枚と比べると6割弱にまで落ち込んでいます。

特にここ10年の落ち込みは激しく、人口の減少、他人との付き合い方の変化、慣習に対する姿勢の移り変わり、など様々な理由も考えられますが、やはりインターネットとソーシャルメディアの普及の影響が大きいのでしょうね。

まあ、目上の方に毎年はがきで送っていた年賀状を、いきなりネットメールの年賀状に切り替えるのも、なかなか踏み切れないものですが・・・。
きっと、社会全体の世代交代と共に徐々に年賀状は消えていくのでしょう。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  2. 年金手帳

    国民年金と厚生年金の違いは?

    現在、厚生労働省では、今後、ますます進む少子高齢化に年金制度は対応するために、公的年金の受給開始年齢...
  3. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  4. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  5. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  6. カジノ

    カジノをギャンブル大国日本に作って大丈夫?

    最近はあまり話題にのぼらなくなった「カジノ法案」ですが、いったいどうなっているのでしょうか? こ...
  7. 外国人の和食・日本料理イメージ

    外国人の和食・日本料理イメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。

Ad

人気の記事

  1. 白人比率の低下
  2. 核兵器保有国
  3. 中国北京の砂漠化
  4. 東京

ピックアップ記事

  1. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はありませんか?これは...
  2. 回転寿司
    日本人なら誰でも大好きなお寿司。
  3. 都会に暮らす現代人にストレスはつきものの。
  4. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  5. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...