トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

トランプ政権と東アジア問題

 

今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の男女を対象におこなった世論調査の結果を見てみました。

トランプ大統領の印象は?

まず始めに、トランプ大統領にどのような印象を持っているか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「悪い印象」が50%、「良い印象」が33%、日本では、「悪い印象」が54%、「良い印象」が18%と、日米ともに悪い印象が良い印象を上回りました。
それにしても、日本で良い印象を持つ人が1/5以下とはかなり厳しい結果ですね。

アメリカは良い方向に向かっている?

次に、アメリカは全体的に見て良い方向に向かっていると思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「良くない方向に向かっている」が58%、「良い方向に向かっている」が34%、日本では、「良くない方向に向かっている」が55%、「良い方向に向かっている」が18%で、日米ともに「良くない方向」が大きく上回りました。
ここでも、良い方向に向かっていると考えている人は日本ではアメリカに比べ大幅に少なく、1/5以下でした。日本の世論のトランプ大統領に対する評価はアメリカ国内よりかなり低いですね。

アメリカ第一主義は?

続いて、トランプ大統領が掲げるアメリカ第一主義について聞いてみると・・・、

アメリカでは、「支持する」が58%、「支持しない」が36%で、半数以上が支持すると回答しました。これに対して、日本では、「良い」の20%を「良くない」が66%と大きく上回りっています。
ここでは、日米間の反応に大きな差が見られますね。日本国民は自国の利益を最優先するトランプ政権の姿勢に警戒感が強いようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題は脅威?

次は、トランプ大統領とは直接関係はありませんが、北朝鮮の核やミサイルの問題はどの程度の脅威だと思うか聞いてみると・・・、

日本では、「非常に脅威だ」が48%、「ある程度脅威だ」が33%ですが、アメリカの方でも、「非常に脅威だ」が50%、「ある程度脅威だ」が33%と、脅威と感じる人が8割を越えています。
北朝鮮がアメリカ本土全域を攻撃できるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと主張する中、アメリカ国民も日本と同じように北朝鮮の脅威を現実のものとして受け止めているようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題を解決には?

続いて、北朝鮮の核やミサイルの問題を解決するためには何が最も有効だと思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「話し合い」が最も多く36%、次いで、「経済的圧力」が24%、「軍事行動」が18%、「軍事的圧力」が17%という結果になりました。
一方、日本では、最も多かったのが「経済的圧力」で35%、次いで、「話し合い」が31%、「軍事的圧力」が15%、「軍事行動」が8%となっています。
アメリアでは軍事的解決を主張する人が1/3以上もいるのが不安ですね。最近の報道では、すでにアメリカと中国の間で軍事的オプションに関する密約が既にできている話も耳にしますし・・・。

アメリカにとって日本と中国のどちらがより重要?

最後に、日本にとってアメリカと中国のどちらの国がより重要か、アメリカにとって日本と中国のどちらの国がより重要か、それぞれ聞いてみると・・・、

日本では、「アメリカ」が66%、「どちらも同じくらい重要」が11%、「中国」が10%で、アメリカをあげる人が圧倒的に多かったのに対し、アメリカでは、「中国」が58%、「日本」が29%、「どちらも同じくらい重要」が5%で、中国をあげる人が非常に多くいました。
アメリカ人の多くは、もはや日本ではなく中国を見ているんですね。日米国民の意識のずれが鮮明ですね。

まもなく、政権発足から1年になるトランプ大統領ですが、どうやら日本国民はトランプ大統領があまりお好きではないようですね。
また、最近の東アジアをめぐる様々な問題でも、広く世界情勢を見ているアメリカにとっては、日本は「アジアの良きパトナーの1つ」でしかないようですね。

2018年、いったい今年はどんなことが起きるのでしょうか?
きっと日本にとってはアメリカ次第なんでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 麻生太郎1

    とてもエリートには見えないが、実は超エリートの麻生太郎

    最近、森友学園問題や財務省事務方トップの福田事務次官セクハラ疑惑などでテレビでよく見かける麻生財務大...
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド

    驚きの日本の人口ピラミッド推移

    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  3. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています・そこ...
  4. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...
  5. 「懐石料理」と「会席料理」の違いは?

    和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  6. 関西大北陽高校サッカー部

    関西大北陽高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    関西大北陽高校サッカー部は、1926年に創部され90年以上の伝統を誇ります。
  7. トランプ習近平

    東洋人と西洋人の思考はどう違う?

    最近、米国のトランプ大統領と日本の安倍総理の違いについて考えていた時、ネットで「西洋人と東洋人の人間...

Ad

人気の記事

  1. 関東第一高校サッカー
  2. 安倍総理の外遊
  3. 中国の街の雑踏
  4. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  3. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  4. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  5. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。