トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

トランプ政権と東アジア問題

 

今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の男女を対象におこなった世論調査の結果を見てみました。

トランプ大統領の印象は?

まず始めに、トランプ大統領にどのような印象を持っているか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「悪い印象」が50%、「良い印象」が33%、日本では、「悪い印象」が54%、「良い印象」が18%と、日米ともに悪い印象が良い印象を上回りました。
それにしても、日本で良い印象を持つ人が1/5以下とはかなり厳しい結果ですね。

アメリカは良い方向に向かっている?

次に、アメリカは全体的に見て良い方向に向かっていると思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「良くない方向に向かっている」が58%、「良い方向に向かっている」が34%、日本では、「良くない方向に向かっている」が55%、「良い方向に向かっている」が18%で、日米ともに「良くない方向」が大きく上回りました。
ここでも、良い方向に向かっていると考えている人は日本ではアメリカに比べ大幅に少なく、1/5以下でした。日本の世論のトランプ大統領に対する評価はアメリカ国内よりかなり低いですね。

アメリカ第一主義は?

続いて、トランプ大統領が掲げるアメリカ第一主義について聞いてみると・・・、

アメリカでは、「支持する」が58%、「支持しない」が36%で、半数以上が支持すると回答しました。これに対して、日本では、「良い」の20%を「良くない」が66%と大きく上回りっています。
ここでは、日米間の反応に大きな差が見られますね。日本国民は自国の利益を最優先するトランプ政権の姿勢に警戒感が強いようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題は脅威?

次は、トランプ大統領とは直接関係はありませんが、北朝鮮の核やミサイルの問題はどの程度の脅威だと思うか聞いてみると・・・、

日本では、「非常に脅威だ」が48%、「ある程度脅威だ」が33%ですが、アメリカの方でも、「非常に脅威だ」が50%、「ある程度脅威だ」が33%と、脅威と感じる人が8割を越えています。
北朝鮮がアメリカ本土全域を攻撃できるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと主張する中、アメリカ国民も日本と同じように北朝鮮の脅威を現実のものとして受け止めているようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題を解決には?

続いて、北朝鮮の核やミサイルの問題を解決するためには何が最も有効だと思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「話し合い」が最も多く36%、次いで、「経済的圧力」が24%、「軍事行動」が18%、「軍事的圧力」が17%という結果になりました。
一方、日本では、最も多かったのが「経済的圧力」で35%、次いで、「話し合い」が31%、「軍事的圧力」が15%、「軍事行動」が8%となっています。
アメリアでは軍事的解決を主張する人が1/3以上もいるのが不安ですね。最近の報道では、すでにアメリカと中国の間で軍事的オプションに関する密約が既にできている話も耳にしますし・・・。

アメリカにとって日本と中国のどちらがより重要?

最後に、日本にとってアメリカと中国のどちらの国がより重要か、アメリカにとって日本と中国のどちらの国がより重要か、それぞれ聞いてみると・・・、

日本では、「アメリカ」が66%、「どちらも同じくらい重要」が11%、「中国」が10%で、アメリカをあげる人が圧倒的に多かったのに対し、アメリカでは、「中国」が58%、「日本」が29%、「どちらも同じくらい重要」が5%で、中国をあげる人が非常に多くいました。
アメリカ人の多くは、もはや日本ではなく中国を見ているんですね。日米国民の意識のずれが鮮明ですね。

まもなく、政権発足から1年になるトランプ大統領ですが、どうやら日本国民はトランプ大統領があまりお好きではないようですね。
また、最近の東アジアをめぐる様々な問題でも、広く世界情勢を見ているアメリカにとっては、日本は「アジアの良きパトナーの1つ」でしかないようですね。

2018年、いったい今年はどんなことが起きるのでしょうか?
きっと日本にとってはアメリカ次第なんでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 在留外国人と移民はどう違う?

    最近、少子高齢化による日本の労働力不足と外国人労働者の受け入れ拡大が大きな話題になっていますね。
  2. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急...
  3. J1・J2入れ替え戦

    J1・J2入れ替え戦が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...
  4. 東福岡高校

    東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  5. 本田圭佑

    本田選手の精神的強さの基礎は中高校生時代にあった

    本田圭佑選手、凄いですねぇ。 あの瞬間にゴール前のあそこにいるとは・・・、神がかっていますね。
  6. 自民党

    官僚出身の国会議員の存在と自民党と行政の癒着

    「森友学園」への国有地取引を巡る一連の問題で、告発された佐川宣寿・前国税庁長官ら38人全員が不起訴処...
  7. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。

Ad

人気の記事

  1. 国会議員の給与2
  2. スティーブン・バノン
  3. 2025年問題
  4. 藤枝東高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。