トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

トランプ政権と東アジア問題

 

今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の男女を対象におこなった世論調査の結果を見てみました。

トランプ大統領の印象は?

まず始めに、トランプ大統領にどのような印象を持っているか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「悪い印象」が50%、「良い印象」が33%、日本では、「悪い印象」が54%、「良い印象」が18%と、日米ともに悪い印象が良い印象を上回りました。
それにしても、日本で良い印象を持つ人が1/5以下とはかなり厳しい結果ですね。

アメリカは良い方向に向かっている?

次に、アメリカは全体的に見て良い方向に向かっていると思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「良くない方向に向かっている」が58%、「良い方向に向かっている」が34%、日本では、「良くない方向に向かっている」が55%、「良い方向に向かっている」が18%で、日米ともに「良くない方向」が大きく上回りました。
ここでも、良い方向に向かっていると考えている人は日本ではアメリカに比べ大幅に少なく、1/5以下でした。日本の世論のトランプ大統領に対する評価はアメリカ国内よりかなり低いですね。

アメリカ第一主義は?

続いて、トランプ大統領が掲げるアメリカ第一主義について聞いてみると・・・、

アメリカでは、「支持する」が58%、「支持しない」が36%で、半数以上が支持すると回答しました。これに対して、日本では、「良い」の20%を「良くない」が66%と大きく上回りっています。
ここでは、日米間の反応に大きな差が見られますね。日本国民は自国の利益を最優先するトランプ政権の姿勢に警戒感が強いようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題は脅威?

次は、トランプ大統領とは直接関係はありませんが、北朝鮮の核やミサイルの問題はどの程度の脅威だと思うか聞いてみると・・・、

日本では、「非常に脅威だ」が48%、「ある程度脅威だ」が33%ですが、アメリカの方でも、「非常に脅威だ」が50%、「ある程度脅威だ」が33%と、脅威と感じる人が8割を越えています。
北朝鮮がアメリカ本土全域を攻撃できるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと主張する中、アメリカ国民も日本と同じように北朝鮮の脅威を現実のものとして受け止めているようですね。

北朝鮮の核やミサイルの問題を解決には?

続いて、北朝鮮の核やミサイルの問題を解決するためには何が最も有効だと思うか聞いてみると・・・、

アメリカでは、「話し合い」が最も多く36%、次いで、「経済的圧力」が24%、「軍事行動」が18%、「軍事的圧力」が17%という結果になりました。
一方、日本では、最も多かったのが「経済的圧力」で35%、次いで、「話し合い」が31%、「軍事的圧力」が15%、「軍事行動」が8%となっています。
アメリアでは軍事的解決を主張する人が1/3以上もいるのが不安ですね。最近の報道では、すでにアメリカと中国の間で軍事的オプションに関する密約が既にできている話も耳にしますし・・・。

アメリカにとって日本と中国のどちらがより重要?

最後に、日本にとってアメリカと中国のどちらの国がより重要か、アメリカにとって日本と中国のどちらの国がより重要か、それぞれ聞いてみると・・・、

日本では、「アメリカ」が66%、「どちらも同じくらい重要」が11%、「中国」が10%で、アメリカをあげる人が圧倒的に多かったのに対し、アメリカでは、「中国」が58%、「日本」が29%、「どちらも同じくらい重要」が5%で、中国をあげる人が非常に多くいました。
アメリカ人の多くは、もはや日本ではなく中国を見ているんですね。日米国民の意識のずれが鮮明ですね。

まもなく、政権発足から1年になるトランプ大統領ですが、どうやら日本国民はトランプ大統領があまりお好きではないようですね。
また、最近の東アジアをめぐる様々な問題でも、広く世界情勢を見ているアメリカにとっては、日本は「アジアの良きパトナーの1つ」でしかないようですね。

2018年、いったい今年はどんなことが起きるのでしょうか?
きっと日本にとってはアメリカ次第なんでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  2. LINEが最も利用されているSNS

    最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Line、Twitte...
  3. 駒澤大学体育会サッカー部

    駒澤大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、1931年に創部され90年近い歴...
  4. CT

    レントゲンとCTとMRIの違いは?

    よく企業の健康診断や国民健康保険の定期検診の時、CTとかMRIという検査を受けますが、両者の違いをご...
  5. 日本三大金運神社に参拝して金運をつかもう!

    ネットを徘徊していると偶然「日本三大金運神社」というものを見つけました。
  6. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  7. 日本の労働時間と労働生産性

    国際的に見た日本の労働時間と労働生産性は?

    長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本ですが、現在、政府は来年2019年...

Ad

人気の記事

  1. 中国北京の砂漠化
  2. 中国の街の雑踏
  3. 2020東京オリンピック
  4. 関西大北陽高校サッカー部

ピックアップ記事

  1. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  2. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  5. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...