大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

交通事故死亡者数

 

警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に死亡)の数が3694人となり、警察庁が保有する1946年分以降の統計値としては最少になったそうです。

この数字は「第一次交通戦争」と呼ばれ過去最悪だった1970年の1万6765人の1/4以下にまで減少しています。
また、警察庁の中央交通安全対策会議では、2020年までに交通事故死者数を2,500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する計画だそうです。あと3年で今より3割減以上はちょっと無理なような気もしますが・・。

このように交通事故死亡者数が大幅に減少したのは、自動車自体のエアバック装着やボディ剛性のアップ、自動ブレーキシステムといった安全機能アップとともにドライバーや同乗者のシートベルト着用率のアップ、さらには警察による飲酒運転などの交通違反取り締まりの強化と違反者に対する刑罰の厳罰化が影響していると言われています。

では、ちょっと古いデータになりますが、日本のこのような現状を欧米先進国の事情と比較してみると・・・、
日本と欧米先進国はほぼ「どっこい、どっこい」のレベルにあるようです。ただ、お隣の韓国のレベルは驚くほど低いですね。また、グラフにはありませんが、運転が乱暴で運転モラルも低くて有名な中国は、韓国のさらに3倍以上で10.5人だそうです。
さすが中国、怖い、怖い。

<自動車1万台当たりの死者数(2014年)>

さらに年齢別死者数見てみると・・・、
日本の場合、65歳以上の高齢者の比率が異常に高く5割以上となっています。その正確な理由はわかりませんが、きっと日本の高齢ドライバーの多さも関係しているのでしょうね。

▶▶▶ 自動ブレーキは、高齢ドライバーの事故を激減できるか?

 

Ad

意外な事実

  1. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  2. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  3. くつろぎの時間はやっぱりお酒を飲みながらTV

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...
  4. 子供の運動神経

    子供の運動神経は遺伝ではない

    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. 中国砂漠化

    日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

    中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。
  6. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  7. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...

Ad

人気の記事

  1. 中国北京の砂漠化
  2. 国会議員の給与2
  3. 蔵王山も火山活動
  4. 2020東京オリンピック
  5. 米国大統領のスキャンダル

ピックアップ記事

  1. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  2. 最近、高齢ドライバーによる「ブレーキとアクセルの踏み間違え」等の事故が増えているため...
  3. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  4. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. 有給休暇
    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。