大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

交通事故死亡者数

 

警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に死亡)の数が3694人となり、警察庁が保有する1946年分以降の統計値としては最少になったそうです。

この数字は「第一次交通戦争」と呼ばれ過去最悪だった1970年の1万6765人の1/4以下にまで減少しています。
また、警察庁の中央交通安全対策会議では、2020年までに交通事故死者数を2,500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する計画だそうです。あと3年で今より3割減以上はちょっと無理なような気もしますが・・。

このように交通事故死亡者数が大幅に減少したのは、自動車自体のエアバック装着やボディ剛性のアップ、自動ブレーキシステムといった安全機能アップとともにドライバーや同乗者のシートベルト着用率のアップ、さらには警察による飲酒運転などの交通違反取り締まりの強化と違反者に対する刑罰の厳罰化が影響していると言われています。

では、ちょっと古いデータになりますが、日本のこのような現状を欧米先進国の事情と比較してみると・・・、
日本と欧米先進国はほぼ「どっこい、どっこい」のレベルにあるようです。ただ、お隣の韓国のレベルは驚くほど低いですね。また、グラフにはありませんが、運転が乱暴で運転モラルも低くて有名な中国は、韓国のさらに3倍以上で10.5人だそうです。
さすが中国、怖い、怖い。

<自動車1万台当たりの死者数(2014年)>

さらに年齢別死者数見てみると・・・、
日本の場合、65歳以上の高齢者の比率が異常に高く5割以上となっています。その正確な理由はわかりませんが、きっと日本の高齢ドライバーの多さも関係しているのでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

 

Ad

意外な事実

  1. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...
  2. 神経内科

    神経内科と脳神経外科の違いは?

    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  3. 甲子園2

    春の選抜高校野球2018出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

    今回は今年の春に行われた「第90回選抜高校野球2018」の出場校の登録選手たちの出身...
  4. ゴールデンエイジ

    子供の運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  5. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  6. 医師

    人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?

    みなさんは、「人口10万人あたりの現役医師数が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  7. 安倍総理の外遊

    安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

    安倍総理は、また外遊しているようです。

Ad

人気の記事

  1. 黒湯
  2. 東福岡高校
  3. 神経内科
  4. 関西大北陽高校サッカー部

ピックアップ記事

  1. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  2. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  3. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  4. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  5. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。