大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

交通事故死亡者数

 

警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に死亡)の数が3694人となり、警察庁が保有する1946年分以降の統計値としては最少になったそうです。

この数字は「第一次交通戦争」と呼ばれ過去最悪だった1970年の1万6765人の1/4以下にまで減少しています。
また、警察庁の中央交通安全対策会議では、2020年までに交通事故死者数を2,500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する計画だそうです。あと3年で今より3割減以上はちょっと無理なような気もしますが・・。

このように交通事故死亡者数が大幅に減少したのは、自動車自体のエアバック装着やボディ剛性のアップ、自動ブレーキシステムといった安全機能アップとともにドライバーや同乗者のシートベルト着用率のアップ、さらには警察による飲酒運転などの交通違反取り締まりの強化と違反者に対する刑罰の厳罰化が影響していると言われています。

では、ちょっと古いデータになりますが、日本のこのような現状を欧米先進国の事情と比較してみると・・・、
日本と欧米先進国はほぼ「どっこい、どっこい」のレベルにあるようです。ただ、お隣の韓国のレベルは驚くほど低いですね。また、グラフにはありませんが、運転が乱暴で運転モラルも低くて有名な中国は、韓国のさらに3倍以上で10.5人だそうです。
さすが中国、怖い、怖い。

<自動車1万台当たりの死者数(2014年)>

さらに年齢別死者数見てみると・・・、
日本の場合、65歳以上の高齢者の比率が異常に高く5割以上となっています。その正確な理由はわかりませんが、きっと日本の高齢ドライバーの多さも関係しているのでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

 

Ad

意外な事実

  1. 本田圭佑

    本田選手の精神的強さの基礎は中高校生時代にあった

    本田圭佑選手、凄いですねぇ。 あの瞬間にゴール前のあそこにいるとは・・・、神がかっていますね。
  2. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  3. 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

    先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  4. B級グルメの激辛どろソースってご存知ですか?

    先日、テレビのバラエティ番組で神戸市長田区のB級グルメとして地元の人や食通の人に親し...
  5. サッカー日本代表選手

    サッカー日本代表選手はクラブユースor高校サッカー出身?

    現在の日本代表チームに招集されている39選手が、高校サッカー(=部活)出身か、あるいはクラブユース出...
  6. クラブライセンス制度

    Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    クラブライセンス制度は、欧州サッカー連盟(UEFA)が赤字を垂れ流すクラブの放漫経営...
  7. エネルギー自給率、日本はどの程度?

    現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。

Ad

人気の記事

  1. 青森山田
  2. 北方四島
  3. 新国立競技場
  4. 東京
  5. 東福岡高校

ピックアップ記事

  1. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  2. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  3. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  4. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。