認知症とアルツハイマー病の違いは?

よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょうか?
今回はこのこの認知症とアルツハイマー病について詳しく調べてみました。

認知症はどんな病気?

まず「認知症」ですが・・・、
この「認知症」は病名ではなく、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。
また以前よく使われた痴呆症という言葉は認知症と同義語ですが、現在では2004年 厚生労働省による公募に基づき「認知症」に統一されています。

この認知症の症状には、記憶障害を中心とした認知症の方に必ず見られる「中核症状」と、そこに本人の性格や環境の変化などが加わって起こる「周辺症状」があります。
この周辺症状は人それぞれ異なり、また接する人や日時によっても大きく変わってくるので、認知症の人の介護を大変なものにしています。

アルツハイマーは認知症の代表的なタイプ

認知症にはいくつかの種類があり、主なものとしては、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症が挙げられます。

こののうち約60%はアルツハイマー型認知症が原因で、約20%は脳血管型認知症によるものとされています。そのため、一般的に「認知症=アルツハイマー病」と勘違いしている人が多いのです。

しかし、認知症はその種類によって、脳内でおきている変化や変化が起こる場所などが異なり、その症状も変わってきます。

アルツハイマー型認知症の場合その症状の特徴は・・・、
 ・認知機能障害(もの忘れ等)
 ・もの盗られ妄想
 ・徘徊
 ・とりつくろい  などです。

ただ、この認知機能障害による「もの忘れ」は「加齢によるもの忘れ」とは以下のように大きく異なります。

このような認知症の患者数は、2012年で462万人と、65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)ですが、厚生労働省の予想では2025年には約700万人、5人に1人になるとされています。

近年では、高齢の認知症患者の運転による交通事故が増えています。当の本人は事故を起したことを全く覚えていないそうです。
今後ますます増加する高齢者数のことを考えると、一部の人だけでなく社会全体での認知症予防や患者対応が避けられなくなるのでしょうね。

  ▶▶▶ 高齢ドライバーの驚きの現状
  ▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  2. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  3. 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している青森山田高校サッカー...
  4. 安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  5. ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

    年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
  6. 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  7. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...

Ad

人気の記事

  1. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  4. 最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Lin...
  5. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...