認知症とアルツハイマー病の違いは?

認知症とアルツハイマー病

よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょうか?
今回はこのこの認知症とアルツハイマー病について詳しく調べてみました。

認知症はどんな病気?

まず「認知症」ですが・・・、
この「認知症」は病名ではなく、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。
また以前よく使われた痴呆症という言葉は認知症と同義語ですが、現在では2004年 厚生労働省による公募に基づき「認知症」に統一されています。

この認知症の症状には、記憶障害を中心とした認知症の方に必ず見られる「中核症状」と、そこに本人の性格や環境の変化などが加わって起こる「周辺症状」があります。
この周辺症状は人それぞれ異なり、また接する人や日時によっても大きく変わってくるので、認知症の人の介護を大変なものにしています。

アルツハイマーは認知症の代表的なタイプ

認知症にはいくつかの種類があり、主なものとしては、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症が挙げられます。

こののうち約60%はアルツハイマー型認知症が原因で、約20%は脳血管型認知症によるものとされています。そのため、一般的に「認知症=アルツハイマー病」と勘違いしている人が多いのです。

しかし、認知症はその種類によって、脳内でおきている変化や変化が起こる場所などが異なり、その症状も変わってきます。

アルツハイマー型認知症の場合その症状の特徴は・・・、
 ・認知機能障害(もの忘れ等)
 ・もの盗られ妄想
 ・徘徊
 ・とりつくろい  などです。

ただ、この認知機能障害による「もの忘れ」は「加齢によるもの忘れ」とは以下のように大きく異なります。

このような認知症の患者数は、2012年で462万人と、65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)ですが、厚生労働省の予想では2025年には約700万人、5人に1人になるとされています。

近年では、高齢の認知症患者の運転による交通事故が増えています。当の本人は事故を起したことを全く覚えていないそうです。
今後ますます増加する高齢者数のことを考えると、一部の人だけでなく社会全体での認知症予防や患者対応が避けられなくなるのでしょうね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. パチンコ屋

    人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?

    自分も学生時代や若いサラリーマン時代には、かなりハマり痛い目にあった「パチンコ」。
  2. 世界価値観調査からみた日本人の特異性

    先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしま...
  3. 元号1

    平成時代はラスト1年を切りましたが、次はいったい何時代?

    平成も残すところあと1年。
  4. 特別養護老人ホーム

    特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホームの違いは?

    最近、自分のまわりの住宅地では、高齢化社会の到来に備えてか、新しい「老人ホーム」の建設が盛んに行われ...
  5. CO2排出量9

    トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  6. 中国砂漠化

    日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

    中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。
  7. 神経内科

    神経内科と脳神経外科の違いは?

    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...

Ad

人気の記事

  1. 白人比率の低下
  2. 米国大統領のスキャンダル
  3. 関東第一高校サッカー
  4. 中国北京の砂漠化
  5. 新国立競技場

ピックアップ記事

  1. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  5. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。