ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

ふるさと納税

年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
自分は「ふるさと納税」という言葉はよく目にしていましたが、その内容はあまり理解していませんでした。
そこで今回は、この「ふるさと納税」について詳しく調べてみました。

「ふるさと納税」とは?

この「ふるさと納税」制度は、かれこれ10年ほど前の2008年度の税制改正により誕生しました。誕生した最も大きな要因は、地方と都市の税収格差が大きくなりすぎたことにあります。

その制度の具体的な中身は・・・、

全国の自治体に寄附することで、寄附金額から2,000円を控除した金額分、住民税控除と所得税還付を受けられる制度

そして、普通の寄付とふるさと納税の最大の違いは、所得税の還付や個人住民税の控除が受けられだけではなく、寄付のお礼として、その土地のお米やお肉といった特産品や名産品が「お礼品」として貰えることにあります。
この「お礼品」が年々エスカレートし、非常に豪華な品となっています。

<2017年のふるさと納税お礼品人気ベスト10>

1位:佐賀牛 切り落とし 1kg(佐賀県嬉野市/寄付額1万円)
2位:【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ(北海道八雲町/寄付額1万円)
3位:特選 いくら醤油漬け 500g(北海道森町/寄付額1万円)
4位:【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ 10個(佐賀県唐津市/寄付額1万円)
5位:特盛り九州産豚切り落とし 4kg(福岡県上毛町/寄付額1万円)
6位:新潟県奥阿賀産こしひかり 10kg(新潟県阿賀町/寄付額1万円)
7位:佐賀牛A5~A4特選切り落とし 1.1kg(佐賀県唐津市/寄付額1万円)
8位:国産うなぎ蒲焼 2尾セット(静岡県吉田町/寄付額1万円)
9位:国産うなぎ蒲焼(大サイズ) 5本セット(和歌山県湯浅町/寄付額2万円)
10位:創業72年老舗の佐賀牛切り落とし1.2kg/寄付額1万円

自分には縁のない高級品ばかり!

なぜ合法的な脱税?

では、なぜこの「ふるさと納税」が合法的な脱税とよく言われるのでしょうか?
国の方で紹介している活用例を元に説明します。

<東京都在住 田中様(48歳会社役員)の場合>

・年収:1,200万円
・ふるさと納税の控除上限額:約18万8,000円

◯実際の寄付金総額:17万円
寄付先:3か所
(北海道八雲町、北海道安平町、兵庫県上郡町)
実質自己負担金額:2,000円
 →受け取ったお礼品:
   北海道近海産毛ガニ
   たんとうまい(ななつぼし)15kg×3セット
   【幻の希少メロン(限定ご予約)】糖度16度以上6玉入り×2セット
   兵庫県産黒毛和牛 焼肉用 ロース800g×2セット

この例の場合、たった2,000円の自己負担で庶民には縁のない17万円相当の高級品の返礼品がもらえるのです。
ここで、よく問題視されるのが「控除上限額が所得水準で決まる」点です。つまり高所得層ほど「ふるさと納税」の恩恵が大きくなるのです。

次によく問題視され点は、寄付先を自分が生まれた地域以外でも自由に好きな地域をいくつでも選べることです。

つまり、本来は自分の居住している地元の自治体に収めるべき税金を収めないわけです。まさにこれは、お金持ちのための合法的な脱税法ではないでしょうか?

自治体の中には、海外旅行やPCを返礼品にしているところもあります。

みなさんはどう思いますか?

東京都はふるさと納税で466億円の減収

(2018.5.3:追記)
このような「合法的な脱税」とも言えるふるさと納税が、お金持ちに幅広く浸透した結果、案の定、都市部の自治体は「大幅な税収ダウン」に襲われています。
総務省の調査結果によると、2017年度の東京都の税収は、なんと466億円も減ったそうです。

年間31億円の税収減となった世田谷区では、「31億円あれば、児童2,000人、保育園の数に換算すれば、20カ所の運営費がまかなえる」と言っています。

「待機児童の解消は、政策の最優先課題」といつも国会で発言している安倍総理は、この現実をどう考えているのでしょうか?

  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
  ▶▶▶ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
  ▶▶▶ 安倍政権の農業改革は本当に進むのか?
  ▶▶▶ 安倍政権がこっそり進めている水道事業の民営化
  ▶▶▶ カジノ法案は、誰のための、そして何のための政策?
  ▶▶▶ 安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

Ad

意外な事実

  1. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  2. 国プロ野球選手・王貞治

    安倍政権で乱発気味の国民栄誉賞

    安倍総理は、先日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で見事に金メダルを獲得した羽生...
  3. 安倍政権

    安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くそ...
  4. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  5. 道後温泉

    温泉の種類について調べてみました

    今回は、“温泉の種類”について調べてみました。
  6. 大学

    大学淘汰の始まり「2018年問題」と国や地方自治体からの補助金

    現在、日本には764校の大学があり、完全に飽和状態にあると言われています。
  7. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...

Ad

人気の記事

  1. 東京一極集中
  2. 都議会議員
  3. 東京

ピックアップ記事

  1. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  2. 整骨院
    最近、街を歩いていると、「整骨院」や「接骨院」と書かれた看板を、やたらたくさん見かけ...
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  5. 最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Line、Twitte...