ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
自分は「ふるさと納税」という言葉はよく目にしていましたが、その内容はあまり理解していませんでした。
そこで今回は、この「ふるさと納税」について詳しく調べてみました。

「ふるさと納税」とは?

この「ふるさと納税」制度は、かれこれ10年ほど前の2008年度の税制改正により誕生しました。誕生した最も大きな要因は、地方と都市の税収格差が大きくなりすぎたことにあります。

その制度の具体的な中身は・・・、

全国の自治体に寄附することで、寄附金額から2,000円を控除した金額分、住民税控除と所得税還付を受けられる制度

そして、普通の寄付とふるさと納税の最大の違いは、所得税の還付や個人住民税の控除が受けられだけではなく、寄付のお礼として、その土地のお米やお肉といった特産品や名産品が「お礼品」として貰えることにあります。
この「お礼品」が年々エスカレートし、非常に豪華な品となっています。

<2017年のふるさと納税お礼品人気ベスト10>

1位:佐賀牛 切り落とし 1kg(佐賀県嬉野市/寄付額1万円)
2位:【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ(北海道八雲町/寄付額1万円)
3位:特選 いくら醤油漬け 500g(北海道森町/寄付額1万円)
4位:【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ 10個(佐賀県唐津市/寄付額1万円)
5位:特盛り九州産豚切り落とし 4kg(福岡県上毛町/寄付額1万円)
6位:新潟県奥阿賀産こしひかり 10kg(新潟県阿賀町/寄付額1万円)
7位:佐賀牛A5~A4特選切り落とし 1.1kg(佐賀県唐津市/寄付額1万円)
8位:国産うなぎ蒲焼 2尾セット(静岡県吉田町/寄付額1万円)
9位:国産うなぎ蒲焼(大サイズ) 5本セット(和歌山県湯浅町/寄付額2万円)
10位:創業72年老舗の佐賀牛切り落とし1.2kg/寄付額1万円

自分には縁のない高級品ばかり!

なぜ合法的な脱税?

では、なぜこの「ふるさと納税」が合法的な脱税とよく言われるのでしょうか?
国の方で紹介している活用例を元に説明します。

<東京都在住 田中様(48歳会社役員)の場合>

・年収:1,200万円
・ふるさと納税の控除上限額:約18万8,000円

◯実際の寄付金総額:17万円
寄付先:3か所
(北海道八雲町、北海道安平町、兵庫県上郡町)
実質自己負担金額:2,000円
 →受け取ったお礼品:
   北海道近海産毛ガニ
   たんとうまい(ななつぼし)15kg×3セット
   【幻の希少メロン(限定ご予約)】糖度16度以上6玉入り×2セット
   兵庫県産黒毛和牛 焼肉用 ロース800g×2セット

この例の場合、たった2,000円の自己負担で庶民には縁のない17万円相当の高級品の返礼品がもらえるのです。
ここで、よく問題視されるのが「控除上限額が所得水準で決まる」点です。つまり高所得層ほど「ふるさと納税」の恩恵が大きくなるのです。

次によく問題視され点は、寄付先を自分が生まれた地域以外でも自由に好きな地域をいくつでも選べることです。

つまり、本来は自分の居住している地元の自治体に収めるべき税金を収めないわけです。まさにこれは、お金持ちのための合法的な脱税法ではないでしょうか?

自治体の中には、海外旅行やPCを返礼品にしているところもあります。

みなさんはどう思いますか?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

    警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に...
  2. 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  3. 日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  4. 32チームが出揃った18年W杯ロシア大会

    来年2018年6月14日 - 7月15日に開催される18年W杯ロシア大会。
  5. 和食・日本料理のイメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  6. 生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  7. J1・J2入れ替え戦”が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  2. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...
  4. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  5. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。