米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

米国防戦略

先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国家防衛戦略」が発表された。

大きく方針転換した米国の国家防衛戦略

その報道発表によると・・・、

中国を、米国の覇権に挑戦する最大の脅威とみなし、「対テロ」から、中国とロシアとの長期的な「戦略的競争」に備える体制に転換する方針

だそうだ。
2001年9月11日に起こった「アメリカ同時多発テロ事件」以来、20年弱続いたイスラム過激派との「対テロ」の戦いをの優先課題としてきた国防戦略が、今後は変わっていくのです。

発表の演説では・・・、

われわれはテロリストとの戦いを遂行し続けるが、現在の米国の国家安全保障の優先課題はテロリズムではなく、大国間の競争だ

と述べ、最近の中露の急速な軍拡に対する危機感を露わにしています。そして、オバマ前政権下の8年間で、装備の老朽化や将兵の疲弊が目立ち弱体化した米軍を再建し、「力による平和」を実現するとも言っています。

 

急激に増え続ける中国国防費

トランプ政権が上記のように国家防衛戦略を大きく方針転換した最大の理由は、「中国の国防費」の脅威です。
下のグラフのように、中国国防費はずっと増え続けており、2016年には9500億元(約16兆5千億円)に達しています。これは10年前と比べて3倍以上に増え、米国に次ぐ世界2位の規模です。
伸び率こそ鈍化したとはいえ、すでに日本の16年度予算案の防衛関係費(約5兆円)の3倍以上の規模で、米国とはなお開きはあるものの、徐々に差を縮めているのが現状です。

さらに、中国は「国防の発展は国家主権の安全や成長を守るため」と強調し、「今後も国防建設と経済成長の釣り合いを守り、国防費増やしていく」と言っています。

*出典:防衛白書
中国国防費推移

どうにも逃げられない日本

米国と中国の間にあり、しかも米国との安保条約を堅持している日本。
米中間の安全保障上の問題となれば、どう考えても米国と歩調を合わせざるおえません。というか、「米国の言いなり」になるのでしょう。

安倍さんが、「憲法改正」にこだわり続けているのも、米国の国家戦略の一環からでしょうね。

これからの日本は、「人口減少&少子高齢化社会」の到来でタダで際も大変な時代のはず。
米中の両超大国間の覇権争いにお付き合いしている余裕など、これからの日本にはどこにもないはず。

日本政府は、もう少し自分の国の現実を見て、真剣に国民の将来のことを考えて欲しいと思いませんか。
日本は、米国の「属国」でも、「51番目の州」でもない、1,000年以上も続く独立国なのだから・・・。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. サッカー日本代表選手

    サッカー日本代表選手はクラブユースor高校サッカー出身?

    現在の日本代表チームに招集されている39選手が、高校サッカー(=部活)出身か、あるいはクラブユース出...
  2. 元号1

    平成時代はラスト1年を切りましたが、次はいったい何時代?

    平成も残すところあと1年。
  3. カジノ

    カジノ法案は、誰のための、そして何のための政策?

    最近はあまり話題にのぼらなくなった「カジノ法案」ですが、いったいどうなっているのでしょうか? こ...
  4. 誕生日に夫(妻)からもらって嬉しかったプレゼントは?

    もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  5. ズワイガニ

    ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?

    冬真っ盛り、カニの美味しい季節ですねぇ。
  6. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  7. 流通経済大学サッカー部

    流通経済大学体育局サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、全国の大学の中で最も多くのJリー...

Ad

人気の記事

  1. トランプ政権と東アジア問題
  2. 新国立競技場
  3. 世界の人口ピラミッド_
  4. 日本の借金

ピックアップ記事

  1. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  2. サッカー関係の情報を見てると、最近よく耳にする流通経済大学。
  3. 渋谷
    先日、TVを見ていると「東京の若者が消える」というタイトルの番組がありました。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...