避けて通れない「2025年問題」

2025年問題

みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか?
最近はこの「2025年問題」という言葉をよく耳にするようになってきましたが、自分はその内容が今ひとつわからなかったで、今回はこの「2025年問題」について詳しく調べて見ました。

2025年からは超高齢化社会の到来

みなさんもご存知の通り、日本で最も人口ボリュームがあるのが、1947~49年生まれの団塊世代です。約800万人と言われるこの団塊世代の人たちは、2015年に前期高齢者(65~74 歳)に到達しました。

この団塊世代が75歳(=後期高齢者)を迎えるのが、今から8年後の2025年なのです。
「2025年問題」とは、団塊の世代が2025年に後期高齢者に達することで、介護・医療費ななどの社会保障費の急増するという問題なのです。
つまり、現在1,500万人程度の後期高齢者人口が、2025年には約2,200万人まで膨れ上がり、全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会となるのです。日本社会は全体としては人口が減少する中で、この後期高齢者人口は、2050年ごろまで増加傾向が続くと見込まれています。 

そのため、日本社会は医療・介護・福祉サービスの整備が急務である一方、社会保障財政の崩壊の懸念が提示されてるのです。

2025年の日本の人口ピラミッド

医療や介護現場のパンク

2018年現在、病院や医師数は減少傾向にあります。
今現在でも、患者の受け入れ先がなく、病院をたらい回しにされるという事件がすでに起こっています。
また、医師の人数不足による過酷労働という問題も起こってきています。

このような医療現場の減少傾向に加えて、医療が必要となる高齢者が劇的に増えていく状況が起きるのです。
いったい国はどう対処していくのでしょうか?

同様に、後期高齢者の増加に合わせて、介護福祉需要も急増していくと予想されています。そのため、現在以上により多くの介護サービス施設や人材が必要になっていきます。
ただ、すでに現在でも介護福祉現場の低賃金と過酷さはすでに社会問題になっており今後はこの傾向がさらに進むといわれています。

このように、政府は8年後に迫った2025年に向けて、医療や介護福祉の体制整備策を打つことが急務であることは明確です。
しかし現在のところ、労働人口の減少や長引く不景気などで、何ら有効な施策を打ち出せないでいます。

膨れ上がる社会保障費

このような状況下、国の社会保障費も2015年度は、約118兆円だったのに対し、団塊世代が75歳以上に突入する2025年には、およそ1.3倍の148兆円にまで膨れ上がると、推計されています。

下の図は、現在の「世代別国民一人あたりの医療費と介護費」です。(出典:NHK

一人当たりの年間の医療費を見まると、前期高齢者(65~74 歳)では、年間の平均で55.4万円かかっていますが、後期高齢者(75 歳~)になると90.7万円で2倍弱の医療費がかかっています。

また介護費の方は、前期高齢者では年間で5.5万円なのに対し、後期高齢者では、なんと10倍近い53.2万円にまで跳ね上がっています。

後期高齢者の数が大幅に増える2025年以降の超高齢化社会。このままでは、日本の財政は破綻に向けてますます加速していくことは明らかです。

あやふやで甘すぎる政府の考え

このような2025年問題に対して、厚生労働省の方では現在のところ以下のような方針を掲げています。

2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

いったい「何をどうする」のでしょうか?
国の財政破綻を尻目に、上記のような「これまでの延長上のお題目」のもとで、これまでと同じように社会保障費を増やしていくつもりなのでしょうか?

また、肝心の国の財政再建に対して、現在の安倍政権は・・・、

歳出を拡大しても、高成長と税収増でカバー可能」というシナリオを描き、基礎的財収支(PB)黒字化は、2025年度に達成可能」

との中長期試算を公表しています。
ほんまかいなぁ?
今後の少子高齢化社会の時代に、昔のような高成長を前提とした甘いシナリオ通りがうまく行くはずがない!

結局、年金問題と同じように「にっちもさっちも」行かなくなり・・・、
「社会保障サービスの縮小」や「国民の負担増」、しまいには「増税」等で政策失敗のツケをすべて国民に押し付ける結果で終わるのでしょうか?

ちなみに、東京大学大学院の福田慎一教授の話では・・・、

財政悪化による社会保障費の大幅カットなど、経済の混乱は不可避。また、20%の消費税率でも財政の黒字化は困難。

とのことです。

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  2. 少子高齢化の進行で悲惨な末路をたどる郊外ベッドタウン

    誰にもどうすることもできない「少子高齢化の進行」ですが、そんな中で日本の高度成長を支えた東京の「...
  3. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...
  4. 明治大学サッカー部

    明治大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12チームの中で有名私立大学である明治大...
  5. 中国人

    中国人は関西ではなく、なぜ東京に住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...
  6. ユニコーン企業って何?

    先日ネットで日経ニュースを見てると、「米国と中国に集中するユニコーン企業」というくだりがありました。
  7. 核兵器保有国

    核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    先日、アメリカ・トランプ政権は、オバマ前政権による「核なき世界」の方針から大きく転換し、抑止力を高め...

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 白人比率の低下
  3. 弾道ミサイル
  4. 首都東京

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  5. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...