カジノをギャンブル大国日本に作って大丈夫?

最近はあまり話題にのぼらなくなった「カジノ法案」ですが、いったいどうなっているのでしょうか?
このカジノは欧米先進国を中心に120以上の国・地域ですでに合法化しており、アジアでもマカオや韓国やシンガポールにもあります。しかし、日本ではカジノは刑法で賭博として禁止されています。
そこで今回は、この「カジノ法案」や実際に実現する日本のカジノについていろいろ調べてみました。

カジノ法案とは?

カジノ法案とは、海外ではすでに一般的なものとされているカジノを日本でも合法化して建設できるようにする法案で、その正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法)」です。

この特定複合観光施設とは通常「統合型リゾート(IR:Integrated Resort)」は呼ばれる施設で、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設、ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、カジノなどを一区画に集中させたリゾート施設です。

注)MICE施設とは?
MICEは会議(Meeting)、研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・イベント(Exihibition/Event)の頭文字をとったもの。MICE施設とはこれらの催しを行う施設のことを指します。

安倍政権では、このカジノ法案で実現するIR施設を導入することで、海外からの観光客の増加など経済効果が見込まれるとし、結果的に「観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資する」とアベノミクスの成長戦略の目玉として位置付けています。
ちなみに、安倍政権ではその経済波及効果を年間最大7兆7千億と試算しています。
本当でしょうか?

カジノ合法化の「負」の面

すでに建設運営されている世界各地のカジノの例から、カジノを建設すると・・・、
「ギャンブル依存症の拡大」、「多重債務者の増加」、「マネーロンダリングの温床」、「青少年への悪影響」、「地域の治安悪化」といった様々な問題が起こると、「カジノ法案」に反対する声も多いのも現実です。

ちなみに、厚生労働省の発表によると、「すでに日本にはギャンブル依存症の疑いがある人は500万人以上いる」とのことです。

そこで、政府はこれらの「負」の面への対応策として・・・、
「世界最高水準のカジノ規制」が必要とし、「クリーンなカジノ」を目指した日本独特のカジノ制度設計とするとしています。
まあ、どんな仕組みにしても、「大金」が絡めば必ず抜け道を探し出す人が出てくるのが世の常では・・・。

海外のIR建設の成功例

様々な規制が非常に厳しいこと、また観光するところがないことで有名なシンガポール。
そのシンガポールに2010年に「マリーナ・ベイ・サンズ」というカジノ施設のある統合型リゾートが開業しました。政府の狙いは「来訪旅行者数UP」でした。

この「マリーナ・ベイ・サンズ」は、カジノばかりでなくホテルやコンベンション・センター、高級ショッピングモール、美術館やシアターなどのアトラクション施設も併設され、今ではシンガポール観光の目玉の一つになっています。

結果的にシンガポールを訪れた旅行者は、2009年の970万人から2014年には1,508万人へと55%増加しました。旅行者の支出額も2009年には106億USドルであったのに対して2014年は195億USドルと83%も増加しました。
また、マリーナベイ・サンズの利用客数は2014年単年で、延べ4,000万人だそうです。これは1日当たり10万人以上です。旅行者数が1,508万人であることを考えると、地元のシンガポール人が相当利用しているようですね。カジノの「負」の面は、大丈夫なんでしょうか?

カジノ建設候補地は?

現在のところ、カジノ建設の有望な候補地は全国で3カ所のようです。

■ 大阪「夢洲(ゆめしま)」

大阪はIR誘致に特に積極的であり、臨海部にある人工島「夢洲(ゆめしま)」を候補地にあげています。どうやら、2025年の万博誘致との相乗効果を狙いたいという思惑があるようです。

■横浜「山下ふ頭」

神奈川県(横浜)の候補地は「山下ふ頭」です。横浜市としては山下ふ頭を新たな観光地として再開発しよう積極的な姿勢なのですが、ただ市民の反対が七割近くにのぼるようでかなり逆境にあるようです。

 

■東京「お台場」
東京は臨海副都心エリアにあり外国人観光客からも人気の観光エリア「お台場」を候補地としています。一時は誘致レースから脱落したと言われていましたが、現在の東京都知事である小池知事がIR誘致に積極的な構えをみせていることから有力地として浮上しています。

 

以上の3カ所ですが、個人的には日本の中心地である「東京」や「大阪」はまあしょうがない気もしますが、「横浜」だけはやめて欲しいと思います。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. Jクラブチームの収入源とその収入は?

    クラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ...
  2. でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする

    安倍政権はことあるごとに「戦後2番目の長さ景気拡大」や「日経平均のバブル崩壊後の高値更新」を謳い、自...
  3. 日本代表U16メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】小久保 玲央ブライアン 2001.01.23、188cm/74kg、柏レイソルU-1...
  4. 米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  5. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  6. 屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  7. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  2. 最近、高齢ドライバーによる「ブレーキとアクセルの踏み間違え」等の事故が増えているため...
  3. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。
  4. 日本人なら誰でも大好きなお寿司。
  5. 早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。