アマゾン、アップル、グーグルがブランド価値上位御三家

ブランド価値上位御三家

ブランド評価・戦略コンサルティング会社であるブランドファイナンス(英国)が先日、企業ブランド力を数値化したランキング「ブランドファイナンス Global 500 2018年」を発表しました。その結果以下の通りです。

1位はアマゾン(Amazon)Amazonでそのブランド価値は昨年比42%増で1,500億ドルを超え、昨年1位だった「グーグル(Google)」と2位の「アップル(Apple)」を抜いて首位に輝きました。にほんでもAmazonのTVCFは多かったですね。

続いて2位は昨年と同じくアップル(Apple)、そして3位には昨年首位だったグーグル(Google)がランクインしています。それにしても、このIT御三家は強いですね。
フェイスブックもブランド価値が昨対比45%で昨年の9位から順位を大幅に上げ5位でした。

 アパレル関連企業では「ナイキ(Nike)」が昨年に続いてトップとなったが、昨年の27位から40位へと大幅に順位を下げています。また、「H&M」(72位)と「ザラ(Zara)」(82位)が上位100位以内にランキング入りしています。500位以内には「アディダス(Adidas)」(103位)、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」(145位)、「カルティエ(Cartier)」(159位)、「ロレアル(L’Oréal)」(161位)がランクインした。
日本企業ではユニクロ(202位)が昨年の142位から大きくランクダウン。また、資生堂は429位だった。世界的に見ると、日本のブランドはまだまだひよっこのようなものですね。

  一方、近年は中国企業の躍進が目立っており、中でも「アリババ(Alibaba)」(12位/+58%)や「テンセント(Tencent)」(21位/+83%)、「ウィーチャット(WeChat)」(49位/+70%)、「Moutai」(56位/+73%)、「バイドゥ(Baidu)」(57位/+78%)といったIT企業が上位100位以内にランキング入りしています。
 
ますます進むグローバルIT社会の中、さしたるITブランドを持たない日本企業。苦しい展開が予想されますね。
 
 

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 慰安婦問題

    日本人から見た韓国、韓国人から見た日本は?

    なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。
  2. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  3. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  4. 脳

    脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  5. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  6. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  7. 年金手帳

    国民年金と厚生年金の違いは?

    現在、厚生労働省では、今後、ますます進む少子高齢化に年金制度は対応するために、公的年金の受給開始年齢...

Ad

人気の記事

  1. 黒湯
  2. オリンピックの経済波及効果
  3. 中国の街の雑踏
  4. 2020東京オリンピック
  5. 教育にカネを使わない国ニッポン

ピックアップ記事

  1. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  2. 都会に暮らす現代人にストレスはつきものの。
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  5. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。