アマゾン、アップル、グーグルがブランド価値上位御三家

ブランド評価・戦略コンサルティング会社であるブランドファイナンス(英国)が先日、企業ブランド力を数値化したランキング「ブランドファイナンス Global 500 2018年」を発表しました。その結果以下の通りです。

1位はアマゾン(Amazon)Amazonでそのブランド価値は昨年比42%増で1,500億ドルを超え、昨年1位だった「グーグル(Google)」と2位の「アップル(Apple)」を抜いて首位に輝きました。にほんでもAmazonのTVCFは多かったですね。

続いて2位は昨年と同じくアップル(Apple)、そして3位には昨年首位だったグーグル(Google)がランクインしています。それにしても、このIT御三家は強いですね。
フェイスブックもブランド価値が昨対比45%で昨年の9位から順位を大幅に上げ5位でした。

 アパレル関連企業では「ナイキ(Nike)」が昨年に続いてトップとなったが、昨年の27位から40位へと大幅に順位を下げています。また、「H&M」(72位)と「ザラ(Zara)」(82位)が上位100位以内にランキング入りしています。500位以内には「アディダス(Adidas)」(103位)、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」(145位)、「カルティエ(Cartier)」(159位)、「ロレアル(L’Oréal)」(161位)がランクインした。
日本企業ではユニクロ(202位)が昨年の142位から大きくランクダウン。また、資生堂は429位だった。世界的に見ると、日本のブランドはまだまだひよっこのようなものですね。

  一方、近年は中国企業の躍進が目立っており、中でも「アリババ(Alibaba)」(12位/+58%)や「テンセント(Tencent)」(21位/+83%)、「ウィーチャット(WeChat)」(49位/+70%)、「Moutai」(56位/+73%)、「バイドゥ(Baidu)」(57位/+78%)といったIT企業が上位100位以内にランキング入りしています。
 
ますます進むグローバルIT社会の中、さしたるITブランドを持たない日本企業。苦しい展開が予想されますね。

関連記事

Ad

意外な事実

  1. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  2. 中国人は関西ではなく東京になぜ住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...
  3. 認知症とアルツハイマー病の違いは?

    よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょう...
  4. 日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  5. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  6. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  7. 米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意...
  2. まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。
  3. 毎日毎日暑く寝苦しい夜が続くなか、みなさんは不安や悩みを感じて夜なかなか寝つけないこ...
  4. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。
  5. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...