ニートとフリーターの違いは?

 

最近、日本でも頻繁に話題に上っているニートとフリーターですが、その違いってご存知ですか?
一般的に、義務教育が終了してから中学や、高校、大学、専門学校、などを卒業した後に
定職につかない人たちのことを「フリーター」や「ニート」と言うそうです。自分は知らなかったので、今回はこのフリーターとニートについて詳しく調べてみました。

 

フリーターとは

正規雇用以外の契約社員・アルバイト・パート・派遣社員などで得た資金のみで家賃や生活費など全生計を立てている15歳~34歳の若年層のこと

どうやら、「フリー=自由」という意味から「フリーター」と名付けられたようです。
フリーターになった人は、ミュージシャンや俳優、などを夢見てアルバイトに精を出す人もいれば不況による就職難で就職先が決まらず、やむを得ずアルバイトをしている人など様々です。ただし、学業のかたわらアルバイトする学生や、パートをする主婦は「フリーター」には含まれないようです。

フリーターの数は、現在150万人程度で、2003年以降減少傾向にあります。その理由は、若年層そのものの人口減少とフリーターの存在そのものが社会問題化したためであります。出典:ガベージニュース

そもそも、フリーターはバブル時代に広まったようで、当時は働きたい会社がないと考えた若者の多く、またフリーターでも生活には困らなかったし、さらに就職したいと思えばどこでも働けるような時代だったようです。
そのため、会社で働いて時間や自由が拘束されるよりも、好きな時に働けて自由があるフリーターという新しいライフスタイルとして広まったようです。ただ、フリーターは「嫌なことがあったらすぐに辞める、仕事が長続きしない」というイメージがあって、フリーター歴が長いと就職しづらくなると言われています。

ニートとは

仕事にも就かず学校にも行かず、失業者でもなくフリーターでもない、「働けるのに働く意思のない無職の人」の15歳~34歳の若年層のこと

もともとイギリス生まれの言葉であるニート(NEET・・・Not in Employment, Education or Trainingの略)は、若年無職者とも呼ばれて、そもそも働く気が無い人で完全出業者とは異なります。日本では10年ほど前から使われるようになったようですが、このニートを内閣府と厚生労働省では以下のように定義しています。

 内閣府・・・15歳から34歳までの学校に通学、独身、仕事をしていない人
 厚生労働省・・・15歳から34歳まで仕事・家事・通学をしていない人

しかし、今ではニートは「15歳から34歳までで働く気のない人全般」を指し、ここ15年ぐらいはず~と50~60万人ぐらいいるようです。

出典:ガベージニュース

少子高齢化社会をむかえ、タダですら働き手不足が叫ばれる日本。ニートの存在は出来る限り減らしたいものですね。

▶▶▶ 中高年のひきこもり問題
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 大谷翔平選手

    メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

    大リーグのロサンゼルス・エンジェルスでメジャーリーグデビューを果たした二刀流の大谷翔平選手。
  2. ビジット・ジャパンの効果と訪日外国人観光客数

    最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  3. 世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

    米国のトランプ政権が誕生して1年半が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。
  4. 誕生日に夫(妻)からもらって嬉しかったプレゼントは?

    もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  5. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  6. ウィルスと細菌の違いは?

    しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。
  7. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...

Ad

人気の記事

  1. 首都東京
  2. 藤枝東高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  2. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  3. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。