軍隊も核も持たないはずの日本が世界7位の軍事力評価

空母

 

アメリカの軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)が、兵器や兵士の数、質、種類、予算、地政学的条件、資源、軍事同盟国など50の指針をもとに世界133カ国の軍事力指数(Power Index)スコアを算出ランキングづけした「2017年軍事力ランキング」が発表されました。その結果は以下の通りです。

“世界の1強”アメリカの突出した軍事予算

1位は、経済力を背景に圧倒的な軍事予算を持ち、航空母艦19隻を保有し空軍力、海軍力で突出している「アメリカ」です。

続く2位は、東西冷戦時代のソ連の軍事力を引き継いでいる「ロシア」です。しかし、ロシアの軍事予算はアメリカの1/10以下に過ぎず、兵器の老朽化が予想されます。

3位は、世界中が警戒している「中国」です。中国もロシア同様に兵器の老朽化が予想されますが、急速な経済力アップを背景にした軍事予算(ロシアの3.6倍)で年々近代化が測られているようです。

続いて4位は世界一の有数の兵員数を誇る「インド」、5位はNATO軍の中核国「フランス」となっています。

1位 アメリカ

軍事力指数 0.0857 軍事予算 約62兆6400億円
兵員 236万3675 航空戦力 1万3762
戦闘機 2296 戦車 5884
主要艦艇 415 航空母艦 19隻

2位 ロシア

軍事力指数 0.0929 軍事予算 約4兆7500億円
兵員 337万1027 航空戦力 3794
戦闘機 806 戦車 2万216
主要艦艇 352 航空母艦 1隻

3位 中国

軍事力指数 0.0945 軍事予算 約17兆3100億円
兵員 371万2500 航空戦力 2955
戦闘機 1271 戦車 6457
主要艦艇 714 航空母艦 1隻

4位 インド

軍事力指数 0.1593 軍事予算 約5兆4400億円
兵員 420万7250 航空戦力 2102
戦闘機 676 戦車 4426
主要艦艇 295 航空母艦 3隻

5位 フランス

軍事力指数 0.1914 軍事予算 約3兆7300億円
兵員 38万7635 航空戦力 1305
戦闘機 296 戦車 406
主要艦艇 118 航空母艦 4隻

戦闘機

軍隊を持たないはずの日本が7位

6位は「イギリス」で、ここまでは全て“核保有国”になっています。
なぜか7位は軍隊を持たないはずの「日本」となっています。核も保有していない自衛隊って凄いですね。

以下、8位は「トルコ」、9位は「ドイツ」、10位は「エジプト」となっています。

今注目の「韓国」は12位で、一方の「北朝鮮」は23位です。両国は休戦中なので予備兵も含まれていると思いますが、兵員数はともに500万人を越えています。これは、日本の10倍以上で、驚くことに人口大国である中国やインドをも上回っています。

6位 イギリス

軍事力指数 0.2131 軍事予算 約4兆8700億円
兵員 23万2675 航空戦力 856
戦闘機 88 戦車 249
主要艦艇 76 航空母艦 2隻

7位 日本

軍事力指数 0.2137 軍事予算 約4兆6700億円
兵員 31万1875 航空戦力 1594
戦闘機 288 戦車 700
主要艦艇 131 航空母艦 4隻

8位 トルコ

軍事力指数 0.2491 軍事予算 約8700億円
兵員 74万3415 航空戦力 1018
戦闘機 207 戦車 2445
主要艦艇 194 航空母艦  

9位 ドイツ

軍事力指数 0.2609 軍事予算 約4兆1800億円
兵員 21万 航空戦力 698
戦闘機 92 戦車 543
主要艦艇 81 航空母艦  

10位 エジプト

軍事力指数 0.2676 軍事予算 約4700億円
兵員 132万9250 航空戦力 1132
戦闘機 337 戦車 4110
主要艦艇 319 航空母艦 2隻

12位 韓国

軍事力指数 0.2741 軍事予算 約4兆6700億円
兵員 582万9750 航空戦力 1477
戦闘機 406 戦車 2654
主要艦艇 166 航空母艦 1隻

23位 北朝鮮

軍事力指数 0.4218 軍事予算 約8000億円
兵員 644万5000 航空戦力 944
戦闘機 458 戦車 5025
主要艦艇 967 航空母艦  
 
 

Ad

意外な事実

  1. ハーバード大

    大学生の親の所得低迷と求められる高等教育の無償化

    文科省の発表によると,2015年度の私大の平均年間授業料は86万8447円で,過去最高を記録したそう...
  2. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  3. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。
  4. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  5. CT

    レントゲンとCTとMRIの違いは?

    よく企業の健康診断や国民健康保険の定期検診の時、CTとかMRIという検査を受けますが、両者の違いをご...
  6. 東京

    東京の人口ピラミッド推移

    日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。
  7. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 安倍総理の外遊
  3. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 行楽弁当
    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。
  2. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意識はどう変わって...
  3. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  5. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...