日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

中国砂漠化

中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。しかし、地球温暖化が進行する中、近年この中国の砂漠化は急速に進行しています。
そこで今回は「中国の砂漠化」について詳しく見てみました。

日本と同じ広さが約11年で砂漠化

中国の砂漠は、日本の国土の約1/11に当たる3,367km²のペースで増加し続けており、すでに多くの村や集落が砂に飲み込まれているそうです。特に、内モンゴル自治区から甘粛省にかけて広がるトングリ砂漠は年々拡大を続け、周辺の砂漠と徐々に一体となり、さらに砂漠化を加速しているそうです。
この砂漠化は、家畜の放牧や森林の伐採、地下水の過剰な取水など人為的な行為が原因だそうです。

また、砂漠化の進行とともに、湖や河川も消滅しつつあります。陝西省にある中国最大の砂漠淡水湖は、1969年には67km²もの面積を誇っていたが、現在では半分以下の31.51km²にまで縮小しているそうです。この湖の縮小は2000年ごろから加速し、近年では年1km²のペースで縮小しているそうです。
この影響で湖水のpH値は9.6にも達し、魚が生存できるレベルを大きく超えてしまい、これまで住んでいた魚類が絶滅の危機を迎えているといいます。

中国砂漠化2

韓国や日本といった周辺国にも影響 

この砂漠化の拡大の影響で、北京やソウルまでも砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂の嵐に襲われています。さらに厄介なのは、この黄砂には炭素、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩などの有害物質を含むPM2.5を混じっているのです。

実は、この中国砂漠化の影響は日本にも及んでいるのです。詳しくはこちらをご覧ください。
  ▶▶▶ 中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

中国砂漠化3

「この中国の砂漠化はもう手遅れ・・・近い将来、人が住むことのできない大国になる」という説まであるのが現状です。
そうなると、日本にも当然大きな影響があるはずです。何とかして欲しいものです。

 ★ 中国関連一覧はこちら

   ▶▶▶ 地球温暖化と主要国のCO2排出の現状
   ▶▶▶ 地球温暖化問題、女より男の方が関心が高い!
   ▶▶▶ 中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

 

Ad

意外な事実

  1. 明治大学サッカー部

    明治大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12チームの中で有名私立大学である明治大...
  2. 大谷翔平

    大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 藤枝東高校サッカー

    藤枝東高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    藤枝東高校サッカー部は、1926年の創部で90年以上の歴史を誇ります。
  4. 三菱グループ

    総売上58兆円 世界一のコングロマリット三菱グループ

    戦前に日本の経済を支配していた「財閥」。
  5. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  6. 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

    1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も、あと1年を切りました。
  7. 急速に進むアフリカの中国化

    12億以上の人口を抱え、最後のフロンティアともいわれるアフリカ。

Ad

人気の記事

  1. 安倍総理の外遊
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 安倍政権
  4. 中国北京の砂漠化

ピックアップ記事

  1. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  2. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  3. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  4. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...
  5. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...