日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

中国砂漠化

中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。しかし、地球温暖化が進行する中、近年この中国の砂漠化は急速に進行しています。
そこで今回は「中国の砂漠化」について詳しく見てみました。

日本と同じ広さが約11年で砂漠化

中国の砂漠は、日本の国土の約1/11に当たる3,367km²のペースで増加し続けており、すでに多くの村や集落が砂に飲み込まれているそうです。特に、内モンゴル自治区から甘粛省にかけて広がるトングリ砂漠は年々拡大を続け、周辺の砂漠と徐々に一体となり、さらに砂漠化を加速しているそうです。
この砂漠化は、家畜の放牧や森林の伐採、地下水の過剰な取水など人為的な行為が原因だそうです。

また、砂漠化の進行とともに、湖や河川も消滅しつつあります。陝西省にある中国最大の砂漠淡水湖は、1969年には67km²もの面積を誇っていたが、現在では半分以下の31.51km²にまで縮小しているそうです。この湖の縮小は2000年ごろから加速し、近年では年1km²のペースで縮小しているそうです。
この影響で湖水のpH値は9.6にも達し、魚が生存できるレベルを大きく超えてしまい、これまで住んでいた魚類が絶滅の危機を迎えているといいます。

中国砂漠化2

韓国や日本といった周辺国にも影響 

この砂漠化の拡大の影響で、北京やソウルまでも砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂の嵐に襲われています。さらに厄介なのは、この黄砂には炭素、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩などの有害物質を含むPM2.5を混じっているのです。

実は、この中国砂漠化の影響は日本にも及んでいるのです。詳しくはこちらをご覧ください。
  ▶▶▶ 中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

中国砂漠化3

「この中国の砂漠化はもう手遅れ・・・近い将来、人が住むことのできない大国になる」という説まであるのが現状です。
そうなると、日本にも当然大きな影響があるはずです。何とかして欲しいものです。

 ★ 中国関連一覧はこちら

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 介護福祉士

    介護福祉に関する資格制度が乱立

    自分は、5年ほど前に脳卒中(脳出血)で倒れてしまい、その後遺症で今現在も右片麻痺です。
  2. 三菱グループ

    総売上58兆円 世界一のコングロマリット三菱グループ

    戦前に日本の経済を支配していた「財閥」。
  3. 日本の労働時間と労働生産性

    国際的に見た日本の労働時間と労働生産性は?

    長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本ですが、現在、政府は来年2019年...
  4. 東京がアジアからの不良外国人で溢れる街になる!?

    今、政府は予想される「労働力不足」への対応策として、急速な「単純労働対応の外国人労働...
  5. 子供の運動神経

    子供の運動神経は遺伝ではない

    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  6. 行楽弁当

    行楽弁当はどんなものがお好き?

    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。
  7. 大学

    短大や専門学校の鞍替えで4年制大学の数は急増

    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...

Ad

人気の記事

  1. 国会議員の給与2
  2. 2025年問題
  3. 黒湯

ピックアップ記事

  1. 1990年に始まり、現在では大学志望者のほぼ全員が受験すると言われる「大学入試センター試験」ですが、...
  2. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。