日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

中国砂漠化

中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。しかし、地球温暖化が進行する中、近年この中国の砂漠化は急速に進行しています。
そこで今回は「中国の砂漠化」について詳しく見てみました。

日本と同じ広さが約11年で砂漠化

中国の砂漠は、日本の国土の約1/11に当たる3,367km²のペースで増加し続けており、すでに多くの村や集落が砂に飲み込まれているそうです。特に、内モンゴル自治区から甘粛省にかけて広がるトングリ砂漠は年々拡大を続け、周辺の砂漠と徐々に一体となり、さらに砂漠化を加速しているそうです。
この砂漠化は、家畜の放牧や森林の伐採、地下水の過剰な取水など人為的な行為が原因だそうです。

また、砂漠化の進行とともに、湖や河川も消滅しつつあります。陝西省にある中国最大の砂漠淡水湖は、1969年には67km²もの面積を誇っていたが、現在では半分以下の31.51km²にまで縮小しているそうです。この湖の縮小は2000年ごろから加速し、近年では年1km²のペースで縮小しているそうです。
この影響で湖水のpH値は9.6にも達し、魚が生存できるレベルを大きく超えてしまい、これまで住んでいた魚類が絶滅の危機を迎えているといいます。

中国砂漠化2

韓国や日本といった周辺国にも影響 

この砂漠化の拡大の影響で、北京やソウルまでも砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂の嵐に襲われています。さらに厄介なのは、この黄砂には炭素、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩などの有害物質を含むPM2.5を混じっているのです。

実は、この中国砂漠化の影響は日本にも及んでいるのです。詳しくはこちらをご覧ください。
  ▶▶▶ 中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

中国砂漠化3

「この中国の砂漠化はもう手遅れ・・・近い将来、人が住むことのできない大国になる」という説まであるのが現状です。
そうなると、日本にも当然大きな影響があるはずです。何とかして欲しいものです。

 ★ 中国関連一覧はこちら

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 日本代表メンバー

    サッカー日本代表メンバーはハリルから西野新監督でどう変わった?

    ロシアFIFAワールドカップ(2018年6月14日~7月15日)までついに1ヶ月をきりましたね。
  2. 東京オリンピック日本代表チームとW杯日本代表チームはどう違うの?

    森保一監督の元、大幅に若返った現在のサッカー日本代表チームですが、先日のキリンチャレンジカップ201...
  3. 中国人の同姓の多さ

    なぜか同姓の人が多い中国

    中国人には同じ姓の人が多いのですが、今回はどんな苗字の人がどれ位いるのか調べてみまし...
  4. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています・そこ...
  5. 風力発電

    エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  6. ネイマール メッシ ロナウド

    W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

    連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの...
  7. Jクラブチームの収入源

    Jクラブチームの収入源とその収入は?

    Jクラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガン...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. シャッター街
  3. 国会議員の給与2
  4. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  2. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  5. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。