日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

中国砂漠化

中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。しかし、地球温暖化が進行する中、近年この中国の砂漠化は急速に進行しています。
そこで今回は「中国の砂漠化」について詳しく見てみました。

日本と同じ広さが約11年で砂漠化

中国の砂漠は、日本の国土の約1/11に当たる3,367km²のペースで増加し続けており、すでに多くの村や集落が砂に飲み込まれているそうです。特に、内モンゴル自治区から甘粛省にかけて広がるトングリ砂漠は年々拡大を続け、周辺の砂漠と徐々に一体となり、さらに砂漠化を加速しているそうです。
この砂漠化は、家畜の放牧や森林の伐採、地下水の過剰な取水など人為的な行為が原因だそうです。

また、砂漠化の進行とともに、湖や河川も消滅しつつあります。陝西省にある中国最大の砂漠淡水湖は、1969年には67km²もの面積を誇っていたが、現在では半分以下の31.51km²にまで縮小しているそうです。この湖の縮小は2000年ごろから加速し、近年では年1km²のペースで縮小しているそうです。
この影響で湖水のpH値は9.6にも達し、魚が生存できるレベルを大きく超えてしまい、これまで住んでいた魚類が絶滅の危機を迎えているといいます。

中国砂漠化2

韓国や日本といった周辺国にも影響 

この砂漠化の拡大の影響で、北京やソウルまでも砂漠の砂が春先の偏西風に乗って飛来する黄砂の嵐に襲われています。さらに厄介なのは、この黄砂には炭素、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩などの有害物質を含むPM2.5を混じっているのです。

実は、この中国砂漠化の影響は日本にも及んでいるのです。詳しくはこちらをご覧ください。
  ▶▶▶ 中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

中国砂漠化3

「この中国の砂漠化はもう手遅れ・・・近い将来、人が住むことのできない大国になる」という説まであるのが現状です。
そうなると、日本にも当然大きな影響があるはずです。何とかして欲しいものです。

 ★ 中国関連一覧はこちら

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. ADHD1

    「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」って何?

    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  2. 駒澤大学体育会サッカー部

    駒澤大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、1931年に創部され90年近い歴...
  3. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  4. 貧困

    日本の貧困率は先進国でも高水準だが、今後は更に上昇?

    よく日本は先進国の中でも貧困率が高く、実は「6人~7人に1人が貧困ラインを下回っている」という...
  5. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  6. でたらめ政策アベノミクス

    でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする

    安倍政権はことあるごとに「戦後2番目の長さ景気拡大」や「日経平均のバブル崩壊後の高値更新」を謳い、自...
  7. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...

Ad

人気の記事

  1. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  2. トランプ政権と東アジア問題
  3. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...