東京オリンピックで新設する6つの都立競技施設

オリンピック施設

2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。
そこで今回は、今回のオリンピックを機に東京都が新設する6施設について詳しく見てみました。

総額建設費は計2,241億円

新設するのは、以下の6施設です。

1.アクアティクスセンター:水泳会場
2.アーチェリー会場
3.カヌー・スラローム会場
4.有明アリーナ:バレーボール会場
5.森水上競技場:ボート、カヌー会場
6.大井ホッケー会場

これら6つの施設の総額建設費は、圧縮されてもなお計2,241億円に上ります。

東京オリンピック新設施設

有明アリーナ

完成後の運営収益は5施設が赤字

これらの新設施設は、巨額を投じ建設してもオリンピック後の利用が順調に進まなければ、維持費がかさみ都財政の重荷となります。
そこで、これら6施設のオリンピック後の利用計画と見てみると・・・、
6施設のうち、バレーボール会場の有明アリーナ(江東区)以外の5施設が赤字運営となる見込みです。大会後を見据え、収益向上や維持管理の効率化が重要な課題ですね。

特に、臨海部で建設中の海の森水上競技場は、2,000メートル8レーンのコースを備えた国内最高峰の水上競技施設で、当初の建設予定費は491億円と巨額。しかし、その後建設コストがやり玉に挙げられ、見直し検討の対象となり、施設構造の修正などでコスト圧縮を図りましたが、・・・それでも298億円。
都は、大会後の来場者目標を年間約35万人に設定していますが、日本国内のボート競技人口はたったの9,000人足らず。都の担当者は、「国内外の大会誘致や、隣接する公園との一体利用などを促す考えで、決して無理な数字ではない」と言っていますが・・・、都の有識者会議では一部の委員が「過大な期待は難しい。身の丈に合った計画でやるべきだ」と指摘しています。

森水上競技場

収益向上へ工夫必要

また、6施設の中でオリンピック後の赤字額が最も大きいのが水泳会場のアクアティクスセンター(江東区)です。都は、大会後にワールドカップやアジア選手権などを開催したり、都民の健康づくりの場として開放したりして年100万人の動員を目指すが、プールの水質維持などに費用が掛かり、毎年6億3,800万円の赤字に陥ると試算しています。
一方、唯一黒字が予定されている有明アリーナでは、施設の運営権を民間に売却する「コンセッション方式」を検討しているそうです。

アクアティクスセンター

このように巨額の建設費や維持費がかかる大型スポーツ施設は、ただ器を作って終わりではなく、今後は民間の商業施設などと連携を図る等、もっと人を呼び込む仕掛けづくりが必要なようです。

  ▶▶▶ 2020東京オリンピックが失敗に終わる理由
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
  ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
  ▶▶▶ 東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

Ad

意外な事実

  1. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  2. 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

    以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日...
  3. 自衛隊機の緊急発進が中国の軍事脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  4. 外国人の住民が多い東京の区は?

    以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...
  5. 麻生太郎1

    とてもエリートには見えないが、実は超エリートの麻生太郎

    最近、森友学園問題や財務省事務方トップの福田事務次官セクハラ疑惑などでテレビでよく見かける麻生財務大...
  6. 原発事故処理

    原発事故処理費用と世界の自然災害被害総額は同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  7. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...

Ad

人気の記事

  1. 新国立競技場
  2. 関西大北陽高校サッカー部
  3. スティーブン・バノン
  4. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  5. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。