東京オリンピックで新設する6つの都立競技施設

オリンピック施設

2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。
そこで今回は、今回のオリンピックを機に東京都が新設する6施設について詳しく見てみました。

総額建設費は計2,241億円

新設するのは、以下の6施設です。

1.アクアティクスセンター:水泳会場
2.アーチェリー会場
3.カヌー・スラローム会場
4.有明アリーナ:バレーボール会場
5.森水上競技場:ボート、カヌー会場
6.大井ホッケー会場

これら6つの施設の総額建設費は、圧縮されてもなお計2,241億円に上ります。

東京オリンピック新設施設

有明アリーナ

完成後の運営収益は5施設が赤字

これらの新設施設は、巨額を投じ建設してもオリンピック後の利用が順調に進まなければ、維持費がかさみ都財政の重荷となります。
そこで、これら6施設のオリンピック後の利用計画と見てみると・・・、
6施設のうち、バレーボール会場の有明アリーナ(江東区)以外の5施設が赤字運営となる見込みです。大会後を見据え、収益向上や維持管理の効率化が重要な課題ですね。

特に、臨海部で建設中の海の森水上競技場は、2,000メートル8レーンのコースを備えた国内最高峰の水上競技施設で、当初の建設予定費は491億円と巨額。しかし、その後建設コストがやり玉に挙げられ、見直し検討の対象となり、施設構造の修正などでコスト圧縮を図りましたが、・・・それでも298億円。
都は、大会後の来場者目標を年間約35万人に設定していますが、日本国内のボート競技人口はたったの9,000人足らず。都の担当者は、「国内外の大会誘致や、隣接する公園との一体利用などを促す考えで、決して無理な数字ではない」と言っていますが・・・、都の有識者会議では一部の委員が「過大な期待は難しい。身の丈に合った計画でやるべきだ」と指摘しています。

森水上競技場

収益向上へ工夫必要

また、6施設の中でオリンピック後の赤字額が最も大きいのが水泳会場のアクアティクスセンター(江東区)です。都は、大会後にワールドカップやアジア選手権などを開催したり、都民の健康づくりの場として開放したりして年100万人の動員を目指すが、プールの水質維持などに費用が掛かり、毎年6億3,800万円の赤字に陥ると試算しています。
一方、唯一黒字が予定されている有明アリーナでは、施設の運営権を民間に売却する「コンセッション方式」を検討しているそうです。

アクアティクスセンター

このように巨額の建設費や維持費がかかる大型スポーツ施設は、ただ器を作って終わりではなく、今後は民間の商業施設などと連携を図る等、もっと人を呼び込む仕掛けづくりが必要なようです。

  ▶▶▶ 2020東京オリンピックが失敗に終わる理由
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
  ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
  ▶▶▶ 東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

Ad

意外な事実

  1. 難民

    移民の増加で崩壊する欧州の社会

    条約で移民の受け入れが義務化されている欧州には、毎年60万人の難民が押し寄せているそうです。
  2. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  3. チャプマン

    ツーシームとフォーシームの違い

    最近テレビでMLB野球を見ていると、よくピッチャーの投げる球種の解説で「ツーシーム」とか「フォーシー...
  4. インフルエンザと普通の風邪は、どう違う?

    先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  5. 財政破綻

    平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

    2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。
  6. 唐辛子

    とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?

    最近の東京は、梅雨明けとともに猛暑が続き夏バテ気味の人も多いのでは? そんな時にはとうがら...
  7. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。

Ad

人気の記事

  1. 安倍総理の外遊
  2. 関西大北陽高校サッカー部
  3. 関東第一高校サッカー
  4. トランプ政権と東アジア問題
  5. 藤枝東高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  5. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...