メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

大谷翔平選手

大リーグのロサンゼルス・エンジェルスでメジャーリーグデビューを果たした二刀流の大谷翔平選手。投手としては160km越えの速球とキレの良いスプリットを武器に、開幕以来2戦2勝と好調にスタートを切りましたね。
ところで、大谷翔平選手の速球って大リーグの中ではどのくらいのレベルにあるのでしょうか?
今回はこの辺のところを調べてみました。

大谷翔平の速球は大リーグでもトップレベル

大谷翔平選手のこれまでの最速スピード記録は、日本ハム時代の2016年に記録した「165キロ」です。これは2位のマーク・クルーン選手の162キロを大きく上回る日本のプロ野球のトップ記録です。

大谷翔平1

では、この165キロはメジャーリーグのランキングで考えると何位に位置するのでしょうか?

下の表は、MLB公式サイトのデータをもとに作成した「メジャーリーグの投手の最速ランキングトップ10」です。

  選手名 球速
(キロ)
球速
(マイル)
所属チーム
1 Chapman, Aroldis 167.9 104.3 ヤンキース
2 Rivero, Felipe 165.1 102.6 パイレーツ
3 Kelly, Joe 164.5 102.2 レッドソックス
4 Diaz, Edwin 163.8 101.8 マリナーズ
5 Rosenthal, Trevor 163.7 101.7 カージナルズ
6 Montas, Frankie 163.5 101.6 アスレチックス
7 Romero, Enny 163.3 101.5 ナショナルズ
7 Herrera, Kelvin 163.3 101.5 ロイヤルズ
9 Alcantara, Sandy 163.2 101.4 マーリンズ
10 Kimbrel, Craig 162.9 101.2 レッドソックス

これで見ると、大谷選手が日本で記録した最速165キロは、堂々3位です。
いやー、本当に大谷選手の球ってワールドトップクラスのスピードなんですね。

実は、ランキング1位のアロルディス・チャップマン(Chapman, Aroldis)選手は、2010年のシーズンに球速169.14キロ(105.1マイル)を記録し、ギネス記録にもなっているのです。この投手、普段から163-5キロぐらいの速球を投げているそうです。上には上がいますね。

アロルディス・チャップマン

<世界最速投手チャップマンのプロフィール>
名前: アロルディス・チャップマン
生年月日:1988年2月28日
出身地:キューバ
身長:193センチ
体重 :96.2キロ
投打:左投げ左打ち
経歴:ニューヨーク・ヤンキース(現在)

大谷選手はまだ23歳と若く、これからまだまだ球速が伸びそうなので、ちかいうちに170キロ超えでギネス記録を目指して頑張ってもらいたいです。

  ▶▶▶ 大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較
  ▶▶▶ イチロー選手のこれまでの活躍とその引退はいつ?

Ad

意外な事実

  1. キャビンアテンダントの出身大学

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  2. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  3. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  4. 中国砂漠化

    日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

    中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。
  5. 大津高校 サッカー

    大津高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTから残念ながら昨年プリンスリーグに...
  6. ヒットラー

    えっ、ドイツに大統領っていたの?

    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  7. 関東第一高校サッカー

    関東第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    関東第一高校サッカー部は、2007年の高校総体に初出場し、その後2015年の2度目の高校総体出場でベ...

Ad

人気の記事

  1. 白人比率の低下
  2. 青森山田
  3. 教育にカネを使わない国ニッポン

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  3. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。