メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

大谷翔平3

大リーグのロサンゼルス・エンジェルスでメジャーリーグデビューを果たした二刀流の大谷翔平選手。投手としては160km越えの速球とキレの良いスプリットを武器に、開幕以来2戦2勝と好調にスタートを切りましたね。
ところで、大谷翔平選手の速球って大リーグの中ではどのくらいのレベルにあるのでしょうか?
今回はこの辺のところを調べてみました。

大谷翔平の速球は大リーグでもトップレベル

大谷翔平選手のこれまでの最速スピード記録は、日本ハム時代の2016年に記録した「165キロ」です。これは2位のマーク・クルーン選手の162キロを大きく上回る日本のプロ野球のトップ記録です。

大谷翔平1

では、この165キロはメジャーリーグのランキングで考えると何位に位置するのでしょうか?

下の表は、MLB公式サイトのデータをもとに作成した「メジャーリーグの投手の最速ランキングトップ10」です。

  選手名 球速
(キロ)
球速
(マイル)
所属チーム
1 Chapman, Aroldis 167.9 104.3 ヤンキース
2 Rivero, Felipe 165.1 102.6 パイレーツ
3 Kelly, Joe 164.5 102.2 レッドソックス
4 Diaz, Edwin 163.8 101.8 マリナーズ
5 Rosenthal, Trevor 163.7 101.7 カージナルズ
6 Montas, Frankie 163.5 101.6 アスレチックス
7 Romero, Enny 163.3 101.5 ナショナルズ
7 Herrera, Kelvin 163.3 101.5 ロイヤルズ
9 Alcantara, Sandy 163.2 101.4 マーリンズ
10 Kimbrel, Craig 162.9 101.2 レッドソックス

これで見ると、大谷選手が日本で記録した最速165キロは、堂々3位です。
いやー、本当に大谷選手の球ってワールドトップクラスのスピードなんですね。

実は、ランキング1位のアロルディス・チャップマン(Chapman, Aroldis)選手は、2010年のシーズンに球速169.14キロ(105.1マイル)を記録し、ギネス記録にもなっているのです。この投手、普段から163-5キロぐらいの速球を投げているそうです。上には上がいますね。

アロルディス・チャップマン

<世界最速投手チャップマンのプロフィール>
名前: アロルディス・チャップマン
生年月日:1988年2月28日
出身地:キューバ
身長:193センチ
体重 :96.2キロ
投打:左投げ左打ち
経歴:ニューヨーク・ヤンキース(現在)

大谷選手はまだ23歳と若く、これからまだまだ球速が伸びそうなので、ちかいうちに170キロ超えでギネス記録を目指して頑張ってもらいたいです。

  ▶▶▶ 大谷翔平と田中将大のメジャーリーグでの対決はいつ?
  ▶▶▶ 大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

関連記事

Ad

意外な事実

  1. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  2. 北方四島

    北方四島の問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?

    これまで、日本の大半の温泉やプールなどでは、昔からのマイナスイメージの強さから、「入...
  5. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  6. 中国人の同姓の多さ

    なぜか同姓の人が多い中国

    中国人には同じ姓の人が多いのですが、今回はどんな苗字の人がどれ位いるのか調べてみまし...
  7. 核兵器保有国

    核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    先日、アメリカ・トランプ政権は、オバマ前政権による「核なき世界」の方針から大きく転換し、抑止力を高め...

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. 世界の人口ピラミッド_
  3. 蔵王山も火山活動
  4. 中国の街の雑踏

ピックアップ記事

  1. 最近は街中のお店で、クレジットカード以外にも楽天EDYやSUICAなどの電子マネーが...
  2. 来月の9/18は「敬老の日」です。
  3. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  4. スマホが普及し、電車の中や駅のベンチで本を読む人の姿を見かけなくなりました。
  5. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...