平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

財政破綻

2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。平成が始まった1989年度と比べて30年で約1.6倍です。
一方でいわゆる「国の借金」は4.7倍に膨れ上がりました。
そこで今回は、その政府予算額の内訳の変化について詳しく見てみました。(データ出典:日経新聞HP)

社会保障費が約3倍に増大

30年間で1.6倍にも膨れ上がった政府予算額ですが、実はこの間の日本の実質GDPは1.3倍程度しか伸びていないのです。つまり、国自体の赤字経営を30年間も続けてきたことと同じですね。その結果が1200兆円を超える「国の借金」です。

さて、下のグラフは1989年度と2018年度の日本の国家予算の歳出構成を比較したものです。
30年前と比べて大きく増えている歳出は、高齢化の進む中で医療費を中心とした社会保障費で、歳出に占める割合は18%から33%にまで膨らみ、額にしてみると10兆円から30兆円にまで増えているのです。

また、借金返済にあてる国債費も、約2倍ほどに膨張しています。

30年間で1.6倍にも膨れ上がった政府予算額<社会保障費推移グラフ>

社会保障費推移

今後、ますます高齢化の進む中で65歳以上の人口も増え、この社会保障費は加速度的に増加すると言われています。政府はどうするつもりなんでしょうか?ほんと、恐ろしいですね。

次の時代の資産を創る公共事業費は低迷

一方、次の時代の資産を創る公共事業費は、公共事業費は89年度、歳出の10%を占めていましたが、その後90年代半ばにピークを迎え、2018年度には6%にまで縮小しました。

<公共事業費推移グラフ>

公共事業費推移

予算ベースでこの公共事業費に迫る規模になったのが、教育・科学関係費と防衛費です。2018年度予算案では、安倍政権が「人づくり革命」として力を入れる教育・科学関係費は89年度と比べ1.1倍の5.4兆円で約5000億円増、過去最高のを計上した防衛費は1.3倍の5.2兆円で約1兆3000億円増となっています。

「何も産まない」「何も残らない」社会保障費と国債費だけがどんどん増えていくこの日本はどうなってしまうのでしょうか・・・。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  2. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  3. CT

    レントゲンとCTとMRIの違いは?

    よく企業の健康診断や国民健康保険の定期検診の時、CTとかMRIという検査を受けますが、両者の違いをご...
  4. 神経内科

    神経内科と脳神経外科の違いは?

    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  5. オリンピックの経済波及効果

    2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  6. 高校サッカー選手権

    第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~東日本編

    今回は今年の1月に行われた「第96回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べ...
  7. でたらめ政策アベノミクス

    でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする

    安倍政権はことあるごとに「戦後2番目の長さ景気拡大」や「日経平均のバブル崩壊後の高値更新」を謳い、自...

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. 国会議員の給与2
  3. 市立船橋
  4. 青森山田

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  3. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  4. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  5. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。