平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

財政破綻

2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。平成が始まった1989年度と比べて30年で約1.6倍です。
一方でいわゆる「国の借金」は4.7倍に膨れ上がりました。
そこで今回は、その政府予算額の内訳の変化について詳しく見てみました。(データ出典:日経新聞HP)

社会保障費が約3倍に増大

30年間で1.6倍にも膨れ上がった政府予算額ですが、実はこの間の日本の実質GDPは1.3倍程度しか伸びていないのです。つまり、国自体の赤字経営を30年間も続けてきたことと同じですね。その結果が1200兆円を超える「国の借金」です。

さて、下のグラフは1989年度と2018年度の日本の国家予算の歳出構成を比較したものです。
30年前と比べて大きく増えている歳出は、高齢化の進む中で医療費を中心とした社会保障費で、歳出に占める割合は18%から33%にまで膨らみ、額にしてみると10兆円から30兆円にまで増えているのです。

また、借金返済にあてる国債費も、約2倍ほどに膨張しています。

30年間で1.6倍にも膨れ上がった政府予算額<社会保障費推移グラフ>

社会保障費推移

今後、ますます高齢化の進む中で65歳以上の人口も増え、この社会保障費は加速度的に増加すると言われています。政府はどうするつもりなんでしょうか?ほんと、恐ろしいですね。

次の時代の資産を創る公共事業費は低迷

一方、次の時代の資産を創る公共事業費は、公共事業費は89年度、歳出の10%を占めていましたが、その後90年代半ばにピークを迎え、2018年度には6%にまで縮小しました。

<公共事業費推移グラフ>

公共事業費推移

予算ベースでこの公共事業費に迫る規模になったのが、教育・科学関係費と防衛費です。2018年度予算案では、安倍政権が「人づくり革命」として力を入れる教育・科学関係費は89年度と比べ1.1倍の5.4兆円で約5000億円増、過去最高のを計上した防衛費は1.3倍の5.2兆円で約1兆3000億円増となっています。

「何も産まない」「何も残らない」社会保障費と国債費だけがどんどん増えていくこの日本はどうなってしまうのでしょうか・・・。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. でたらめ政策アベノミクス

    でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする

    安倍政権はことあるごとに「戦後2番目の長さ景気拡大」や「日経平均のバブル崩壊後の高値更新」を謳い、自...
  2. 大学

    大学淘汰の始まり「2018年問題」と国や地方自治体からの補助金

    現在、日本には764校の大学があり、完全に飽和状態にあると言われています。
  3. 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

    1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も、あと1年を切りました。
  4. カールマン・キング1

    世界で最も高価なSUV「カールマン・キング」

    ベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」といったラグジュアリーSUVが続々と発表される中...
  5. チーズの生産量

    チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

    みなさんは、「チーズの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?きっと多くの人は、...
  6. 首都東京

    戦後の日本の実質経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というも...
  7. 中国人を最も疑っているのは中国人

    みなさんは、中国人の言うことを信用しますか? 自分は、よほど親しい知りあいの中国...

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  2. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  5. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。