平成時代はラスト1年を切りましたが、次はいったい何時代?

元号1

平成も残すところあと1年。来年の4月30日に現天皇が生前退位し、翌日の5月1日、皇太子さまが新天皇に即位し、新元号に変わります。
そこで今回は、この日本固有の「元号」について調べてみました。

「元号」とは何?

「元号」は、中国をはじめ中国文化の影響を受けた漢字文化圏において、特定の年代に年を単位として付けられる年の呼び名。元号はもともと中国で生まれで、漢の武帝の時に「建元」と号したのが最古。日本では645年の「大化」がはじめとされる。
この元号、昔は天災・事変・祥瑞・即位などによって改めたが,明治以後一世一元と決められた。そして現在は、1979年(昭和54)制定の元号法により「皇位の継承があった場合に限り元号を改める」と規定されています。

元号は20世紀までは本家本元の中国やその周辺国(日本・朝鮮・ベトナム)で使用されていたが、元号を使用する各王朝が革命や併合で消滅(中国では1911年の辛亥革命で廃止)していったこともあって、現在では、世界で元号を使用している国は日本のみとなっている。

 

平成の次の新元号は2019年2月24日に公表?

来年の5月1日から使われる新元号の発表時期をめぐっては、政府は「白紙」としつつも、政府内では「改元まで間が空き過ぎると間延びする」「早い方がいいが、早過ぎてもよくない」といった意見が出ているといいます。

一方、元号が変わるとカレンダーを始め、鉄道会社の券売機、郵便の消印、住民票など、元号を使う官公庁や自治体、企業のコンピューターシステムの改修が必要なため、システム業界を始め「1日でも早く決めて欲しい」という声も多いようです。

このような状況のなか、陛下は2018年12月23日に天皇誕生日、2019年1月7日には即位30年を迎えられます。そして政府は2019年2月24日に即位30年を祝う記念式典の実施を予定しているため、巷では「その式典後に新元号を公表するのでは?」と予想する声が多いようです。

ちなみに、1989年1月7日の昭和天皇の崩御後の「昭和」から「平成」への改元は、なんと翌日の1月8日でした。

元号2

元号を社名に入れている企業の数は?

話はやや変わりますが、社名に明治、大正、昭和、平成と言った「元号」を冠した企業が全国にどのくらいあるのでしょうか?

明治以降の元号を社名に含む企業は全部で5109社。そのうち、「昭和」が2640社とほぼ半数を占めています。「平成」は二番目に多く1270社、「明治」は764社、「大正」は435社です。
自分の感覚では、「平成」が入った企業はあまり聞かないのでもっと少ないと思っていたのですが・・・、ちょっと意外でした。

また、会社設立が昭和以前なのに「平成」が入った企業は143社もありました。これらの企業の大半は、元号が平成に変わり、新たな時代の幕開けの流れに乗り、心機一転を込めて社名変更した企業のようです。

いずれにしろ、新元号が発表されれば、縁起をかついで企業名や商品名などに新元号を冠するものがたくさん出てくるのでしょう。

最後に参考までに、日本の元号一覧表を掲載します。
(出典:haruのデータルーム

元 号 読 み 方 使 用 年
大 化 たいか 645 - 649
白 雉 はくち 650 - 654
朱 鳥 しゅちょう 686
大 宝 たいほう 701 - 704
慶 雲 けいうん (きょううん) 704 - 707
奈 良 時 代
和 銅 わどう 708 - 714
霊 亀 れいき 715 - 716
養 老 ようろう 717 - 723
神 亀 じんき 724 - 728
天 平 てんぴょう 729 - 748
天平感宝 てんぴょうかんぽう 749
天平勝宝 てんぴょうしょうほう 749 - 756
天平宝字 てんぴょうほうじ 757 - 764
天平神護 てんぴょうじんご 765 - 766
神護景雲 じんごけいうん 767 - 769
宝 亀 ほうき 770 - 780
天 応 てんおう 781
平 安 時 代
延 暦 えんりゃく 782 - 805
大 同 だいどう 806 - 809
弘 仁 こうにん 810 - 823
天 長 てんちょう 824 - 833
承 和 じょうわ 834 - 847
嘉 祥 かしょう 848 - 850
仁 寿 にんじゅ 851 - 853
斉 衡 さいこう 854 - 856
天 安 てんなん (てんあん) 857 - 858
貞 観 じょうがん 859 - 876
元 慶 がんぎょう 877 - 884
仁 和 にんな 885 - 888
寛 平 かんぴょう 889 - 897
昌 泰 しょうたい 898 - 900
延 喜 えんぎ 901 - 922
延 長 えんちょう 923 - 930
承 平 じょうへい 931 - 937
天 慶 てんぎょう 938 - 946
天 暦 てんりゃく 947 - 956
天 徳 てんとく 957 - 960
応 和 おうわ 961 - 963
康 保 こうほう 964 - 967
安 和 あんな 968 - 969
天 禄 てんろく 970 - 972
天 延 てんえん 973 - 975
貞 元 じょうげん 976 - 977
天 元 てんげん 978 - 982
永 観 えいかん 983 - 984
寛 和 かんな 985 - 986
永 延 えいえん 987 - 988
永 祚 えいそ 989
正 暦 しょうりゃく 990 - 994
長 徳 ちょうとく 995 - 998
長 保 ちょうほう 999 - 1003
寛 弘 かんこう 1004 - 1011
長 和 ちょうわ 1012 - 1016
寛 仁 かんにん 1017 - 1020
治 安 じあん 1021 - 1023
万 寿 まんじゅ 1024 - 1027
長 元 ちょうげん 1028 - 1036
長 暦 ちょうりゃく 1037 - 1039
長 久 ちょうきゅう 1040 - 1043
寛 徳 かんとく 1044 - 1045
永 承 えいしょう 1046 - 1052
天 喜 てんぎ (てんき) 1053 - 1057
康 平 こうへい 1058 - 1064
治 暦 じりゃく 1065 - 1068
延 久 えんきゅう 1069 - 1073
承 保 じょうほう 1074 - 1076
承 暦 じょうりゃく 1077 - 1080
永 保 えいほう 1081 - 1083
応 徳 おうとく 1084 - 1086
寛 治 かんじ 1087 - 1093
嘉 保 かほう 1094 - 1095
永 長 えいちょう 1096
承 徳 じょうとく 1097 - 1098
康 和 こうわ 1099 - 1103
長 治 ちょうじ 1104 - 1105
嘉 承 かしょう (かじょう) 1106 - 1107
天 仁 てんにん 1108 - 1109
天 永 てんえい 1110 - 1112
永 久 えいきゅう 1113 - 1117
元 永 げんえい 1118 - 1119
保 安 ほうあん 1120 - 1123
天 治 てんじ 1124 - 1125
大 治 だいじ 1126 - 1130
天 承 てんしょう 1131
長 承 ちょうしょう 1132 - 1134
保 延 ほうえん 1135 - 1140
永 治 えいじ 1141
康 治 こうじ 1142 - 1143
天 養 てんよう 1144
久 安 きゅうあん 1145 - 1150
仁 平 にんぺい 1151 - 1153
久 寿 きゅうじゅ 1154 - 1155
保 元 ほうげん 1156 - 1158
平 治 へいじ 1159
永 暦 えいりゃく 1160
応 保 おうほう 1161 - 1162
長 寛 ちょうかん 1163 - 1164
永 万 えいまん 1165
仁 安 にんあん 1166 - 1168
嘉 応 かおう 1169 - 1170
承 安 しょうあん (じょうあん) 1171 - 1174
安 元 あんげん 1175 - 1176
治 承 じしょう 1177 - 1180
養 和 ようわ 1181
鎌 倉 時 代
寿 永 じゅえい 1182 - 1183
元 暦 げんりゃく 1184
文 治 ぶんじ 1185 - 1189
建 久 けんきゅう 1190 - 1198
正 治 しょうじ 1199 - 1200
建 仁 けんにん 1201 - 1203
元 久 げんきゅう 1204 - 1205
建 永 けんえい 1206
承 元 しょうげん (じょうげん) 1207 - 1210
建 暦 けんりゃく 1211 - 1212
建 保 けんぽう 1213 - 1218
承 久 じょうきゅう 1219 - 1221
貞 応 じょうおう 1222 - 1223
元 仁 げんにん 12224
嘉 禄 かろく 1225 - 1226
安 貞 あんてい 1227 - 1228
寛 喜 かんき (かんぎ) 1229 - 1231
貞 永 じょうえい 1232
天 福 てんぷく 1233
文 暦 ぶんりゃく 1234
嘉 禎 かてい 1235 - 1237
暦 仁 りゃくにん 1238
延 応 えんおう 1239
仁 治 にんじ 1240 - 1242
寛 元 かんげん 1243 - 1246
宝 治 ほうじ 1247 - 1248
建 長 けんちょう 1249 - 1255
康 元 こうげん 1256
正 嘉 しょうか 1257 - 1258
正 元 しょうげん 1259
文 応 ぶんおう 1260
弘 長 こうちょう 1261 - 1263
文 永 ぶんえい 1264 - 1274
建 治 けんじ 1275 - 1277
弘 安 こうあん 1278 - 1287
正 応 しょうおう 1288 - 1292
永 仁 えいにん 1293 - 1298
正 安 しょうあん 1299 - 1301
乾 元 けんげん 1302
嘉 元 かげん 1303 - 1305
徳 治 とくじ 1306 - 1307
延 慶 えんきょう 1308 - 1310
応 長 おうちょう 1311
正 和 しょうわ 1312 - 1316
文 保 ぶんぽう 1317 - 1318
元 応 げんおう 1319 - 1320
元 亨 げんこう 1321 - 1323
正 中 しょうちゅう 1324 - 1325
嘉 暦 かりゃく 1326 - 1328
元 徳 げんとく 1329 - 1330
南北朝時代
~ 南朝 ~
元 弘 げんこう 1331 - 1333
建 武 けんむ 1334 - 1335
延 元 えんげん 1336 - 1339
興 国 こうこく 1340 - 1345
正 平 しょうへい 1346 - 1369
建 徳 けんとく 1370 - 1371
文 中 ぶんちゅう 1372 - 1374
天 授 てんじゅ 1375 - 1380
弘 和 こうわ 1381 - 1383
元 中 げんちゅう 1384 -1392
南北朝時代
~ 北朝 ~
元 弘 げんこう 1331
正 慶 しょうけい (しょうきょう) 1332 - 1333
建 武 けんむ 1334 - 1337
暦 応 りゃくおう 1338 - 1341
康 永 こうえい 1342 - 1344
貞 和 じょうわ 1345 - 1349
観 応 かんおう 1350 - 1351
文 和 ぶんわ (ぶんな) 1352 - 1355
延 文 えんぶん 1356 - 1360
康 安 こうあん 1361
貞 治 じょうじ 1362 - 1367
応 安 おうあん 1368 - 1374
永 和 えいわ 1375 - 1378
康 暦 こうりゃく 1379 - 1380
永 徳 えいとく 1381 - 1383
至 徳 しとく 1384 - 1386
嘉 慶 かけい (かきょう) 1387 - 1388
康 応 こうおう 1389
明 徳 めいとく 1390 - 1391
室 町 時 代
明 徳 めいとく 1392 - 1393
1392年、南北合一
応 永 おうえい 1394 - 1427
正 長 しょうちょう 1428
永 享 えいきょう 1429 - 1440
嘉 吉 かきつ 1441 - 1443
文 安 ぶんあん 1444 - 1448
宝 徳 ほうとく 1449 - 1451
享 徳 きょうとく 1452 - 1454
康 正 こうしょう 1455 - 1456
長 禄 ちょうろく 1457 - 1459
寛 正 かんしょう 1460 - 1465
文 正 ぶんしょう 1466
応 仁 おうにん 1467 - 1468
文 明 ぶんめい 1469 - 1486
長 享 ちょうきょう 1487 - 1488
延 徳 えんとく 1489 - 1491
明 応 めいおう 1492 - 1500
文 亀 ぶんき 1501 - 1503
永 正 えいしょう 1504 - 1520
大 永 たいえい (だいえい) 1521 - 1527
享 禄 きょうろく 1528 - 1531
天 文 てんぶん 1532 - 1554
弘 治 こうじ 1555 - 1557
永 禄 えいろく 1558 - 1569
元 亀 げんき 1570 - 1572
天 正 てんしょう 1573 - 1591
文 禄 ぶんろく 1592 - 1595
江 戸 時 代
慶 長 けいちょう 1596 - 1614
元 和 げんな 1615 - 1623
寛 永 かんえい 1624 - 1643
正 保 しょうほう 1644 - 1647
慶 安 けいあん 1648 - 1651
承 応 しょうおう (じょうおう) 1652 - 1654
明 暦 めいれき 1655 - 1657
万 治 まんじ 1658 - 1660
寛 文 かんぶん 1661 ー 1672
延 宝 えんぽう 1673 - 1680
天 和 てんな 1681 - 1683
貞 享 じょうきょう 1684 - 1687
元 禄 げんろく 1688 - 1703
宝 永 ほうえい 1704 - 1710
正 徳 しょうとく 1711 - 1715
享 保 きょうほ (きょうほう) 1716 - 1735
元 文 げんぶん 1736 - 1740
寛 保 かんぽう 1741 - 1743
延 享 えんきょう 1744 - 1747
寛 延 かんえん 1748 - 1750
宝 暦 ほうれき 1751 - 1763
明 和 めいわ 1764 - 1771
安 永 あんえい 1772 - 1780
天 明 てんめい 1781 - 1788
寛 政 かんせい 1789 - 1800
享 和 きょうわ 1801 - 1803
文 化 ぶんか 1804 - 1817
文 政 ぶんせい 1818 - 1829
天 保 てんぽう 1830 - 1843
弘 化 こうか 1844 - 1847
嘉 永 かえい 1848 - 1853
安 政 あんせい 1854 - 1859
万 延 まんえん 1860
文 久 ぶんきゅう 1861 - 1863
元 治 げんじ 1864
慶 応 けいおう 1865 - 1867
近 現 代
明 治 めいじ 1868 - 1912
大 正 たいしょう 1912 - 1926
昭 和 しょうわ 1926 - 1989
平 成 へいせい 1989 -

 

  ▶▶▶ とてもエリートと見えないが、実は超エリートの麻生太郎
  ▶▶▶ 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク
  ▶▶▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 中学生・高校生の将来なりたい職業

    長ーい夏休みに入った中高生、明るい未来を夢見ながら毎日何して過ごしているのかなぁ。
  2. ヒアリ1

    猛毒を持つ危険生物「ヒアリ」の日本上陸は時間の問題?

    先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定外来生物にも指定...
  3. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  4. 核兵器保有国

    核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    先日、アメリカ・トランプ政権は、オバマ前政権による「核なき世界」の方針から大きく転換し、抑止力を高め...
  5. 夏の風物詩スイカは、あまり食べられていない事実

    ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
  6. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  7. 国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策

    先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃...

Ad

人気の記事

  1. 世界の人口ピラミッド_
  2. チャプマン
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  4. トランプ政権と東アジア問題
  5. 青森山田

ピックアップ記事

  1. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  2. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  3. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  4. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...