南北朝鮮統一の最大の阻害要因「統一費用」はいくら?

南北統一

今年の6月に行われると言われているトランプ大統領と金正恩委員長による米朝トップ会談。その内容も北朝鮮の「完全な非核化と制裁解除」さらには「南北統一の可能性とそのシナリオ」など、私達日本の将来にも大きく影響ものとなりそうです。
そこで今回は、この南北朝鮮統一の最大の阻害要因と言われている「統一のための費用」について調べてみました。

ドイツ統一をはるかに上回る統一費用

ご存知の通り、北朝鮮は70年もの間、金一族による世襲の独裁国家で、韓国とは政治体制も経済体制も異なっています。

仮に、この問題が「民主主義+資本主義経済」よる統一国家の設立という結論で落ち着いたとしても、「統一国家を作るための費用負担」という非常に大きな問題があります。

その費用は、東西ドイツ統合の場合「2兆ユーロ(280兆円)」と言われています。
(2014年にベルリン大学のクラウス・シュレーダー教授が発表)
シュレーダー教授の話では、この2兆ユーロは旧東ドイツの鉄道や道路、住宅などのインフラを再建・修理するために支出した費用、さらには2兆ユーロの約60%が統一後に新たな国民となった失業した市民への給付金や年金など社会保障関連に使われたそうです。

旧東ドイツの街

現在の日本の国家予算3年分にも及ぶこの莫大な費用を、かつての西ドイツは負担したのです。

南北朝鮮統一にかかる費用は、この東西ドイツ統合の費用「2兆ユーロ(280兆円)」を遥かに上回ると言われています。

南北朝鮮統一にかかる費用はドイツの約2倍

韓国のシンクタンクによると、南北統一にかかる費用は、5兆ドル(約550兆円)と試算されています。
これは、現在の韓国の国家予算の12年分です。この途方もない金額を韓国が負担することはできません。当然、アメリカも援助するつもりはさらさらないでしょう。

ちなみに、統一直前の旧東ドイツの人口は旧西ドイツの4分の1にすぎなかったのですが、北朝鮮の人口は韓国の2分の1もいます。また、1人当たりの国内総生産(GDP)は旧東ドイツが旧西ドイツの50%だったのですが、今の北朝鮮は韓国の6%にも及ばない非常に低い水準にあります。
このように南北朝鮮統一は東西ドイツ統一とは比べ物にならないほど、韓国の負担が大きいのです。

北朝鮮の農村生活

そのため、ただでさえ経済低迷であえいでいる韓国社会の世論は若い層を中心に「統一の必要性は認識しているものの急いで進める必要はない」とか「同じ民族だからと言って一つの国家である必要はない」といった南北統一に後ろ向きの意見が多くなってきているようです。

そのような中、韓国国内では「そもそも2国を引き裂いたのは日本。統一費用の半分は日本が負担しろ」という無茶苦茶な意見もあります。

世界の常識を無視した韓国人の言うことには、全く呆れ返ってしまいますね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています・そこ...
  2. 早稲田大学サッカー部

    早稲田大学サッカー部(ア式蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12校の中で有名私立大学である早稲田大学...
  3. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  4. インフルエンザと普通の風邪は、どう違う?

    先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  5. Jリーガーをたくさん輩出しているクラブ・高校・大学は?

    今年のJ1リーグは13節を終え、サンフレッチェ広島が11勝1敗1分と快調に飛ばしてい...
  6. 2025年問題

    避けて通れない「2025年問題」

    みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか? 最近はこの「2025年問題」という言葉...
  7. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...

Ad

人気の記事

  1. 安倍総理の外遊
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 青森山田
  4. 東京一極集中

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  3. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。