インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?

カップラーメン

みなさんは、「一人あたりのインスタントラーメン消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?

自分は・・・、インスタントラーメンをよく食べる一人暮らしの若者が多い「東京都」だと思いました。

ところが、東京都は46位でビリから2番めで、1位は意外にも青森県で全国平均の1.5倍以上なのです。
「若者が少なくインスタントラーメンなど食べるとは思えない高齢者が多い青森県が1位なの?」とみなさんも思うと思いますが・・・。

実は、雪が多い地域では保存食である干物の消費量が多いそうです。つまり、豪雪地帯で知られる青森県では干物同様にインスタントラーメンも保存食として好まれているようです。
また、青森県は一人あたりのラーメン店の数でも全国6位となっており、どうやら寒い青森では温かい食べ物であるラーメンそのものが好まれているようです。

ちなみに、一人あたりのインスタントラーメン消費量の上位県は、鳥取県、新潟県、富山県、山形県とみな雪の多い県となっています。

<一人あたりのインスタントラーメン消費量(2016年)>

順位 都道府県 消費量
1 青森県 9,227g
2 鳥取県 8,164g
3 新潟県 7,742g
4 富山県 7,634g
5 山形県 7,523g
6 高知県 6,950g
7 宮城県 6,711g
8 秋田県 6,679g
9 福島県 6,620g
10 佐賀県 6,560g
11 北海道 6,536g
12 大分県 6,484g
13 徳島県 6,472g
14 大阪府 6,438g
15 山口県 6,424g
16 岩手県 6,401g
17 島根県 6,315g
18 熊本県 6,232g
19 栃木県 6,227g
20 奈良県 6,148g
21 愛知県 6,102g
22 岡山県 6,088g
23 福岡県 6,073g
24 宮崎県 6,042g
25 愛媛県 5,918g
26 神奈川県 5,905g
27 広島県 5,877g
28 埼玉県 5,801g
29 鹿児島県 5,770g
30 石川県 5,724g
31 香川県 5,668g
32 京都府 5,637g
33 和歌山県 5,599g
34 群馬県 5,548g
35 長崎県 5,544g
36 静岡県 5,525g
37 福井県 5,518g
38 山梨県 5,487g
39 三重県 5,453g
40 千葉県 5,433g
41 茨城県 5,422g
42 岐阜県 5,340g
43 兵庫県 5,315g
44 長野県 5,283g
45 滋賀県 5,186g
46 東京都 4,931g
47 沖縄県 4,656g
  全国 6,123g

出典元:総務省の家計調査

ちょっと、意外な日本一でした。

  ▶▶▶ 1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?
  ▶▶▶ チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?
  ▶▶▶ 人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?
  ▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
  ▶▶▶ とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?

Ad

意外な事実

  1. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  2. オリンピックスポンサー

    東京オリンピックのスポンサー

    東京オリンピックまであと2年ちょっととなりましたね。
  3. 明治大学サッカー部

    明治大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12チームの中で有名私立大学である明治大...
  4. 原発事故処理

    原発事故処理費用と世界の自然災害被害総額は同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  5. 急速に中国化が進むアフリカ

    12億以上の人口を抱え、最後のフロンティアともいわれるアフリカ。
  6. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  7. 日中の国旗

    日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...

Ad

人気の記事

  1. 市立船橋
  2. 2020東京オリンピック
  3. 蔵王山も火山活動

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  3. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。