とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?

唐辛子

最近の東京は、梅雨明けとともに猛暑が続き夏バテ気味の人も多いのでは?
そんな時にはとうがらしを使った料理が夏バテ予防にいいそうです。何故かと言うと、とうがらしに含まれているカプサイシンは、胃液の分泌を促し、冷えた内臓を温めてくれるので、食欲が戻って夏バテからくる食欲不振を解消してくれるそうです。

さて、みなさんは「とうがらしの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?
自分は・・・、検討もつきませんでした。

調べてみると、意外や意外、なんと東京都が1位なのです!

とうがらし

でも、自分も長年東京に住んでいますが、とうがらしの畑など見たことありません。
さらに調べてみると、実は東京のとうがらしは主に伊豆諸島や小笠原諸島で作られているそうです。どうりで、東京に住んでいる自分たちには実感が湧かないはずです。

しかし、驚いたことに江戸時代には、新宿の先の甲州街道沿いがとうがらしの産地だったそうです。
また日本全体でも、かつては盛んに栽培されており、昭和38年ごろには年間7,000t(今の20倍以上)もの国内生産量があり、海外にも輸出していたそうです。
現在では、国産とうがらしは大きく生産量が減り、消費量のほとんどを輸入しているそうです。

ちょっと、意外な日本一でした。

▶▶▶ 人口当たりの犯罪発生率が日本一は、やはり大阪府!
▶▶▶ 人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?
▶▶▶ 献血率日本一は、なぜか北海道!?
▶▶▶ 1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?
▶▶▶ 人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?
▶▶▶ チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

Ad

意外な事実

  1. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  2. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  3. 新聞

    国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 財政破綻

    平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

    2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。
  5. 豪華観光列車の旅

    あこがれの豪華観光列車の旅

    今回は、東急が2016年11月に実施した「観光列車に関するアンケート」の結果をご紹介します。
  6. 屋久杉工芸品

    屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  7. 東京オリンピック日本代表チームとW杯日本代表チームはどう違うの?

    森保一監督の元、大幅に若返った現在のサッカー日本代表チームですが、先日のキリンチャレンジカップ201...

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  3. 青森山田

ピックアップ記事

  1. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  5. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...