とうがらしの生産量日本一は、なぜか東京都!?

唐辛子

最近の東京は、梅雨明けとともに猛暑が続き夏バテ気味の人も多いのでは?
そんな時にはとうがらしを使った料理が夏バテ予防にいいそうです。何故かと言うと、とうがらしに含まれているカプサイシンは、胃液の分泌を促し、冷えた内臓を温めてくれるので、食欲が戻って夏バテからくる食欲不振を解消してくれるそうです。

さて、みなさんは「とうがらしの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?
自分は・・・、検討もつきませんでした。

調べてみると、意外や意外、なんと東京都が1位なのです!

とうがらし

でも、自分も長年東京に住んでいますが、とうがらしの畑など見たことありません。
さらに調べてみると、実は東京のとうがらしは主に伊豆諸島や小笠原諸島で作られているそうです。どうりで、東京に住んでいる自分たちには実感が湧かないはずです。

しかし、驚いたことに江戸時代には、新宿の先の甲州街道沿いがとうがらしの産地だったそうです。
また日本全体でも、かつては盛んに栽培されており、昭和38年ごろには年間7,000t(今の20倍以上)もの国内生産量があり、海外にも輸出していたそうです。
現在では、国産とうがらしは大きく生産量が減り、消費量のほとんどを輸入しているそうです。

ちょっと、意外な日本一でした。

▶▶▶ ずわいがにの漁獲量日本一は、なぜか兵庫県!?
▶▶▶ 切り花類の出荷量日本一は、なぜか愛知県!?
▶▶▶ 人口10万人当たりの大学数日本一は、なぜか京都府!?
▶▶▶ 人口当たりの犯罪発生率が日本一は、やはり大阪府!
▶▶▶ 人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?
▶▶▶ 献血率日本一は、なぜか北海道!?
▶▶▶ 1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?
▶▶▶ 人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?
▶▶▶ チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

Ad

意外な事実

  1. ウィルスと細菌の違いは?

    しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。
  2. 女性議員比率

    各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  3. 日本と韓国でもめている主な問題は?

    最近、マスコミでは「日韓関係が戦後最悪」と連日報道しています。
  4. 在留外国人と移民はどう違う?

    最近、少子高齢化による日本の労働力不足と外国人労働者の受け入れ拡大が大きな話題になっていますね。
  5. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  6. 国民の新聞離れ

    ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに、新聞を読む人が減ってきているという話を...
  7. 北方四島

    北方領土問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。

Ad

人気の記事

  1. 神経内科
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 東福岡高校
  4. 中国北京の砂漠化

ピックアップ記事

  1. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  2. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  3. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  4. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  5. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。