2020東京オリンピックが失敗に終わる理由

新国立競技場

2020東京オリンピック開催まであと2年を切りましたね。
TVでは連日オリンピック関連の報道をしてますが・・・、全然盛り上がっていないと思いませんか?
きっと国民は連日の殺人的猛暑の中、みんな自分が生きるのに精一杯なんでしょう。
自分は以前から、「2020東京オリンピック開催は、無責任な政治家たちの犯罪的行為」だと思っています。
そこで、今回は自分がなぜ2020東京オリンピックが失敗すると考えているか説明します。

1964年当時とは人口構造が違う

前回の東京オリンピックが行われたのは高度成長期真っ盛りの1964年です。
世の中は多くの若者が溢れ、活気が溢れていた時代です。

下図は、その1964年当時と2020年時の日本の人口ピラミッドです。

まず、1964年当時です。
この時代は、チャレンジ精神に溢れスポーツに関心の高い10代~30代の若者が、国民全体のなんと54.6%も占めていたのです。逆に、スポーツとは縁のなさそうな65歳以上の高齢者は、6.1%しかいないのです。
これじゃー、国民一丸となって盛り上がるのは当たり前でしょう。当時自分はまだ4歳だったのでよくわかりませんが、きっと凄かったんでしょうね。

次に、2020年です。
10代~30代の若者の比率は29.9%で、65歳以上の高齢者の比率は28.4%です。
そうなんです、高度成長期と低成長期という時代背景だけでなく、人口構造が大きく異なっているのです。
これじゃー、いくらマスコミや政治家が騒ぎ立てようが、2020東京オリンピックは盛り上がりに欠けて当たり前でしょう。
多くの国民は老後の心配をし、オリンピックどころではないのです。開催地である東京はともかく、高齢者が多い地方では全く盛り上がらないのではないでしょうか?

1964年の東京オリンピックは「1兆円オリンピック」と呼ばれ1兆円前後の投資をしましたが、2020オリンピックはその倍以上の2兆円越えという莫大な投資です。
東京都では大会10年後の「2030年までの経済波及効果は32兆円で雇用創出は194万人」と言っていますが、きっと国民の多くは大会が終わったらすぐにオリンピックのことなど忘れてしまい、経済波及効果などほとんどないのではないでしょうか?

過去のオリンピックと比べても特異な2020東京

次に、ここ30年に行われた過去のオリンピック開催国の当時の人口構成を調べてみました。
下の表の若者比率は10代~30代の構成比、高齢者比率は65歳以上の構成比です。

開催年 開催都市 若者比率 高齢者比率
2016年 リオデジャネイロ ブラジル 49.2% 8.1%
2012年 ロンドン イギリス 38.2% 16.4%
2008年 北京 中国 49.2% 7.8%
2004年 アテネ ギリシャ 41.1% 18.1%
2000年 シドニー 豪州 43.4% 12.3%
1996年 アトランタ アメリカ 45.2% 12.5%
1992年 バルセロナ スペイン 46.9% 13.9%
1988年 ソウル 韓国 56.6% 4.7%
         
1964年 東京 日本 54.6% 6.1%
2020年 東京 日本 29.9% 28.4%

2020年の東京オリンピックは異常だと思いませんか?
日本のような若者比率と高齢者比率がほぼ同じような社会構造の中で行われたオリンピックなど過去にないのです。きっとごく一部の高齢者を除き、大半のお年寄りはオリンピックの競技など関心がないと思います。

日本のような高齢化社会で、「スポーツの祭典であるオリンピック」を開催すること自体無理があるのです。

まあ、日本のことだからオリンピックは上手く運営していくと思いますが・・・、国民は莫大な投資(=税金)に見合った見返りを得ることは出来ないでしょう。

  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
  ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックは失敗に終わる?

参考)過去のオリンピック開催国の開催当時の人口ピラミッド

■2016年 リオデジャネイロ(ブラジル)

10代~30代の若者の比率 49.2%
65歳以上の高齢者の比率 8.1%

■2012年 ロンドン(イギリス)

10代~30代の若者の比率 38.2%
65歳以上の高齢者の比率 16.4%

■2008年 北京(中国)

10代~30代の若者の比率 49.2%
65歳以上の高齢者の比率 7.8%

■2004年 アテネ(ギリシャ)

10代~30代の若者の比率 41.1%
65歳以上の高齢者の比率 18.1%

■2000年 シドニー(オーストラリア)

10代~30代の若者の比率 43.4%
65歳以上の高齢者の比率 12.3%

■1996年 アトランタ(アメリカ)

10代~30代の若者の比率 45.2%
65歳以上の高齢者の比率 12.5%

■1992年 バルセロナ(スペイン)

10代~30代の若者の比率 46.9%
65歳以上の高齢者の比率 13.9%

■1988年 ソウル(韓国)

10代~30代の若者の比率 56.6%
65歳以上の高齢者の比率 4.7%

 

Ad

意外な事実

  1. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  2. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています・そこ...
  3. 整骨院

    整骨院と接骨院ってどう違うの?

    最近、街を歩いていると、「整骨院」や「接骨院」と書かれた看板を、やたらたくさん見かけ...
  4. カップラーメン

    インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?

    みなさんは、「一人あたりのインスタントラーメン消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか...
  5. チーズの生産量

    チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

    みなさんは、「チーズの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?きっと多くの人は、...
  6. 急速に進む中国の高齢化と労働力不足

    なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると...
  7. 日本の技術貿易収支は3兆円以上の巨額な黒字

    総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...

Ad

人気の記事

  1. 関東第一高校サッカー
  2. 世界の人口ピラミッド_
  3. 市立船橋

ピックアップ記事

  1. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  2. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  3. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  4. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  5. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。