桐光学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

桐光学園高校サッカー

桐光学園高校サッカー部は、2007年の高校総体に初出場し、その後2015年の2度目の高校総体出場でベスト4進出を果たした。翌2016年、2017年、2018年と高校総体には4年連続出場、また全国高等学校サッカー選手権大会も2016年、2017年と2年連続出場するなど、新進気鋭の強豪チームです。

そんな桐光学園高校サッカー部の「2018年インターハイの登録メンバー20人の出身チーム(前登録チーム)」を調べてみました。

この桐光学園高校のチームは、神奈川県や東京の出身者中心で構成されていました。
結果は、以下の通りです。

出身チーム 人数
 FC多摩 3人
 桐光学園中 2人
 横浜F・マリノスJY 2人
 横浜F・マリノスJY追浜 2人
 GRANDE 2人

他9名はバラバラのチーム出身

以下に、選手一人ひとりの出身チームを記載してますので、ご興味のある方はご覧ください。

▼GK

選手名 学年 出身チーム
 宍戸 凜  桐光学園中
北村 公平 1 横浜F・マリノスJY追浜
丸山 拓郎 3 GRANDE
 桃井 玲  1  FC東京U-15むさし

▼DF

選手名 学年 出身チーム
 岡 孝樹  3  FC渋谷
 望月 駿介  3  FC多摩
 内田 拓寿  3  FC多摩
 金子 開研  3  横浜F・マリノスJY

▼MF

選手名 学年 出身チーム
 中村 洸太  2  東急Sレイエス
 中川 優  3  大豆戸FC
 松永 陽平  3  クラブ与野
 奈良坂 巧  1  CLUB TEATRO JY
 阿部 龍聖  3   FC多摩
 國谷 敦史  3  GRANDE
 田中 彰真  3  FC東京U-15むさし

▼FW

選手名 学年 出身チーム
 敷野 智大  3  桐光学園中
 鷲塚 蓮  3  平塚市立金旭中
 佐々木 ムライヨセフ  横浜F・マリノスJY追浜
 西牧 蓮  横浜FC鶴見
 西川 潤  横浜F・マリノスJY

  ▶▶▶ 第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~東日本編
  ▶▶▶ 第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~西日本編

  ▶▶▶ 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)
  ▶▶▶ 流通経済大学付属柏高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)
  ▶▶▶ 富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)
  ▶▶▶ 阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)
  ▶▶▶ 米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)
  ▶▶▶ 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

⇒ 大学サッカー版はこちら

Ad

意外な事実

  1. プロ野球

    今年のプロ野球選手の年俸ベスト30は?

    日本のプロスポーツの中で最も年俸が高いと言われるプロ野球選手。
  2. 難民

    移民の増加で崩壊する欧州の社会

    条約で移民の受け入れが義務化されている欧州には、毎年60万人の難民が押し寄せているそうです。
  3. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  4. 貧困

    日本の貧困率は先進国でも高水準だが、今後は更に上昇?

    よく日本は先進国の中でも貧困率が高く、実は「6人~7人に1人が貧困ラインを下回っている」という...
  5. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  6. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  7. 電磁パルス攻撃

    北朝鮮の核兵器による電磁パルス攻撃の脅威

    私たちは核兵器と聞くと広島、長崎の惨禍のように核爆発で生じる熱線、爆風そして放射線に...

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. 2025年問題
  3. 桐光学園高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  3. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  4. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  5. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。