地球温暖化問題、女より男の方が関心が高い!

 

いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。

ところで、この夏政府は「地球温暖化問題」に関する世論調査を行ったようです。
その調査概要は以下の通りです。

 ・調査対象  全国18歳以上の日本国籍を有する者
 ・調査時期  平成28年7月28日~8月7日
 ・有効回収数 1,816人
 ・調査方法  調査員による個別面接聴取法

その結果は・・・、
お年寄りから若者まで非常に幅広い層が地球温暖化問題に関心を持っていました!

 

■ 日本人の87.2%が地球温暖化問題に関心あり!

下のグラフでもわかる通り、「男性」や「40-60歳代」そして「大都市部」で関心が高くなっています。
また、「女性より男性の方が関心が高い」という結果は以外でした。

調査終了後の8,9月のさらなる異常気象続きだったので、現在では国民の地球温暖化問題に関心は、さらに高まっているかも知れませんね。

%e5%9b%b31


■影響への心配ごとは・・・ 「自然災害の増加」「農作物への悪影響」!

「わが国でも,すでに地球温暖化による猛暑や豪雨などが観測されており,将来にわたって自然や人間生活に様々な影響を与えることが予測されています。あなたは,どのような影響を問題だと感じますか。この中からいくつでもあげてください。」

という質問では・・・。

「洪水,高潮・高波などの自然災害が増加すること 」「農作物の品質や収量が低下すること」
と、一人ひとりの日常生活へすぐに影響することが高くなっています。

やはりみんな、「平穏な日々の生活が送れること」が願いなんですねぇ。

%e5%9b%b33


■明治初期から「東京の年間平均気温」は3℃も上昇!

下のグラフは、ここ140年ほどの「東京の年間平均気温の推移」で、グラフのスタートは1876年は明治9年です。

このグラフを見ると・・・、
年ごとの上下バラつきはあるものの、完全に右上がり(=温暖化)ですね!
明治初期の14℃ぐらしから、現在では・・・17℃弱。つまり、「東京の年間平均気温」はすでに3℃近くも上昇しているようです。

自分は、今から55年ほど前、北海道の釧路に生まれ、その後神奈川の湘南で育ち、ここ30年は東京で生活していますが・・・、
やはり首都圏の気候も、この地球温暖化の影響を受けてなのか、随分荒々しさが増してきているような気がします。
                <東京の年間平均気温の推移(℃)>

%e5%9b%b3%ef%bc%94


  *データの出典

   ・内閣府HP:地球温暖化対策世論調査
   ・気象庁HP:東京の年間平均気温の推移

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  2. 交通事故死亡者数

    大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

    警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に...
  3. EEZ7

    領海・接続水域・排他的経済水域(EEZ)の違いは?

    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  4. 国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  5. 内閣不信任決議案って何?

    そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  6. 自動運転車に対する期待と不安

    最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  7. 高齢ドライバー事故

    高齢ドライバーの驚きの現状

    集団登校の小学生の列や街の商店に車が突っ込んだり、高速道路を気づかずに逆走したり、...

Ad

人気の記事

  1. 藤枝東高校サッカー
  2. 青森山田
  3. 高齢ドライバー事故
  4. スティーブン・バノン
  5. トランプ政権と東アジア問題

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  3. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  4. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  5. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...