地球温暖化問題、女より男の方が関心が高い!

 

いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。

ところで、この夏政府は「地球温暖化問題」に関する世論調査を行ったようです。
その調査概要は以下の通りです。

 ・調査対象  全国18歳以上の日本国籍を有する者
 ・調査時期  平成28年7月28日~8月7日
 ・有効回収数 1,816人
 ・調査方法  調査員による個別面接聴取法

その結果は・・・、
お年寄りから若者まで非常に幅広い層が地球温暖化問題に関心を持っていました!

 

■ 日本人の87.2%が地球温暖化問題に関心あり!

下のグラフでもわかる通り、「男性」や「40-60歳代」そして「大都市部」で関心が高くなっています。
また、「女性より男性の方が関心が高い」という結果は以外でした。

調査終了後の8,9月のさらなる異常気象続きだったので、現在では国民の地球温暖化問題に関心は、さらに高まっているかも知れませんね。

%e5%9b%b31


■影響への心配ごとは・・・ 「自然災害の増加」「農作物への悪影響」!

「わが国でも,すでに地球温暖化による猛暑や豪雨などが観測されており,将来にわたって自然や人間生活に様々な影響を与えることが予測されています。あなたは,どのような影響を問題だと感じますか。この中からいくつでもあげてください。」

という質問では・・・。

「洪水,高潮・高波などの自然災害が増加すること 」「農作物の品質や収量が低下すること」
と、一人ひとりの日常生活へすぐに影響することが高くなっています。

やはりみんな、「平穏な日々の生活が送れること」が願いなんですねぇ。

%e5%9b%b33


■明治初期から「東京の年間平均気温」は3℃も上昇!

下のグラフは、ここ140年ほどの「東京の年間平均気温の推移」で、グラフのスタートは1876年は明治9年です。

このグラフを見ると・・・、
年ごとの上下バラつきはあるものの、完全に右上がり(=温暖化)ですね!
明治初期の14℃ぐらしから、現在では・・・17℃弱。つまり、「東京の年間平均気温」はすでに3℃近くも上昇しているようです。

自分は、今から55年ほど前、北海道の釧路に生まれ、その後神奈川の湘南で育ち、ここ30年は東京で生活していますが・・・、
やはり首都圏の気候も、この地球温暖化の影響を受けてなのか、随分荒々しさが増してきているような気がします。
                <東京の年間平均気温の推移(℃)>

%e5%9b%b3%ef%bc%94


  *データの出典

   ・内閣府HP:地球温暖化対策世論調査
   ・気象庁HP:東京の年間平均気温の推移

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 2025年問題

    避けて通れない「2025年問題」

    みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか? 最近はこの「2025年問題」という言葉...
  2. 化石海水

    “化石海水”って、何?

    先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞...
  3. 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

    先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  4. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  5. 社会インフラの老朽化問題

    日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  6. 日本のはじまり「飛鳥時代」ってどんな時代?

    よく日本人は「自分の国の歴史を知らない変わった民族」と言われていますが、もともと理科系出身の自分もま...
  7. 東京一極集中

    止まらない東京一極集中と進まない地方創生

    現在、東京都の人口は1,400万人弱。

Ad

人気の記事

  1. 桐光学園高校サッカー
  2. 東京一極集中
  3. 日本の借金

ピックアップ記事

  1. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  2. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  5. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...