献血率日本一は、なぜか北海道!?

献血車

よく駅で見かける献血車ですが、日本赤十字社によれば2016年度の全国の献血者数は約482万9千人で、献血者数を献血可能人口で割った「献血率」は5.7%で、20人弱に1人だそうです。

では、「献血率」が最も高い都道府県というと、どこを思い浮かべますか?

なぜか北海道がダントツで1位!

自分は・・・、若者が多い東京などの首都圏かなぁと思いましたが、以下の2016年度の都道府県別献血率を見てみると、東京都は5.7%で20位でした。
注目の1位は、理由はわかりませんがダントツの6.9%で「北海道」でした。昔の厳しい開拓者時代に培われた「助け合い精神」が、今でも道民の心の底に残っているのでしょうかぇ?

こう見てみると「献血率」には、目ぼしい地域特性はないように思われます。ただ、関東よりも関西の方が総じて高いようで、やはり関西人は「情に厚い」のでしょうかねぇ。
また、個人的には自分の出身地である神奈川県がワースト4とは・・・、悲しい気持ちになります。

  献血率
北海道 6.9
広島県 6.5
群馬県 6.4
大阪府 6.3
和歌山県 6.2
福島県 6.1
京都府 6.1
山梨県 6.0
高知県 6.0
長崎県 6.0
熊本県 6.0
栃木県 5.9
岡山県 5.9
大分県 5.9
宮崎県 5.9
新潟県 5.8
鳥取県 5.8
鹿児島県 5.8
東京都 5.7
佐賀県 5.7
福井県 5.6
山口県 5.6
福岡県 5.6
宮城県 5.5
秋田県 5.5
石川県 5.5
山形県 5.4
長野県 5.4
兵庫県 5.4
香川県 5.4
岩手県 5.3
富山県 5.3
愛知県 5.3
徳島県 5.3
沖縄県 5.3
青森県 5.2
愛媛県 5.2
千葉県 5.1
岐阜県 5.1
静岡県 5.1
奈良県 5.1
滋賀県 4.9
茨城県 4.8
神奈川県 4.7
三重県 4.6
埼玉県 4.5
島根県 4.5

データ出典元:日本赤十字社

出血を控える手術など医療技術の進歩で、予測に反して輸血用血液製剤の供給が減少に転じた。

1994年度からの年代別の献血者数の推移をみると、40歳代と50-60歳代が増加傾向にあるのに対して、16-19歳、20歳代、30歳代が減少しており、若い世代の献血離れが鮮明だ。特に、20歳代は1994年度の210万人から、2016年度は78万人と3分の1近くまで減少している。これは、少子化による人口減のスピードを上回るものだ。

深刻な若い世代の献血離れ!

次に世代別の献血者の動向を見てみると・・・、

ここ10年余りの間に、40歳代と50歳代以上が増加傾向にあるのに対して、16-19歳、20歳代、30歳代が大幅に減少しており、若い世代の献血離れが鮮明となっています。
日本赤十字社によれば、「出血を控える手術など医療技術の進歩で、予測に反して輸血用血液製剤の供給が減少に転じたため、当面は現在の献血率(5.7%)を維持すれば大丈夫。」と言っていますが、今後の少子高齢化の急進展を考えると、この「若い世代の献血離れ」に対して早めに手を打たなければまずいのではないでしょうか?

みなさんは、どう思いますか?

▶▶▶ 人口当たりの犯罪発生率が日本一は、やはり大阪府!
▶▶▶ 人口当たりのパチンコ店が日本一多いは、なぜか鹿児島県!?
▶▶▶ 1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?
▶▶▶ 人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?
▶▶▶ マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?
▶▶▶ 
インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?
▶▶▶ チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

Ad

意外な事実

  1. 有給休暇

    有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  2. 少子高齢化の進行で悲惨な末路をたどる郊外ベッドタウン

    誰にもどうすることもできない「少子高齢化の進行」ですが、そんな中で日本の高度成長を支えた東京の「...
  3. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  4. ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

    電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  5. 中学生・高校生の将来なりたい職業

    長ーい夏休みに入った中高生、明るい未来を夢見ながら毎日何して過ごしているのかなぁ。
  6. 有名スポーツ選手の体脂肪率

    有名スポーツ選手の体脂肪率はいくつ?

    よく「太っているか、痩せているか」という指標にされる体脂肪率。
  7. イチロー1

    イチロー選手のこれまでの実績とその引退はいつ?

    今年でプロ野球生活26年で45歳をむかえ、引退の声もちらほら聞こえてくる「イチロー」選手。

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. 中国北京の砂漠化
  3. 米国大統領のスキャンダル
  4. 黒湯

ピックアップ記事

  1. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  2. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  3. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  4. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  5. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。