エネルギー自給率、日本はどの程度?

現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。
しかしながら、国内の原油や天然ガスなどの化石エネルギー資源が非常に乏しく、使用しているエネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っている状況です。

そこで今回は、日本だけではなく他の主要国を含め、エネルギー自給状況について詳しく調べて見ました。

日本のエネルギー自給率は1割以下!

下のグラフは、OECD加盟35カ国の2015年時点でのエネルギー自給率とそれぞれの国ごとの資源の構成です。(データ出典:経産省HP

見ての通り、日本のエネルギー自給率は他国に比べ極端に低く、7.4%(2016年は8.3%)でワースト2です。
実は福島原発事故以前の日本の自給率は20%以上だったのですが、事故後停止している原発が多いため、現在のような数字になっているのです。

日本以外の他の主要先進国を見てみると・・・、
アメリカ 92.2%
イギリス 65.8%
フランス 55.9% 
ドイツ  38.8%
原子力依存型のフランスや急速に再生可能エネルギーに移行しつつあるドイツなど、国ごとに特徴はあるものの、各国とも日本とは比較にならないほど高い自給率ですね。

まじで日本って、ヤバくない?

どこから輸入しているのか?

2016年度時点で、日本のエネルギー資源の構成比は・・・、
石油 39.7%
LNG 23.8%
石炭 25.4%

となっており、いわゆる化石燃料が約9割を占めています。

また、その輸入元はというと・・・、
原油 → 約9割が中東
LNG → オーストラリア、東南アジア、中東
石炭 → オーストラリア(8割弱)

となっており、やはり未だに「中東で何か」があるとヤバイ状態にあるのが今の日本です。
この50年の間にもう少しなんとかできなかったのでしょうか?

(データ出典:経産省HP

 

再生可能エネルギーへの主要国の取り組み

下のグラフは先進主要国のエネルギー源の内訳です。(データ出典:経産省HP

これを見ると欧州各国に比べ、日本の「再生可能エネルギー比率」の低さが一目瞭然です。

福島原発事故以降も日本政府は「様々な理由」をつけ、原発再稼働に向かっています。日本はフランスのように地震のない国ではないんだから。また「想定外」の地震が起きて原発が壊れたら、誰が責任取るの?
いい加減、利権争いや責任の押し付け合いをやめ、「原発ゼロ」に大きく舵を切って欲しいものです。

以下は主要国のエネルギー&環境政策の現状です。

■イギリス
環境問題対策として、CO2を排出しない電源である再生可能エネルギーと原子力発電を推進。ただ、太陽光発電や風力発電などは、日照時間が短い、風が弱いといった自然条件によって、望むような発電量が出せない可能性があるため調整電源(バックアップとして準備しておく電源)としての火力発電を活用する。

■アメリカ
再生可能エネルギーの拡大や原子力発電の利用推進に加え、シェール革命を受けた天然ガスの生産・消費を増加させていく方針です。オバマ政権下では、脱石炭火力の方向性が打ち出されていましたが、トランプ大統領に代わり、パリ協定からの脱退表明がなさ、現在エネルギー政策模索中。

■ドイツ
再生可能エネルギーを拡大する一方、福島原発事故を期に原子力発電の全廃を進めています。
  ▶▶▶ エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

■中国・インド
現時点では両国とも石炭火力発電が主要な電源になっているが、将来はともに再生可能エネルギー、原子力発電を拡大する方針です。

このように各国ともにおかれている状況に応じてそれぞれのエネルギー政策を取ってきていますが、いずれも再生可能エネルギーを急速に拡大していく方向です。

自民党もいい加減「原発政策」の幕を引き、これからの時代にふさわしいエネルギー基本政策に移行して欲しいものです。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  2. 有名スポーツ選手の体脂肪率

    有名スポーツ選手の体脂肪率はいくつ?

    よく「太っているか、痩せているか」という指標にされる体脂肪率。
  3. 大谷翔平

    大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較

    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  4. 有給休暇

    有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  5. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急...
  6. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  7. 風力発電

    エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. メガバンク
  3. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  3. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...