平成元年ってどんな年だったんだろう?

あと3ヶ月もすれば「平成時代」が終わり、新しい元号がスタートします。
そこで今回は30年前の「平成元年」がどのような1年だったのかを振り返って見ました。

実はバブルの頂点だった平成元年

この年の1月7日朝、昭和天皇は87歳で崩御したため、皇太子明仁親王殿下(現天皇)が皇位継承し新天皇になりました。そして翌日の1月8日には元号が「平成」に改元され、平成時代がスタートしたのです。

この年の株価はバブルのさなかで年末の日経平均株価は、なんと3万8915円をつけました。
また、企業交際費も約4兆5,000億円と過去最高を記録したそうです。
しかし、日経平均株価はここがピークで、その後の株価はなんとピーク時の1/4以下である8,455円にまで下落するのです。

そんなバブル頂点の平成元年ですが、前半は天皇崩御の関係から世の中は「自粛ムード」一色でした。しかし、秋になるとバブルの中で民間企業が動き出します。
9月になるとソニー が米国で長い伝統を持つハリウッドの名門映画会社「コロンビア・ピクチャーズ・エンターテインメント」を買収、
10月には三菱地所がニューヨークの目抜き通り5番街にある複合施設「ロックフェラー・センター」を買収したのです。

まさに、バブルの膨張と円高で膨れ上がった「ジャパンマネー」の象徴と言われ、アメリカ人からは激しく避難され、この2案件はともに直ぐに失敗し、ソニーと三菱地所は大きな損失を抱えたのです。

 

昭和を象徴する人が次々と他界

昭和天皇崩御の翌月2月には、「鉄腕アトム」「ブラックジャック」などの多くの名作を残し、「マンガの神様」と呼ばれた「手塚治虫」さんが61歳で死去、
4月には、「経営の神様」と呼ばれた松下電器の創業者「松下幸之助」さんが94歳で死去、
さらに6月には、歌謡曲の「女王」と呼ばれた「美空ひばり」さんが52歳という若さで死去しています。

また、他界ではないのですが10月には、日本の高度成長期時代を大きく牽引し今の日本のインフラの骨格を作った「田中角栄元首相」が引退を表明しました。

自分も、なんか「昭和」という時代の幕が本当に降りたような気がしたのを覚えています。

世界が大きく動いた平成元年

こんな平成元年の日本でしたが、世界では2つの歴史的大事件が起こりました。

一つは6月に中国で起きた「天安門事件」です。この事件は中国国内で春先から盛り上がってきた民主化運動に対して、天安門広場に集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、人民解放軍が武力で鎮圧、多数の死傷者を出した事件です。
世界中から大きな非難を浴びましたが、しかしこの事件により中国の民主化の芽は完全に摘まれた形となりました。

もう一つは11月にドイツで起きた東西連戦の象徴「ベルリンの壁崩壊」です。このあと、ソ連のペレストロイカ(再構築・改革)推進に影響もありポーランド、ハンガリー、チェコスロバキアなどの東欧社会主義国は急テンポに民主化が進んでいきます。

まさに平成元年は、現在の世界の体制を決めた転換点だったのです。

以降、世界の多くの国々は「明るい将来を目指して発展」する中で、日本だけが「バブル崩壊による経済と社会の衰退」に陥るのです。

実は、日本の消費税はこの年の4月に初めて導入されたのです。消費税アップが今年の10月1日に予定されているのも皮肉な一致ですね。

なんという名称の元号になるかわかりませんが、平成のときのように世界中でいろいろ予想外のことが起こるんでしょうかね・・・。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?

Ad

意外な事実

  1. 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

    以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日...
  2. 青森山田

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...
  3. 元号1

    平成時代はラスト1年を切りましたが、次はいったい何時代?

    平成も残すところあと1年。
  4. 急速に進む中国の高齢化と労働力不足

    なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると...
  5. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急...
  6. 大津高校 サッカー

    大津高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTから残念ながら昨年プリンスリーグに...
  7. 安倍総理の外遊

    安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

    安倍総理は、また外遊しているようです。

Ad

人気の記事

  1. 世界の人口ピラミッド_
  2. 2025年問題
  3. 関東第一高校サッカー

ピックアップ記事

  1. ブランド価値上位御三家
    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを思ったので色々調...
  2. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  5. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。