脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

脳

自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、
「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。

■脳卒中は脳血管疾患の総称

厚生労働省では、以下のように定義しています。

“脳卒中”とは・・・、
「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」

さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。

  1.脳梗塞
     脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる

  2.脳出血
     脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する

  3.くも膜下出血
     脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する

%e8%84%b3%e5%8d%92%e4%b8%ad“脳溢血”は、“脳出血”と“くも膜下出血”の両方を指すそうです。

 

図3.jpg

上記以外にも、「脳の血管が詰まり、24時間以内に回復するもの」を“一過性脳虚血発作”と呼んるそうです。

これは、脳梗塞の前触れ発作ともいわれ、
一時的に片方の目が見えなくなったり、
ろれつがまわらない
、半身がいうことをきかなくなる

などの脳梗塞の症状が起こるが、再び血液が流れると症状もなくなるそうです。

毎年25万人以上が脳卒中に!

この“脳卒中”、近年ではなんと恐ろしいことに、
毎年25万人以上が新たに発症しているそうです。
そして、現在約150万人とされる脳卒中の患者総数は、2025年前後には約300万人に倍増する危険性が高いと言われています。
(その中の一人が、自分ですが・・・ (^_^;))

また、昔は高血圧治療が遅れていたために超高血圧の人が多く、
同時に栄養不良で血管が弱くて破れやすかったため、
“脳卒中”の中でも“脳出血”が多かったそうです。

しかし、現在では・・・
糖尿病、高脂質症などの生活習慣病の増加により、
血管が詰まる“脳梗塞”が急増し、
今では“脳卒中”の3/4を占めているそうです。

ちなみに、自分は“脳出血”で倒れました。
何の前触れもなく、突然。
ただ、倒れる一週間前ぐらいから、
仕事で相当無理を重ねていましたが・・・。

人間50過ぎたら、「無理」は禁物! みなさんも、気をつけましょう。

  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 神経内科と脳神経外科の違いは?
  ▶▶▶ 高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?
  ▶▶▶ 身体に良い療養泉

 

Ad

意外な事実

  1. 中国人を最も疑っているのは中国人

    みなさんは、中国人の言うことを信用しますか? 自分は、よほど親しい知りあいの中国...
  2. イチロー1

    イチロー選手のこれまでの実績とその引退はいつ?

    今年でプロ野球生活26年で45歳をむかえ、引退の声もちらほら聞こえてくる「イチロー」選手。
  3. 屋久杉工芸品

    屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  4. マヨネーズ

    マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?

    みなさんは、「一人あたりのマヨネーズの消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  5. 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  6. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  7. お盆休みは何する?

    そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...

Ad

人気の記事

  1. 市立船橋
  2. 教育にカネを使わない国ニッポン
  3. 東京一極集中
  4. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。