脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

脳

自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、
「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。

■脳卒中は脳血管疾患の総称

厚生労働省では、以下のように定義しています。

“脳卒中”とは・・・、
「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」

さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。

  1.脳梗塞
     脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる

  2.脳出血
     脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する

  3.くも膜下出血
     脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する

%e8%84%b3%e5%8d%92%e4%b8%ad“脳溢血”は、“脳出血”と“くも膜下出血”の両方を指すそうです。

 

図3.jpg

上記以外にも、「脳の血管が詰まり、24時間以内に回復するもの」を“一過性脳虚血発作”と呼んるそうです。

これは、脳梗塞の前触れ発作ともいわれ、
一時的に片方の目が見えなくなったり、
ろれつがまわらない
、半身がいうことをきかなくなる

などの脳梗塞の症状が起こるが、再び血液が流れると症状もなくなるそうです。

毎年25万人以上が脳卒中に!

この“脳卒中”、近年ではなんと恐ろしいことに、
毎年25万人以上が新たに発症しているそうです。
そして、現在約150万人とされる脳卒中の患者総数は、2025年前後には約300万人に倍増する危険性が高いと言われています。
(その中の一人が、自分ですが・・・ (^_^;))

また、昔は高血圧治療が遅れていたために超高血圧の人が多く、
同時に栄養不良で血管が弱くて破れやすかったため、
“脳卒中”の中でも“脳出血”が多かったそうです。

しかし、現在では・・・
糖尿病、高脂質症などの生活習慣病の増加により、
血管が詰まる“脳梗塞”が急増し、
今では“脳卒中”の3/4を占めているそうです。

ちなみに、自分は“脳出血”で倒れました。
何の前触れもなく、突然。
ただ、倒れる一週間前ぐらいから、
仕事で相当無理を重ねていましたが・・・。

人間50過ぎたら、「無理」は禁物! みなさんも、気をつけましょう。

  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 神経内科と脳神経外科の違いは?
  ▶▶▶ 高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?
  ▶▶▶ 身体に良い療養泉

 

Ad

意外な事実

  1. 米子北高校

    米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している米子北高校高校サッカ...
  2. カフェオレ・カフェラッテ・カフェカプチーノの違って何?

    コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  3. 日本の借金

    「国の借金」が実質GDPの2.4倍もある日本

    先週、財務省から発表された2016年6月末時点での「日本政府の借金」は1,053兆円...
  4. 社会インフラの老朽化問題

    日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  5. 子育てママの飲酒状況は?

    女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  6. ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

    電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  7. 新聞

    国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. メガバンク
  3. 東京一極集中

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。