脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

脳

自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、
「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかっていませんでした。

■脳卒中は脳血管疾患の総称

厚生労働省では、以下のように定義しています。

“脳卒中”とは・・・、
「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」

さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。

  1.脳梗塞
     脳の血管がつまったり、狭くなったりして血流が悪くなる

  2.脳出血
     脳の中の細かい血管が破れて、脳内に出血する

  3.くも膜下出血
     脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血する

%e8%84%b3%e5%8d%92%e4%b8%ad“脳溢血”は、“脳出血”と“くも膜下出血”の両方を指すそうです。

 

図3.jpg

上記以外にも、「脳の血管が詰まり、24時間以内に回復するもの」を“一過性脳虚血発作”と呼んるそうです。

これは、脳梗塞の前触れ発作ともいわれ、
一時的に片方の目が見えなくなったり、
ろれつがまわらない
、半身がいうことをきかなくなる

などの脳梗塞の症状が起こるが、再び血液が流れると症状もなくなるそうです。

毎年25万人以上が脳卒中に!

この“脳卒中”、近年ではなんと恐ろしいことに、
毎年25万人以上が新たに発症しているそうです。
そして、現在約150万人とされる脳卒中の患者総数は、2025年前後には約300万人に倍増する危険性が高いと言われています。
(その中の一人が、自分ですが・・・ (^_^;))

また、昔は高血圧治療が遅れていたために超高血圧の人が多く、
同時に栄養不良で血管が弱くて破れやすかったため、
“脳卒中”の中でも“脳出血”が多かったそうです。

しかし、現在では・・・
糖尿病、高脂質症などの生活習慣病の増加により、
血管が詰まる“脳梗塞”が急増し、
今では“脳卒中”の3/4を占めているそうです。

ちなみに、自分は“脳出血”で倒れました。
何の前触れもなく、突然。
ただ、倒れる一週間前ぐらいから、
仕事で相当無理を重ねていましたが・・・。

人間50過ぎたら、「無理」は禁物! みなさんも、気をつけましょう。

  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 神経内科と脳神経外科の違いは?
  ▶▶▶ 高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?
  ▶▶▶ 身体に良い療養泉

 

Ad

意外な事実

  1. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  2. 世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

    米国のトランプ政権が誕生して1年半が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。
  3. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...
  4. 温泉ソムリエ

    「温泉ソムリエ」って何?

    TVのバラエティ番組を見ていると、ときどき「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温泉...
  5. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...
  6. 北方四島

    北方四島の問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  7. 米国大統領のスキャンダル

    米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田
  2. 核兵器保有国
  3. 2020東京オリンピック
  4. 安倍総理の外遊
  5. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 最近は街中のお店で、クレジットカード以外にも楽天EDYやSUICAなどの電子マネーが...
  2. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...
  3. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  4. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  5. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...