「全米大学ランキング」2019はどうなっているの?

1990年に始まり、現在では大学志望者のほぼ全員が受験すると言われる「大学入試センター試験」ですが、いよいよ今年で最後となるそうです。
自分は共通一次試験の一期生でしたが、どうやら息子は「大学入試センター試験」の一期生になるようです。

さて先日、米国雑誌フォーブスから「米大学ランキング」が発表されました。フォーブスによれば、このランキングの作成に当たって、卒業生の年収(20%)、学生の満足度(20%)、負債(20%)、米国のリーダー輩出歴(15%)、ストレート卒業率(12.5%)、学術面での成功(12.5%)の6項目を評価基準としているそうです。

では、2019年のベスト10を見てみましょう。

ベスト5のうち4校は東海岸に存在

1位 ハーバード大学(私立、マサチューセッツ州)
     年間授業料:6万9600ドル
     学生ローン平均額:7372ドル
     キャリア初期の年収:7万4800ドル

やはりトップは名門大学として名高い「ハーバード大学」でした。このハーバード大学は植民地時代の1636年に設置されたアメリカ最古の大学で、現在の学生数は21,000人ほどだそうです。
卒業生(含む中退)には、マイクロソフトの創始者であるビル・ゲイツやFacebook創設者であるマーク・ザッカーバーグ、前アメリカ大統領であるバラク・オバマ、さらにはフランクリン・D・ルーズベルトやジョン・F・ケネディがいます。また、ノーベル賞受賞も48人もいるそうです。
やっぱり、「ハーバード」は凄いですねぇ。
それから、なぜか日本でお笑い芸人?をしているパトリック・ハーランも1993年ハーバード大学卒だそうです。

2位 スタンフォード大学(私立、カリフォルニア州)
     年間授業料:6万9109ドル
     学生ローン平均額:8155ドル
     キャリア初期の年収:7万9000ドル

続く2位は「ハーバード大学」と並び名門大学として名高い「スタンフォード大学」です。このスタンフォード大学は1891年にセントラルパシフィック鉄道の創立者&カリフォルニア州知事だったリーランド・スタンフォード氏により設立され、現在の学生数は16,000人ほどだそうです。
卒業生(含む中退)には、Yahoo!の共同創始者&元CEOであるジェリー・ヤンやナイキ創始者&現CEOであるフィリップ・ナイト、第31代大統領であるハーバート・フーヴァー、他にもたくさんの政財界の著名人や芸術家がいます。でも、先のハーバードと比較するとやや見劣りしますね。
このスタンフォード大学は西海岸にあるためか、卒業生に日本人もたくさんいるのが特徴です。

3位 イエール大学(私立、コネティカット州
     年間授業料:7万1290ドル
     学生ローン平均額:4962ドル
     キャリア初期の年収:7万300ドル

続く3位は、植民地時代の1701年創設創立の名門「イエール大学」です。日本人には知名度がやや低いこの大学ですが、保守的な傾向がありマイノリティーの受け入れに消極的と言われています。現在の学生数は12,000人ほどだそうです。
卒業生(含む中退)には、第41代大統領であるジョージ・H・W・ブッシュ、第42代大統領であるビル・クリントンなど5人の大統領やたくさんの政財界の著名人や芸術家がいます。

4位 マサチューセッツ工科大学(私立、マサチューセッツ州)
     年間授業料:6万7430ドル
     学生ローン平均額:7530ドル
     キャリア初期の年収:8万6300ドル

4位は一般的にはMITの略称で呼ばれる「マサチューセッツ工科大学」です。この大学は理系の世界トップレベルの大学として有名です。現在の学生数は11,000人ほどだそうです。
卒業生(含む中退)には、政財界人はあまりいませんが、代わりに有名な学者や科学者はたくさんいるのが特徴的です。ちなみに、ノーベル賞受賞者は世界トップで81名もおります。
個人的にやや気になる点は、近年では中国系・韓国系を中心とするアジア系学生の割合が高く、現在では在校生の1/4~1/3を占めているということです。

5位 プリンストン大学(私立、ニュージャージー州)
     年間授業料:6万6150ドル
     学生ローン平均額:4451ドル
     キャリア初期の年収:7万5200ドル

5位は1746年に設置された「プリンストン大学」です。当初はニュージャージー大学として設立され、1896年に現在の名称となったそうで、現在の学生数はやや少なく、8,000人ほどだそうです。
卒業生(含む中退)には、GoogleのCEOであるエリック・シュミットやAmazon.comの共同創設者&CEOであるジェフ・ベゾス、さらにはジョン・F・ケネディ(健康上の理由から中途退学しハーバード大学へ転校)もそうです。また、理系を中心に有名な学者や科学者が多いのも特徴で、ノーベル賞受賞も41人もいるそうです。

6~10位には日本では知名度が低い大学もランクイン!

6位 ペンシルベニア大学(私立、ペンシルベニア州)
     年間授業料:7万1715ドル
     学生ローン平均額:7733ドル
     キャリア初期の年収:7万2800ドル

続く6位は1740年に設置された「ペンシルベニア大学」です。歴史が古くあのベンジャミン・フランクリンが創設者の一人であるこの大学は米国を代表する屈指の名門大学&最難関大学として不動の地位を保っており、現在の学生数は、22,000人ほどだそうです。
*ベンジャミン・フランクリン=アメリカ合衆国建国の父と言われ、現在でも100ドル札に肖像画が印刷されている人物。
卒業生(含む中退)には、なんとあのトランプ大統領や前アップルコンピュータ社長兼CEOであるジョン・スカリーをはじめ多くの実業家がいます。また、大学全体で多様性に重点を置いており、学生が非常に多文化・多国籍なのが特色だそうです。

7位 ブラウン大学(私立、ロードアイランド州)
     年間授業料:7万1050ドル
     学生ローン平均額:7794ドル
     キャリア初期の年収:6万8200ドル

7位は1764年に設置された「ブラウン大学」です。ボストンから50kmほどのところにあるそうですが、自分はこの大学は知りませんでした。現在の学生数はやや少なく、11,000人ほどだそうです。

8位 カリフォルニア工科大学(私立、カリフォルニア州)
     年間授業料:6万8901ドル
     学生ローン平均額:5988ドル
     キャリア初期の年収:8万4100ドル

続く8位はMITとともに理系の世界トップレベルの大学として有名な「カリフォルニア工科大学」です。1764年に設置されたこの大学は「少数精鋭」で有名で、現在の学生数は非常に少なく、2,000人ほどだそうです。
MIT同様に卒業生(含む中退)には、政財界人はあまりいませんが、代わりに有名な学者や科学者はたくさんいるようです。ちなみに、ノーベル賞受賞者は38名もおり、学生数を考えると「世界の頭脳」と言われるのも納得できますね。近年では中国系・韓国系を中心とするアジア系学生の割合が高く、現在では在校生の1/3程度を占めているということです。

9位 デューク大学(私立、ノースカロライナ州)
     年間授業料:7万1764ドル
     学生ローン平均額:6114ドル
     キャリア初期の年収:7万1100ドル

9位は1924年に設置された比較的新しい大学の「ブラウン大学」です。米国南部トップの大学として極めて高い名声を有しているそうです。現在の学生数はやや少なく、15,000人ほどだそうです。
この大学は多くのMBA選手やMLB 選手を輩出しており、文武両道大学で有名たそうです。

10位 ダートマス大学(私立、ニューハンプシャー州)
     年間授業料:7万1827ドル
     学生ローン平均額:6239ドル
     キャリア初期の年収:7万1500ドル

最後、10位は1769年に設置された「ダートマス大学」です。自分はこの大学は知りませんでした。現在の学生数はやや少なく、6,000人ほどだそうです。

こう見てくると、ほとんどの大学が200年以上の歴史を持っており、100年強の歴史しかない日本の大学などまだまだ比べ物にならない気がしました。
みなさんはこのランキングを見て、どうかんじましたか?

 →→→ 世界大学ランキング2020年

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?

Ad

意外な事実

  1. エネルギー自給率、日本はどの程度?

    現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。
  2. 黒湯

    「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)

    今回は、自分の大好きな「黒湯のある東京23区内の銭湯」をご紹介します。
  3. メガバンク

    驚くべき世界の銀行ランキング 2018年版

    最近は仮想通貨が話題ですが、今回はリアルの銀行の世界ランキングを見てみました。
  4. 驚くべき世界の銀行ランキング 2019年版

    今年も有名な格付け会社「S&P Global Market Intelligence」から、...
  5. 明治大学サッカー部

    明治大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12チームの中で有名私立大学である明治大...
  6. カフェオレ・カフェラッテ・カフェカプチーノの違って何?

    コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  7. 海外在留日本人

    海外に住む日本人(海外在留邦人)の数

    以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に...

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. スティーブン・バノン
  3. 教育にカネを使わない国ニッポン

ピックアップ記事

  1. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  4. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。