国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

新聞

 

最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。自分が広告代理店で働いてた20年ぐらい前には、社会人はみんなラッシュに揉まれながらも、一心不乱に新聞を読んでいたのですが・・・。
今では、新聞に代わって、みんなスマホかタブレット。
時代の流れですね。

 

■ この20年で20-60代の読者が激減!

下のグラフは、NHKの「国民生活時間調査報告書」の中から抜粋したデータで、
「平日に15分以上新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合」です。

これを見ると・・・

20年前は、30代の53%、40代の66%、50代の70%が毎日新聞を読んでいたのですが、
今では、30代の11%、40代の22%、50代の55%しか読んでいないことになります。

完全に、新聞というメディアの衰退、というか新聞からの国民離れですね。
(そう言ってる自分も、15年ほど前に日経新聞と朝日新聞をやめてるのですが!)

新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合推移

※NHKの「国民生活時間調査」は昔から10年に1度、10,000人以上の全国の国民を対象に実施している大規模調査です。

 

■ 当然、発行部数も広告収入も激減!

逆に、新聞社サイドのデータを見てみると・・・、

   2000年  2015年  増減率
 総発行部数  53,708,831  44,246,688  82.4%
 新聞広告費(億円)  12,474  5,679  45.5%

  データ出典) 日本新聞協会

上記データは、いわゆる「業界発表数値」なので、昔から広告業界では、かなり“水増しされた数字”と言われていますが、
そんな数字でも、この15年間で・・・、
発行部数で約2割減、新聞広告費ではなんと5割減以上!

この2つの数字の下降が続くと・・・、
新聞社の収入は、坂道を転げ落ちるように激減しているはずです。
すると・・・、

記者の数や編集スタッフも減少 → 誌面コンテンツレベルの低下 → 発行部数の更なる低下、良質広告クライアント離れ・・・

完全に負のスパイラルに陥ります。

先の消費者サイドの数字と上記の業界サイドの数字を見る限り、
一般的に言って、今後の新聞社の経営・存続は相当苦しいですね。

  ▶▶▶ ネット時代の新聞の現状
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 市立船橋

    市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  2. 世界の人口ピラミッド_

    人口ピラミッドから見た世界と日本の将来

    マスコミがニュースネタがなくなると、必ずはやしたてる「世界の人口爆発と食料不足」の問...
  3. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  4. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  5. 認知症とアルツハイマー病

    認知症とアルツハイマー病の違いは?

    よく耳にする認知症という病気やアルツハイマー病という病気ですが、いったいこの2つはどう違うのでしょう...
  6. 都議会議員

    都議会議員の給与ってご存知?

    最近、東京都議選まで1か月を切り、都内を歩いていても色々な所で選挙演説が聞かれるよう...
  7. 18年W杯ロシア大会

    32チームが出揃った18年W杯ロシア大会

    来年2018年6月14日 - 7月15日に開催される18年W杯ロシア大会。

Ad

人気の記事

  1. 東京一極集中
  2. 高齢ドライバー事故
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  4. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  2. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  3. 毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  4. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  5. 東日本大震災
    早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。