国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

新聞

 

最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。自分が広告代理店で働いてた20年ぐらい前には、社会人はみんなラッシュに揉まれながらも、一心不乱に新聞を読んでいたのですが・・・。
今では、新聞に代わって、みんなスマホかタブレット。
時代の流れですね。

 

■ この20年で20-60代の読者が激減!

下のグラフは、NHKの「国民生活時間調査報告書」の中から抜粋したデータで、
「平日に15分以上新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合」です。

これを見ると・・・

20年前は、30代の53%、40代の66%、50代の70%が毎日新聞を読んでいたのですが、
今では、30代の11%、40代の22%、50代の55%しか読んでいないことになります。

完全に、新聞というメディアの衰退、というか新聞からの国民離れですね。
(そう言ってる自分も、15年ほど前に日経新聞と朝日新聞をやめてるのですが!)

※NHKの「国民生活時間調査」は昔から10年に1度、10,000人以上の全国の国民を対象に実施している大規模調査です。

 

■ 当然、発行部数も広告収入も激減!

逆に、新聞社サイドのデータを見てみると・・・、

   2000年  2015年  増減率
 総発行部数  53,708,831  44,246,688  82.4%
 新聞広告費(億円)  12,474  5,679  45.5%

  データ出典) 日本新聞協会

上記データは、いわゆる「業界発表数値」なので、昔から広告業界では、かなり“水増しされた数字”と言われていますが、
そんな数字でも、この15年間で・・・、
発行部数で約2割減、新聞広告費ではなんと5割減以上!

この2つの数字の下降が続くと・・・、
新聞社の収入は、坂道を転げ落ちるように激減しているはずです。
すると・・・、

記者の数や編集スタッフも減少 → 誌面コンテンツレベルの低下 → 発行部数の更なる低下、良質広告クライアント離れ・・・

完全に負のスパイラルに陥ります。

先の消費者サイドの数字と上記の業界サイドの数字を見る限り、
一般的に言って、今後の新聞社の経営・存続は相当苦しいですね。

  ▶▶▶ ネット時代の新聞の現状
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

関連記事

Ad

意外な事実

  1. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳...
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

    アメリカ大統領を途中解任(罷免)ってできるの?

    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
  4. 日本の経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というもの...
  5. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  6. 地震に対する備えは大丈夫?

    もうすぐ関東大震災が起こった9/1の防災の日ですね。
  7. 賞味期限や消費期限はチェックしてますか?

    食べ物が痛みやすい夏。

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  2. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 夜、帰宅途中に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんの前を通ると、ついつい肉の焼けるいい香りに誘わ...
  2. みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。
  3. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。
  4. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  5. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。