国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

新聞

 

最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。自分が広告代理店で働いてた20年ぐらい前には、社会人はみんなラッシュに揉まれながらも、一心不乱に新聞を読んでいたのですが・・・。
今では、新聞に代わって、みんなスマホかタブレット。
時代の流れですね。

 

■ この20年で20-60代の読者が激減!

下のグラフは、NHKの「国民生活時間調査報告書」の中から抜粋したデータで、
「平日に15分以上新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合」です。

これを見ると・・・

20年前は、30代の53%、40代の66%、50代の70%が毎日新聞を読んでいたのですが、
今では、30代の11%、40代の22%、50代の55%しか読んでいないことになります。

完全に、新聞というメディアの衰退、というか新聞からの国民離れですね。
(そう言ってる自分も、15年ほど前に日経新聞と朝日新聞をやめてるのですが!)

※NHKの「国民生活時間調査」は昔から10年に1度、10,000人以上の全国の国民を対象に実施している大規模調査です。

 

■ 当然、発行部数も広告収入も激減!

逆に、新聞社サイドのデータを見てみると・・・、

   2000年  2015年  増減率
 総発行部数  53,708,831  44,246,688  82.4%
 新聞広告費(億円)  12,474  5,679  45.5%

  データ出典) 日本新聞協会

上記データは、いわゆる「業界発表数値」なので、昔から広告業界では、かなり“水増しされた数字”と言われていますが、
そんな数字でも、この15年間で・・・、
発行部数で約2割減、新聞広告費ではなんと5割減以上!

この2つの数字の下降が続くと・・・、
新聞社の収入は、坂道を転げ落ちるように激減しているはずです。
すると・・・、

記者の数や編集スタッフも減少 → 誌面コンテンツレベルの低下 → 発行部数の更なる低下、良質広告クライアント離れ・・・

完全に負のスパイラルに陥ります。

先の消費者サイドの数字と上記の業界サイドの数字を見る限り、
一般的に言って、今後の新聞社の経営・存続は相当苦しいですね。

  ▶▶▶ ネット時代の新聞の現状
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

関連記事

Ad

意外な事実

  1. なぜか同姓の人が多い中国

    中国人には同じ姓の人が多いのですが、今回はどんな苗字の人がどれ位いるのか調べてみまし...
  2. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  3. スイーツ男子を生んだコンビニスイーツ

    コンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活に...
  4. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  5. 日本で一番多い社長は日本大学卒?

    先日ネットを見ていたら「社長の出身大学ランキング」という記事を見かけました。
  6. 海外に住む日本人(海外在留邦人)の数

    以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に...
  7. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  3. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  4. 今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。