国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

新聞

 

最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。自分が広告代理店で働いてた20年ぐらい前には、社会人はみんなラッシュに揉まれながらも、一心不乱に新聞を読んでいたのですが・・・。
今では、新聞に代わって、みんなスマホかタブレット。
時代の流れですね。

 

■ この20年で20-60代の読者が激減!

下のグラフは、NHKの「国民生活時間調査報告書」の中から抜粋したデータで、
「平日に15分以上新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合」です。

これを見ると・・・

20年前は、30代の53%、40代の66%、50代の70%が毎日新聞を読んでいたのですが、
今では、30代の11%、40代の22%、50代の55%しか読んでいないことになります。

完全に、新聞というメディアの衰退、というか新聞からの国民離れですね。
(そう言ってる自分も、15年ほど前に日経新聞と朝日新聞をやめてるのですが!)

新聞(含む電子新聞)を読んでいる人の割合推移

※NHKの「国民生活時間調査」は昔から10年に1度、10,000人以上の全国の国民を対象に実施している大規模調査です。

 

■ 当然、発行部数も広告収入も激減!

逆に、新聞社サイドのデータを見てみると・・・、

   2000年  2015年  増減率
 総発行部数  53,708,831  44,246,688  82.4%
 新聞広告費
(億円)
 12,474  5,679  45.5%

  データ出典) 日本新聞協会

上記データは、いわゆる「業界発表数値」なので、昔から広告業界では、かなり“水増しされた数字”と言われていますが、
そんな数字でも、この15年間で・・・、
発行部数で約2割減、新聞広告費ではなんと5割減以上!

この2つの数字の下降が続くと・・・、
新聞社の収入は、坂道を転げ落ちるように激減しているはずです。
すると・・・、

記者の数や編集スタッフも減少 → 誌面コンテンツレベルの低下 → 発行部数の更なる低下、良質広告クライアント離れ・・・

完全に負のスパイラルに陥ります。

先の消費者サイドの数字と上記の業界サイドの数字を見る限り、
一般的に言って、今後の新聞社の経営・存続は相当苦しいですね。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  2. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  3. 難民

    移民の増加で崩壊する欧州の社会

    条約で移民の受け入れが義務化されている欧州には、毎年60万人の難民が押し寄せているそうです。
  4. 政治家や公務員の高すぎる給料と一般庶民の低すぎる給料

    優良上場企業サラリーマンよく「海外の先進国比べ、日本人の所得は低すぎる」、また逆に「海外の先進国...
  5. 北方四島

    北方領土問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  6. 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?

    これまで、日本の大半の温泉やプールなどでは、昔からのマイナスイメージの強さから、「入...
  7. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。

Ad

人気の記事

  1. 習志野高校サッカー
  2. 市立船橋
  3. 米国大統領のスキャンダル

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  4. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  5. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...