地震のマグニチュード7とマグニチュード6ではどのぐらい違うの?

地震

 

最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
被災地のみなさまには心からお見舞い申し上げます。

さて、この「地震」、気象庁からは発生した個々の地震について、
「震源地(&深さ)」「地震の規模」「各地の震度」が発表されますが、
その中でわかりづらいのが、マグニチュードという単位で発表される「地震の規模」。

今回は、この「マグニチュード(M)」について調べてみました。

■ M6とM7の地震では、30倍以上の規模!

「地震の規模」=「地震が放出したエネルギー量」の測定方法ですが、かなり難しく・・・、
まあ、簡単に言ってしまうなら「震源地と各地の震度+その他の要素をもとに推測(計算)する」ようです。

・・・まあ、難しい話は置いといて・・・、

驚くことに、「マグニチュードの数字が1上がると、地震の規模は約32倍になる」そうです。

つまり、

M5.0 の地震の32倍の規模がM6.0の地震、
そのM6.0 の地震の32倍の規模がM7.0の地震、
・・・結果、M7.0の地震はM5.0 の地震の・・・ なんと約1000倍の規模!

だそうです。

また、マグニチュードは0.1上がると、その地震の規模は約1.4倍になるそうです。

M9.0の「東日本大震災」はやはりケタ違い

この4月に発生し、大きな被害をもたらした「熊本地震」はM7.2
一方、2011年に発生した「東日本大震災」はM9.0‐9.1
つまり、東日本大震災は熊本地震のおおよそ500倍の規模だったのです。
ちなみに、1995年の「関西大震災」はM7.3、1923年の「関東大震災」はM7.9です。

こう考えると、「東日本大震災」はまさに桁違いの超巨大地震だったのですね。

ちなみに、気象庁の規模による地震の分類は・・・

M1-3→微小地震、M3-5→小地震、M5-7→を中地震、
M7以上→大地震、M8以上→巨大地震

となっています。

世界で起きた過去の超巨大地震

東日本大震災と同じようなマグネチュード9以上の超巨大地震のうち、1900年以降に世界で起きたものを調べてみると、以下のようにたった6つしかありませんでした。

すると、1900年から1952年にカムチャツカ地震が発生するまでの約50年間は超巨大地震は一つもありませんでした。その後、約10年間は3つの超巨大地震がありますが、1964年のアラスカ地震以降は2004年のスマトラ島沖地震まで40年間超巨大地震はありませんでした。そして、2011年の東日本大震災です。

名称 発生日 規模(Mw) 震源地(震源域)
カムチャツカ地震 1952年 8.8 9.0 ロシア カムチャツカ半島近海
アリューシャン地震 1957年 8.6 – 9.1 アラスカ アンドリアノフ諸島
チリ地震 1960年 9.2 – 9.5 チリ バルディビア近海
アラスカ地震 1964年 9.1- 9.2 アラスカ プリンス・ウィリアム湾
スマトラ島沖地震 2004年 9.1 – 9.3 インドネシア スマトラ島北西部
東日本大震災 2011年 9.0- 9.1 日本 三陸沖

残念ながら、「地震列島」と呼ばれ、全国に活断層が走っている日本。
「東日本大震災」のようなプレート型でM8クラスの巨大地震である「東海地震」や「南海トラフ地震」以外にも、「関西大震災」や「熊本地震」のような活断層型地震が、どこで起きても不思議がないようですね。

みなさん、「地震に対する心構えと可能な防災準備」は、出来る限りやったほうが良さそうですね。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

    先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  2. 切り花類の出荷量日本一は、なぜか愛知県!?

    みなさんは、「切り花類の出荷量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自分は・・・、南...
  3. 台風の大きさや強さの定義

    台風の大きさや強さの定義は?

    毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。
  4. 急速に進む中国の高齢化と労働力不足

    なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると...
  5. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  6. 女性議員比率

    各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  7. 風力発電

    エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...

Ad

人気の記事

  1. 食料自給率6
  2. 白人比率の低下
  3. 核兵器保有国
  4. 2025年問題

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  5. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...