地震のマグニチュード7とマグニチュード6ではどのぐらい違うの?

 

最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
被災地のみなさまには心からお見舞い申し上げます。

さて、この「地震」、気象庁からは発生した個々の地震について、
「震源地(&深さ)」「地震の規模」「各地の震度」が発表されますが、
その中でわかりづらいのが、マグニチュードという単位で発表される「地震の規模」。

今回は、この「マグニチュード(M)」について調べてみました。

■ M6とM7の地震では、30倍以上の規模!

「地震の規模」=「地震が放出したエネルギー量」の測定方法ですが、かなり難しく・・・、
まあ、簡単に言ってしまうなら「震源地と各地の震度+その他の要素をもとに推測(計算)する」ようです。

・・・まあ、難しい話は置いといて・・・、

驚くことに、「マグニチュードの数字が1上がると、地震の規模は約32倍になる」そうです。

つまり、

M5.0 の地震の32倍の規模がM6.0の地震、
そのM6.0 の地震の32倍の規模がM7.0の地震、
・・・結果、M7.0の地震はM5.0 の地震の・・・ なんと約1000倍の規模!

だそうです。

また、マグニチュードは0.1上がると、その地震の規模は約1.4倍になるそうです。

M9.0の「東日本大震災」はやはりケタ違い

この4月に発生し、大きな被害をもたらした「熊本地震」はM7.2
一方、2011年に発生した「東日本大震災」はM9.0
1995年の「関西大震災」はM7.3、1923年の「関東大震災」はM7.9

こう考えると、「東日本大震災」はまさに桁違いの巨大地震だったのですね。

ちなみに、気象庁の規模による地震の分類は・・・

M1-3→微小地震、M3-5→小地震、M5-7y→を中地震、
M7以上→大地震、M8以上→巨大地震

となっています。

残念ながら、「地震列島」と呼ばれ、全国に活断層が走っている日本。
政府が、一生懸命アナウンスしている。
「東日本大震災」のようなプレート型でM8クラスの巨大地震である「東海地震」や「南海トラフ地震」以外にも、「関西大震災」や「熊本地震」のような活断層型地震が、どこで起きても不思議がないようですね。

みなさん、「地震に対する心構えと可能な防災準備」は、出来る限りやったほうが良さそうですね。


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  2. 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、景気は良くなってきていると言っていますが、自分には全くその実感がありません。
  3. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  4. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  5. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...
  6. 中国人は関西ではなく東京になぜ住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...
  7. 「温泉ソムリエ」って何?

    ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温...

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  2. 「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」 これは石川啄木...
  3. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  4. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  5. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。