地震のマグニチュード7とマグニチュード6ではどのぐらい違うの?

地震

 

最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
被災地のみなさまには心からお見舞い申し上げます。

さて、この「地震」、気象庁からは発生した個々の地震について、
「震源地(&深さ)」「地震の規模」「各地の震度」が発表されますが、
その中でわかりづらいのが、マグニチュードという単位で発表される「地震の規模」。

今回は、この「マグニチュード(M)」について調べてみました。

■ M6とM7の地震では、30倍以上の規模!

「地震の規模」=「地震が放出したエネルギー量」の測定方法ですが、かなり難しく・・・、
まあ、簡単に言ってしまうなら「震源地と各地の震度+その他の要素をもとに推測(計算)する」ようです。

・・・まあ、難しい話は置いといて・・・、

驚くことに、「マグニチュードの数字が1上がると、地震の規模は約32倍になる」そうです。

つまり、

M5.0 の地震の32倍の規模がM6.0の地震、
そのM6.0 の地震の32倍の規模がM7.0の地震、
・・・結果、M7.0の地震はM5.0 の地震の・・・ なんと約1000倍の規模!

だそうです。

また、マグニチュードは0.1上がると、その地震の規模は約1.4倍になるそうです。

M9.0の「東日本大震災」はやはりケタ違い

この4月に発生し、大きな被害をもたらした「熊本地震」はM7.2
一方、2011年に発生した「東日本大震災」はM9.0‐9.1
つまり、東日本大震災は熊本地震のおおよそ500倍の規模だったのです。
ちなみに、1995年の「関西大震災」はM7.3、1923年の「関東大震災」はM7.9です。

こう考えると、「東日本大震災」はまさに桁違いの超巨大地震だったのですね。

ちなみに、気象庁の規模による地震の分類は・・・

M1-3→微小地震、M3-5→小地震、M5-7→を中地震、
M7以上→大地震、M8以上→巨大地震

となっています。

世界で起きた過去の超巨大地震

東日本大震災と同じようなマグネチュード9以上の超巨大地震のうち、1900年以降に世界で起きたものを調べてみると、以下のようにたった6つしかありませんでした。

すると、1900年から1952年にカムチャツカ地震が発生するまでの約50年間は超巨大地震は一つもありませんでした。その後、約10年間は3つの超巨大地震がありますが、1964年のアラスカ地震以降は2004年のスマトラ島沖地震まで40年間超巨大地震はありませんでした。そして、2011年の東日本大震災です。

名称 発生日 規模(Mw) 震源地(震源域)
カムチャツカ地震 1952年 8.8 9.0 ロシア カムチャツカ半島近海
アリューシャン地震 1957年 8.6 – 9.1 アラスカ アンドリアノフ諸島
チリ地震 1960年 9.2 – 9.5 チリ バルディビア近海
アラスカ地震 1964年 9.1- 9.2 アラスカ プリンス・ウィリアム湾
スマトラ島沖地震 2004年 9.1 – 9.3 インドネシア スマトラ島北西部
東日本大震災 2011年 9.0- 9.1 日本 三陸沖

残念ながら、「地震列島」と呼ばれ、全国に活断層が走っている日本。
「東日本大震災」のようなプレート型でM8クラスの巨大地震である「東海地震」や「南海トラフ地震」以外にも、「関西大震災」や「熊本地震」のような活断層型地震が、どこで起きても不思議がないようですね。

みなさん、「地震に対する心構えと可能な防災準備」は、出来る限りやったほうが良さそうですね。

  ▶▶▶ 原発事故処理費用と世界の自然災害被害総額は同じ
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ 地震に対する備えは大丈夫?
  ▶▶▶ 台風の大きさや強さの定義は?
  ▶▶▶ 蔵王山も火山活動が活発化

Ad

意外な事実

  1. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  2. 交通事故死亡者数

    大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

    警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に...
  3. メガバンク

    驚くべき世界の銀行ランキング

    最近は仮想通貨が話題ですが、今回はリアルの銀行の世界ランキングを見てみました。
  4. 年代別の平均年収はそれぞれいくらくらい?

    毎日、一生懸命働いてるのに、給料はなかなかアップしませんよね。
  5. 東京

    東京の人口ピラミッド推移

    日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。
  6. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  7. 唐辛子

    とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?

    最近の東京は、梅雨明けとともに猛暑が続き夏バテ気味の人も多いのでは? そんな時にはとうがら...

Ad

人気の記事

  1. 市立船橋
  2. 2025年問題
  3. 世界の人口ピラミッド_
  4. 青森山田
  5. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はありませんか?これは...
  2. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  3. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  4. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  5. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...