アメリカ大統領を途中解任ってできるの?

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

 

この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
共和党の「トランプ候補」といい、民主党の「クリントン候補」といい・・・、
なんか、どっちが大統領になっても、今のような世界情勢では、不安を感じるのですが・・・。

今回は、さんざんマスコミで報道されているアメリカ大統領選ではなく、逆に『アメリカ大統領』の解任について調べてみました。

 

■ 米国にも罷免制度はあるものの・・・

アメリカには、大統領本人から自発的辞任とは別に、『弾劾(だんがい)』という「辞めさせる制度」があり、
選挙を通じて国民に選ばれた、大統領と言えども辞めさせることが可能だということです。

具体的には、この「弾劾制度」は大統領が犯罪(法律違反)を犯した際に適用される裁判制度で、

下院が出席議員過半数の同意による訴追に基づき、上院が弾劾裁判を行います。
そこで、上院の出席議員の3分の2以上の同意があれば、大統領は罷免(=クビ)されるそうです。

ただアメリカの建国以来、この弾劾裁判を受けた大統領も2人だけいるのですが、
実際に罷免になった人は一人もいないようです。

■ 大統領の任期は4年間(最長2期で8年)

現在のアメリカ大統領の任期は一期4年で、その後再任されればもう一期できる(3選は禁止)ため、
就任機関は最長8年だそうです。
ちなみに、最近は・・・、
クリントン(旦那さん)→ブッシュ→オバマと3人続いて2期就任しています。

また、アメリカ大統領が任期途中で自ら辞任したケースは極めて例外的なようで・・・、
「ウォーターゲート事件」で辞任に追い込まれた、ニクソン大統領のケースだけだそうです。 

しょっちゅう、任期途中で辞任したり、衆議院を解散させたりする日本とは大違いですね。

ということで・・・、

史上最悪の大統領候補」と言われている、「トランプ氏」と「クリントン氏」。
そのどちらが勝っても、最低でも4年間はアメリカ大統領として世界中に影響力を持つということみたいです。

本当に大丈夫かな・・・。

  ▶▶▶ 米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末
  ▶▶▶ トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. カールマン・キング1

    世界で最も高価なSUV「カールマン・キング」

    ベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」といったラグジュアリーSUVが続々と発表される中...
  2. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  3. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  4. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  5. 慰安婦問題

    日本人から見た韓国、韓国人から見た日本は?

    なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。
  6. 都議会議員

    都議会議員の給与ってご存知?

    最近、東京都議選まで1か月を切り、都内を歩いていても色々な所で選挙演説が聞かれるよう...
  7. 日中の国旗

    日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. 黒湯
  3. 国会議員の給与2
  4. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  2. 毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  3. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はありませんか?これは...