アメリカ大統領を途中解任ってできるの?

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

 

この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
共和党の「トランプ候補」といい、民主党の「クリントン候補」といい・・・、
なんか、どっちが大統領になっても、今のような世界情勢では、不安を感じるのですが・・・。

今回は、さんざんマスコミで報道されているアメリカ大統領選ではなく、逆に『アメリカ大統領』の解任について調べてみました。

 

■ 米国にも罷免制度はあるものの・・・

アメリカには、大統領本人から自発的辞任とは別に、『弾劾(だんがい)』という「辞めさせる制度」があり、
選挙を通じて国民に選ばれた、大統領と言えども辞めさせることが可能だということです。

具体的には、この「弾劾制度」は大統領が犯罪(法律違反)を犯した際に適用される裁判制度で、

下院が出席議員過半数の同意による訴追に基づき、上院が弾劾裁判を行います。
そこで、上院の出席議員の3分の2以上の同意があれば、大統領は罷免(=クビ)されるそうです。

ただアメリカの建国以来、この弾劾裁判を受けた大統領も2人だけいるのですが、
実際に罷免になった人は一人もいないようです。

■ 大統領の任期は4年間(最長2期で8年)

現在のアメリカ大統領の任期は一期4年で、その後再任されればもう一期できる(3選は禁止)ため、
就任機関は最長8年だそうです。
ちなみに、最近は・・・、
クリントン(旦那さん)→ブッシュ→オバマと3人続いて2期就任しています。

また、アメリカ大統領が任期途中で自ら辞任したケースは極めて例外的なようで・・・、
「ウォーターゲート事件」で辞任に追い込まれた、ニクソン大統領のケースだけだそうです。 

しょっちゅう、任期途中で辞任したり、衆議院を解散させたりする日本とは大違いですね。

ということで・・・、

史上最悪の大統領候補」と言われている、「トランプ氏」と「クリントン氏」。
そのどちらが勝っても、最低でも4年間はアメリカ大統領として世界中に影響力を持つということみたいです。

本当に大丈夫かな・・・。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  2. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  3. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  4. 平成元年ってどんな年だったんだろう?

    あと3ヶ月もすれば「平成時代」が終わり、新しい元号がスタートします。
  5. マヨネーズ

    マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?

    みなさんは、「一人あたりのマヨネーズの消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  6. 日本に住んでいる外国人の数は?

    自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  7. 児童虐待の実態と私達にできること

    先日の千葉県野田市で起きた栗原心愛(みあ)さん(10)の虐待死の事件後、マスコミやネットで頻繁に取り...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 神経内科
  3. 安倍総理の外遊

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  3. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...