アメリカ大統領を途中解任(罷免)ってできるの?

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

 

この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
共和党の「トランプ候補」といい、民主党の「クリントン候補」といい・・・、
なんか、どっちが大統領になっても、今のような世界情勢では、不安を感じるのですが・・・。

今回は、さんざんマスコミで報道されているアメリカ大統領選ではなく、逆に『アメリカ大統領』の解任について調べてみました。

 

■ 米国にも解任させる制度はあるものの・・・

アメリカには、大統領本人から自発的辞任とは別に、『弾劾(だんがい)』という「辞めさせる制度」があり、
選挙を通じて国民に選ばれた、大統領と言えども辞めさせることが可能だということです。

具体的には、この「弾劾制度」は大統領が犯罪(法律違反)を犯した際に適用される裁判制度で、

下院が出席議員過半数の同意による訴追に基づき、上院が弾劾裁判を行います。
そこで、上院の出席議員の3分の2以上の同意があれば、大統領は罷免(=クビ)されるそうです。

ただアメリカの建国以来、この弾劾裁判を受けた大統領も2人だけいるのですが、
実際に罷免になった人は一人もいないようです。

  ▶▶▶ 米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末
  ▶▶▶ フランスの大統領の任期中の解任はできない?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?

■ 大統領の任期は4年間(最長2期で8年)

現在のアメリカ大統領の任期は一期4年で、その後再任されればもう一期できる(3選は禁止)ため、
就任機関は最長8年だそうです。
ちなみに、最近は・・・、
クリントン(旦那さん)→ブッシュ→オバマと3人続いて2期就任しています。

また、アメリカ大統領が任期途中で自ら辞任したケースは極めて例外的なようで・・・、
「ウォーターゲート事件」で辞任に追い込まれた、ニクソン大統領のケースだけだそうです。 

しょっちゅう、任期途中で辞任したり、衆議院を解散させたりする日本とは大違いですね。

ということで・・・、

史上最悪の大統領候補」と言われている、「トランプ氏」と「クリントン氏」。
そのどちらが勝っても、最低でも4年間はアメリカ大統領として世界中に影響力を持つということみたいです。

本当に大丈夫かな・・・。

  ▶▶▶ 米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末
  ▶▶▶ フランスの大統領の任期中の解任はできない?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?



人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 今の日本社会そのものが抱える大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  2. 急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  3. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収はいくら?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  4. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  6. 中国砂漠化

    中国の知られざるアキレス腱、砂漠化問題!

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  7. イタリア国民は、チェルノブイリ事故で脱原発を決意

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の平塚市。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。
  3. 今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  4. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  5. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...