電通での過労死について

最近、マスコミではNHKを中心に民放や一般紙誌でも「電通の過労死が労災認定」の問題を扱っています。
自分が代理店で働いていた10数年前には・・・、
第一報こそ、(マスコミとしての責任感か、いつもいじめられている些細な抵抗か?)小さく扱われても、その後深掘りされることはなく(あとが怖いですよね!)、日々の新しいニュースの中ですぐに忘れられるのが常でした。

でも、ネットの一般普及で「マスコミが騒がなくてもネット上で一般人が騒ぐ」になったので、マスコミ報道も変わってきたようですね。

 

■ 大手広告代理店が引き継ぐDNA!

広告代理店は、一般消費者をターゲットした様々な広告やイベントの企画・運営をしていますが、
その活動の資金源は100%一般企業や政党、公官庁です。つまり、典型的なB2B企業なのです。

そのため、長年この業界で働く人には、お馴染みの言葉・・・

“士農工商・・・犬猫・・・代理店” 

というものがあります。
この意味は・・・、「犬や猫よりも代理店の社員には自由度がない」ということです。
クライアントは神様、「黒いもの」でもクライアントが「白だ」と言ったら「白」なんです。

また、電通には、戦後間もない頃に、4代目社長の吉田秀雄氏によってつくられた「電通マン」の行動規範、「吉田、鬼十則」と呼ばれるものがありました。

<吉田、鬼十則>

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

いやー、ごもっともな内容。
ただ、本当にこれについていけるのは、あの優秀な電通社員でも10人に1人もいないのでは?

電通の不幸な過労死事件。本当は、上司自身がまず「鬼十則」を守らなければならないのに、まだ経験も少ない若い部下にだけ押しつけてた結果では・・・。

 

■ 代理店特有な変わった業務内容と社員への負担

100% B2Bビジネスである 代理店の業務内容は、業界関係者以外には意外と知られていないと思います。簡単にご説明しますと・・・

 一般的な家電や IT 商品など のロンチ(新発売)キャンペーンの場合、担当営業を中心に社内の様々な部署の人間が集まり、プロジェクトチームを組みます
具体的には、営業、キャンペーンプランナー、クリエイティブ(平面、ムービー、ネット)、セールスプロモーション(大規模イベント、店頭)、 メディア(TV、新聞、雑誌、ラジオ、交通広告、ネット)、パブリシティなどなど。
通常、この様々な「人種」の集まりは、社内チームだけでも、総勢20~30人くらいになります。
また、それぞれの専門部署が組む「外注先」の人たちを入れると、軽くこの倍ぐらいの人数のチームになります。

そのチームの中心にいる担当営業は、それぞれの部署のミーティングに参加しなければならないので、とにかく時間がありません。

広告代理店時代の自分は、営業ではなくスタッフだったので、いつも馬車馬のように走り回っている担当営業の姿を見て、「絶対に営業にはなりたくない!」と思っていました。

さらに営業を苦しめる2つの代理店ならではの特殊な要因があります。

一つは、平日の勤務時間です。
元来、クライアントはメーカーさんが多く、朝が早い。一方、 夜行性のクリエイティブスタッフとの深夜ミーティング。
まあ、部長や局長クラスになれば、若い部下に「任せた!」と一言いい、ドロンすることもできるが・・・、若い部下はそうも行きません。

もう一つは、土休日の勤務です。
一般的に様々なイベントは、土休日に行われます。すると、 担当営業はクライアントのイベントに立ち会わねばなりません。そのため、家族のいない独身の営業は毎週のようにイベントに借り出されます。

他にも、夜や休日のクライアント接待。仮に、自分がゴルフに参加しなくても、早朝からクライアントのご自宅に行きお見送り・・・。

代理店業界の場合、本当に、地獄のような日々を送り続けている若手営業は多いと思います。

 

今回の電通のように、ある一定の時間になると、管理部門が 無理やりビルを消灯し、社員を帰らせようとしてもまったく意味ないでしょう。

代理店の仕事の締切は絶対ので、仕事が終わらない社員は会社を出て外注先に行き、そこで朝まで仕事するだけでしょう。

電通だけではなく、代理店業界全体が既存メディアの媒体マージン依存型の収益体質から、業態変革による新しい収益源に移行していくことが、若い貴重な人材のためだと思います。


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  2. 米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. 「温泉ソムリエ」って何?

    ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温...
  5. 日本代表U16メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】小久保 玲央ブライアン 2001.01.23、188cm/74kg、柏レイソルU-1...
  6. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  7. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 先日、テレビのバラエティ番組で神戸市長田区のB級グルメとして地元の人や食通の人に親し...
  2. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  4. みなさんはどうですか? そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「披露宴でのご祝...
  5. 中国砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...