短大や専門学校の鞍替えで4年制大学の数は急増

大学

最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩書が聞いたこともないような大学の教授だったり准教授だったりしませんか?
少子化の影響で、ますます若者が減っていくことが確実な日本なのに、なんでこんな“新しい大学”が出来ているのだろうか?

ということで、今回は4年制大学の数の推移等を見てみました。

■ 短期大学や専門学校が4年制大学に鞍替え!

下のグラフは、4年制大学の数とその学生数の推移です。
グラフはH25年までですが、H28年の最新データは、大学数は777校学生数は2,873,066人で、ほとんど変わっていません。

%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%ae%e6%95%b0

グラフを見る限り、H10年ごろから学生数は停滞状態が15年近く続いていますが、その間も大学数は増え続けています。

次に、短期大学の数とその学生数の推移を見てみると・・・、
学生数は、H5年ごろから急減し始め、H25年にはピーク時の1/4近くまで落ち込んでいます。
一方、学校数の方ですが、こちらはH10年ごろから減少し始め、H25年にはピーク時の4割減程度でとどまっています。

%e7%9f%ad%e6%9c%9f%e5%a4%a7%e5%ad%a6

さらにネットでいろいろ調べていると・・・、

どうやら、文部省(現在の文科省)が「欧米先進国レベルまで4大卒者率を引き上げよう」とし、
4年制大学の認可基準を引き下げ、同時に学生数減少で苦しむ短期大学や専門学校を4年制大学へと次々に鞍替えさせていったようです。

言われてみれば、自分の周りでも・・・、
以前は、JR蒲田駅の線路沿いにあった「日本工学院専門学校」ですが、いつの間にか近代的な巨大ビルを建て、名前も外人が見たらちょっと一目置きそうな「東京工科大学」に変わっていました。


建物も超立派になった東京工科大学のキャンバス

■ 若者の日本の大学離れの兆しも・・・

次に、4年制大学への進学率の推移を見てみました。

%e9%80%b2%e5%ad%a6%e7%8e%87

グラフを見る限り、4年制大学への進学率は、大学数が増えだしたH10年ごろから男女ともに横這いかやや下降気味です。

有名大学や伝統のある大学は大丈夫でしょうが、この15,6年の間に短大や専門学校から4年制大学に変わった学校の経営は大丈夫なのでしょうか?
ますます子供の数は減っていくのに・・・。

「自分が卒業した大学が無くなってしまった!」、なんてことが起きたらイヤですよねぇ。
文科省は、これから先どうするつもりなのでしょうか?

厚労省の年金問題、経産省の原発の問題、東京都の築地移転問題といい、
国民には、まだまだ昔の無責任なお役所仕事のツケがまわってくるのでしょうね。
恐ろしい国だ。 (^-^;

  ▶▶▶ 奨学金制度などの「教育にカネを使わない国ニッポン」
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ 避けて通れない「2025年問題」
  ▶▶▶ 大学生の親の所得低迷と求められる高等教育の無償化

Ad

意外な事実

  1. 屋久杉工芸品

    屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  2. 道路ライブカメラリンク集

    全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  3. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  4. 大学

    短大や専門学校の鞍替えで4年制大学の数は急増

    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. CT

    レントゲンとCTとMRIの違いは?

    よく企業の健康診断や国民健康保険の定期検診の時、CTとかMRIという検査を受けますが、両者の違いをご...
  6. 18年W杯ロシア大会

    32チームが出揃った18年W杯ロシア大会

    来年2018年6月14日 - 7月15日に開催される18年W杯ロシア大会。
  7. 米国大統領のスキャンダル

    米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...

Ad

人気の記事

  1. 世界の人口ピラミッド_
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  3. 安倍総理の外遊
  4. 白人比率の低下
  5. 中国北京の砂漠化

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 有給休暇
    早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  4. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  5. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...