浅草の蛇骨湯

蛇骨湯

訪問日:2014年06月10日

こんにちは。

昨日は、あいにくの小雨混じりの日。でも、朝から一日時間がとれたので・・・、

今回は、先週末、息子とともに近くまで行きながらも、「タイムアップ」で行けなかった、“浅草”の“蛇骨湯”を訪れました。
(実は、先週は途中で迷子になってしまったのです (^-^; )

自分は、東京に住んで早30年以上。

しかし、浅草に行ったことはほとんどなく、
仕事以外では・・・、実は今回が初めてでした!

ということで、“蛇骨湯”に行く前に、2時間ほど浅草をぶらついた後、
かなり疲れてきたので、お目当ての蛇骨湯に向かいました。

平日、しかも小雨交じりなのに、様々な国の観光客や修学旅行の学生でにぎわう“仲見世”。

『蛇骨湯』は、新仲見世のアーケード街から100m程度、
浅草観光での立ち寄り湯としては、絶好の場所にありました。
・・・ただ、非常にわかりづらい場所にありました。


寂れた路地に突然現れた蛇骨湯の小さな看板。近くで、2人連れの外人さんが、『蛇骨湯』への道を訪ねていましたが、確かに、これは、“わかりづらい!” (^-^;


看板の所を曲がると・・・、幅2mほどの路地の奥には、「蛇骨湯コインランドリー」の看板が・・・。
ありました! (*^.^*)

自分も「こんなところに・・・、間違えたかなぁ」と疑心暗鬼のまま、細路地を20mほど進むと・・・、
突き当り右手に、突然現れた『蛇骨湯』。
想像していた以上に、立派できれい! \(^o^)/

蛇骨湯
とても銭湯とは思えない蛇骨湯の入口

のれんをくぐり中に入ると、券売機が。「手ぶらセット」チケットが150円と、
非常にリーズナブルな価格。手ぶらで立ち寄っても600円で済みます。

ところで、この『蛇骨湯』、なんと江戸時代から続いているそうです。
当時も、浅草寺や仲見世で楽しんだ人が、立ち寄っていたのでしょうね!

さて、チケット買い中に入ると・・・、

き・れ・い!

とても、改装から5年とは思えません。

はっきり言って、その辺のスーパー銭湯よりきれいなロッカー。
しかも、ロッカーサイズも、大中小あり、大には機内持込みサイズの旅行バッグが入りそう!

さて、お風呂の方ですが・・・、
露天、白湯、ジェット、電気、水風呂と種類は多い方ではありません。

でも、ここのお風呂は“すべて加水なしの源泉”とのこと。

驚いたのは、カラン湯やシャワー湯まで“温泉”で、薄い褐色なのです。

自分は、壁の立派な“富士山”を眺めながら、白湯で軽く温まった後、
すぐに、楽しみにしていた露天風呂へ。

一言、「最高!」でした。

空は、ほとんど見えないのですが・・・、
なんと、岩を使った日本庭園があるのです。
岩場の草茂みからは、湧水風の滝が。
そしてその先には・・・、池があり・・・、
沢山の“錦鯉”が、ゆったりと泳いでいるではありませんか!

湯上りに、鯉を眺めながら、いすに座って涼む。
本当に、“最高の贅沢”でした。

ここに観光で来た外人さん、きっと大感動でしょうね。

改装前のものですが、蛇骨湯さんのHPにTV放映された映像が何本かありましたので、こちらからどうぞ。

いや~、これまで自分は、東京近郊を中心に、100以上の温泉銭湯にいったと思いますが、今回の蛇骨湯さんの満足度は、最高レベルでした。

また今度、浅草近辺に行くことがあったら、必ず立ち寄りたいと思います。

 

湯上がりのビールが楽しめなかったのは、残念ですが・・・、
ほんと、いい湯でした。 ヽ(´▽`)/

 ◯蛇骨湯のHPはこちらから

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. ゴールデンエイジ

    子供の運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  2. 年代別の平均年収はそれぞれいくらくらい?

    毎日、一生懸命働いてるのに、給料はなかなかアップしませんよね。
  3. 国民の新聞離れ

    ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに、新聞を読む人が減ってきているという話を...
  4. 藤枝東高校サッカー

    藤枝東高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    藤枝東高校サッカー部は、1926年の創部で90年以上の歴史を誇ります。
  5. タクシードライバーの平均年齢は?

    先日、病院に行く際に乗ったタクシー。そのタクシーのドライバーの方が、見た感じかなりのご高齢者。
  6. 米国大統領のスキャンダル

    米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  7. 米国連邦議会

    トランプ政権の運命の分かれ道である米国中間選挙

    最近、TV等で目にすることが多くなった「米国中間選挙」という言葉。

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. 新国立競技場
  3. 藤枝東高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  3. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。