浅草の蛇骨湯

蛇骨湯

訪問日:2014年06月10日

こんにちは。

昨日は、あいにくの小雨混じりの日。でも、朝から一日時間がとれたので・・・、

今回は、先週末、息子とともに近くまで行きながらも、「タイムアップ」で行けなかった、“浅草”の“蛇骨湯”を訪れました。
(実は、先週は途中で迷子になってしまったのです (^-^; )

自分は、東京に住んで早30年以上。

しかし、浅草に行ったことはほとんどなく、
仕事以外では・・・、実は今回が初めてでした!

ということで、“蛇骨湯”に行く前に、2時間ほど浅草をぶらついた後、
かなり疲れてきたので、お目当ての蛇骨湯に向かいました。

平日、しかも小雨交じりなのに、様々な国の観光客や修学旅行の学生でにぎわう“仲見世”。

『蛇骨湯』は、新仲見世のアーケード街から100m程度、
浅草観光での立ち寄り湯としては、絶好の場所にありました。
・・・ただ、非常にわかりづらい場所にありました。


寂れた路地に突然現れた蛇骨湯の小さな看板。近くで、2人連れの外人さんが、『蛇骨湯』への道を訪ねていましたが、確かに、これは、“わかりづらい!” (^-^;


看板の所を曲がると・・・、幅2mほどの路地の奥には、「蛇骨湯コインランドリー」の看板が・・・。
ありました! (*^.^*)

自分も「こんなところに・・・、間違えたかなぁ」と疑心暗鬼のまま、細路地を20mほど進むと・・・、
突き当り右手に、突然現れた『蛇骨湯』。
想像していた以上に、立派できれい! \(^o^)/

蛇骨湯
とても銭湯とは思えない蛇骨湯の入口

のれんをくぐり中に入ると、券売機が。「手ぶらセット」チケットが150円と、
非常にリーズナブルな価格。手ぶらで立ち寄っても600円で済みます。

ところで、この『蛇骨湯』、なんと江戸時代から続いているそうです。
当時も、浅草寺や仲見世で楽しんだ人が、立ち寄っていたのでしょうね!

さて、チケット買い中に入ると・・・、

き・れ・い!

とても、改装から5年とは思えません。

はっきり言って、その辺のスーパー銭湯よりきれいなロッカー。
しかも、ロッカーサイズも、大中小あり、大には機内持込みサイズの旅行バッグが入りそう!

さて、お風呂の方ですが・・・、
露天、白湯、ジェット、電気、水風呂と種類は多い方ではありません。

でも、ここのお風呂は“すべて加水なしの源泉”とのこと。

驚いたのは、カラン湯やシャワー湯まで“温泉”で、薄い褐色なのです。

自分は、壁の立派な“富士山”を眺めながら、白湯で軽く温まった後、
すぐに、楽しみにしていた露天風呂へ。

一言、「最高!」でした。

空は、ほとんど見えないのですが・・・、
なんと、岩を使った日本庭園があるのです。
岩場の草茂みからは、湧水風の滝が。
そしてその先には・・・、池があり・・・、
沢山の“錦鯉”が、ゆったりと泳いでいるではありませんか!

湯上りに、鯉を眺めながら、いすに座って涼む。
本当に、“最高の贅沢”でした。

ここに観光で来た外人さん、きっと大感動でしょうね。

改装前のものですが、蛇骨湯さんのHPにTV放映された映像が何本かありましたので、こちらからどうぞ。

いや~、これまで自分は、東京近郊を中心に、100以上の温泉銭湯にいったと思いますが、今回の蛇骨湯さんの満足度は、最高レベルでした。

また今度、浅草近辺に行くことがあったら、必ず立ち寄りたいと思います。

 

湯上がりのビールが楽しめなかったのは、残念ですが・・・、
ほんと、いい湯でした。 ヽ(´▽`)/

 ◯蛇骨湯のHPはこちらから

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 外国人の和食・日本料理イメージ

    外国人の和食・日本料理イメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  2. 白人比率の低下

    米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...
  3. 国民の新聞離れ

    ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに、新聞を読む人が減ってきているという話を...
  4. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  5. メガバンク

    驚くべき世界の銀行ランキング

    最近は仮想通貨が話題ですが、今回はリアルの銀行の世界ランキングを見てみました。
  6. 国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策

    先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃...
  7. 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?

    これまで、日本の大半の温泉やプールなどでは、昔からのマイナスイメージの強さから、「入...

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 高齢ドライバー事故
  4. 2025年問題

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  4. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  5. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。