蒲田温泉

訪問日:2014年06月13日

こんにちは。

昨日は、“蒲田行進曲”や“梅ちゃん先生”で有名な大田区蒲田にある『蒲田温泉』に行ってきました。

場所は、ちょっと不便なところにあり、ぶらぶら街を眺めながら、歩いていたので、15分程かかりました。

JR蒲田駅東口を出て10分ほど歩くと、アパートや古い民家、そして商店が立ち並び、車がやっと通れるような、非常にごちゃごちゃした古い街並みに。

そのど真ん中に、「蒲田温泉」はありました。


車が通れない路地を歩いていると・・・、木と建物の間から、“温”の文字が!その先には、たくさんの自転車が・・・。


お目当ての「蒲田温泉」には、派手なドデカイ看板があり、どう見ても、“普通の銭湯”には見えません。

真っ赤で、非常に目立つ大看板。写真をとっている間にも、2-3人のお年寄りが入って行きました。見かけはともかく・・・、繁盛しているようです。
建物の外観の薄汚れに、やや不安を覚えつつも、
いざ、蒲田温泉へ!


蒲田温泉の入口。入り口の周りには、きれいに並んだ自転車がたくさん。

中に入ると・・・、
目に飛び込んでくるのは、一見、温泉民宿のような光景。

いたるところに貼られている、様々なポスター類。
黒い革張りのソファーとその横に置かれた観葉植物。

今回が初訪問であった自分は、正直、この「とても銭湯とは思えない」雰囲気に、やや戸惑いました。


蒲田温泉のロビー。その床にはクラブのように一面に敷かれた、ピンクと黒模様の派手な絨毯。「いかにも、蒲田っぽい」と感じるは、自分だけ?


「お風呂は、どんなんだろう・・・」と、怖いもの見たさの期待感で、さっそく、脱衣所で裸になり、入浴! (o^-^o)

こんな書き方すると失礼かもしれませんが・・・完全に、“期待ハズレ”でした。

今まで見たことないような、透明度ゼロのドス黒い“黒湯”。

この黒湯、「ぬる湯」と「熱湯」に分かれており、壁にある温度計の赤い数字は・・・、

なんと・・・、“43.2℃” と“45.7℃”  ( ̄▽ ̄;)!!

自分が、入浴前に体を流していると、湯船の方から・・・

「親方、よくその熱いのはいれるねぇ~。先月、それに入って倒れた人がいたよ。親方も、もう年なんだから、気をつけてよ!」

という、声。
昨年、高血圧で脳溢血を起こした自分は・・・、
“こ、これは、マジでヤバい!” と思い、“熱湯”のほうは断念!

まあ、ここの黒湯は“効きそう”なんですが、湯船が狭い。
しかも、自分にとっては「ぬる湯」でも熱くて、とてもゆっくりつかることはできませんでした。

見る限り、ここの常連さんは、「ゆっくりつかりながら、お湯を楽しむ」というより、
「肌がピリピリするような熱湯に、さっと入り、さっと上る」人が多いみたいです。

どうやら、蒲田温泉は、「ぬる湯を、ゆくっりと楽しむ自分」向きではないようでした。

いつものような長湯はあきらめ、早々にお風呂から上がった後、
あのはでな絨毯が敷かれた、狭い階段をのぼり、二階の休憩所へと移動しました。

さて、派手な絨毯の階段の先には・・・、

とても、銭湯の二階にあるとは思えない、“立派な舞台ステージ”があるではありませんか。そうです、「蒲田温泉」の二階は、“演芸場”になっていたのです。


蒲田温泉の演芸場のカウンター? そこには、記念撮影用の“手造り”木彫りが。これって、常連客さんからのプレゼントだそうです。

この日は、平日の昼間だったので、普通のお食事処として、営業していましたが、ほとんどお客さんは無く、静かでした。

自分は、さっそくここで、“風呂あがりの一杯”を楽しみました。平日、真っ昼間ということで、ノンアルコールビールでしたが・・・。

ビールを飲みながら、いろいろうろつくと、この“演芸場”の端には、常連さんがキープしたボトルだけでなく、なんと、マジックで名前の書かれた“箱ティシュ”が、たくさんキープされていました。 (^^;

 

実は、ここ「蒲田温泉」は、そーとう有名なようで・・・、

壁には、TV番組等のロケ取材で来訪した、たくさんの芸能人のサイン色紙が、飾られていました。


色紙の真ん中に「赤い拳」が書かれた“ガッツ石松”さんのサイン!

ただ、この「蒲田温泉」、上の写真にも写っているように・・・、「全館禁煙」。
最近、全館禁煙の銭湯、増えてますが、まあ、このご時世、「しょうが無い」でしょうね。 (;ω;)

ここ蒲田温泉は、生活感溢れる「庶民の街、蒲田」らしい温泉でした。自分には、あの熱湯のお風呂は、今ひとつ・・・でしたが、二階の休憩所は、なかなか良かったと思います。

 ◯蒲田温泉のHPはこちらから

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 屋久杉工芸品

    屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  2. 介護福祉士

    介護福祉に関する資格制度が乱立

    自分は、5年ほど前に脳卒中(脳出血)で倒れてしまい、その後遺症で今現在も右片麻痺です。
  3. 安倍総理の外遊

    安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

    安倍総理は、また外遊しているようです。
  4. 青森山田

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...
  5. 大谷翔平3

    メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

    大リーグのロサンゼルス・エンジェルスでメジャーリーグデビューを果たした二刀流の大谷翔平選手。
  6. 流通経済大学サッカー部

    流通経済大学体育局サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、全国の大学の中で最も多くのJリー...
  7. 中国砂漠化

    日本の国土と同じ広さが約11年で砂漠化している中国

    中国の砂漠は、すでに国土全体の約2割を占めるようになっています。

Ad

人気の記事

  1. 弾道ミサイル
  2. 東京
  3. 安倍総理の外遊
  4. 青森山田
  5. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  2. 行楽弁当
    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  5. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。