国際社会

国際社会

日本の「失われた30年」の間に、ここまで変わってしまった中国と世界!

中国の資本主義化は、今からわずか36年前の1984年に、深圳・厦門等の4つの経済特区と上海・広州等の14の対外開放都市を設置し、欧米からの投資を受け入れたことから始まりました。その...
国際社会

欧州を襲う新型コロナ第二波の現状と日本

一向に収まる気配のない新型コロナウィルスによるパンデミック。今年の3月に発生源の中国から本格的に世界へ広がり出して、早や7ヶ月が経ってしまいました。この間、片麻痺で介助無しでは外出...
国際社会

人口ピラミッドから見た世界と日本の将来

国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。
国際社会

日本の貧困率は先進国でも高水準だが、今後は更に上昇?

よく日本は先進国の中でも貧困率が高く、実は「6人~7人に1人が貧困ラインを下回っている」という話を時々目にします。 これってどういうことなんでしょうか? 自分はよくわからなかっ...
国際社会

米国の白人比率は2050年には47%まで減少!

1960年には、85%を占めていた白人が、今から33年後の2050年には、ヒスパニックやアジア人種の比率が大幅に増え、白人の比率は47%にまで減少します。 すでに2012年の時点でヒスパニック比率は17%で約5,000万人、黒人を抜き米国の№2人種です。
国際社会

30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみまし...
国際社会

北京の砂漠化問題とPM2.5や黄砂による日本への影響

いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に進み、今では国土の1/4以上が砂漠化しているそうです。 この中国の砂漠化、日本に...
国際社会

北方領土に対するロシア人の意識

2016年年末のプーチン大統領の来日から早3年が経ちますが、未だに一歩も前進していない北方四島の返還問題ですが、外務省HPを見ていたら、2016年の春に実施されたロシア国民を対象と...
国際社会

日本人から見た韓国、韓国人から見た日本は?

なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。慰安婦問題や竹島問題など日本と韓国の間には国民感情を逆なでするような様々な問題があります。 そこで今回は、日本人と韓国人の間の国民意識...
国際社会

チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民の勇気

2011年3月に起きた福島原発事故からあっという間に9年が過ぎました。しかし、日本政府ののらりくらりの対応で、未だに被災者の多くは悲惨な生活をし、また「原発反対」という世論の声に押...
国際社会

中国人を最も疑っているのは中国人

みなさんは、中国人の言うことを信用しますか? 自分は、よほど親しい知りあいの中国人の話以外は、中国人の言うことは信用しません。 その理由は、30年来の親友である中...
国際社会

イスラム教徒の数が急増し2050年にはキリスト教徒数と並ぶ世界

テロだとか難民問題だとかで、世界中のメディアを毎日のように騒がせているイスラム教徒。 皆さんもご存知の通り、イスラム教は西暦610年に「ムハンマド(マホメット)」が唱え、アラー神...
国際社会

インドの人口は2070年には脅威の23億人!

世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。 しかし、5年後の2022年にはインドが中国と並び、その後はインドが世界一になり続けるそうです。 そこで今回は、インドや...
国際社会

日本人の中国イメージは大きく変化

先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回はその一部をご紹介します。 データの出典は、 毎年総理府が行っている「外交に関...
国際社会

世界価値観調査からみた日本人の特異性

先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。 この調査は、世界の異なる国の人々の社会文化的、道徳的、宗教的、政治的価値観を調査するために、欧州...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました