低モラルの公務員の信じられない対応・犯罪~その1

おやじの戯言

昨年、国会で散々たたかれた「森友学園」と「加計学園」をめぐる問題も、結局官僚や政治家は「証拠不十分」で不起訴、誰一人何の責任も取らず幕引きで終わりました。本当にひどい政府と官僚の国ですね。

そこで、自分がどうしても許せないと感じたニュース(どうせ腐りきった官僚に隠されてもみ消されるニュース)を微力ながら再発信します。

以下は、事件が起きてからほぼ1ヵ月たった今年の2/4の深夜2:00に毎日新聞からネット配信された記事からの抜粋です。

 愛知県の職員が身元不明の70代男性をいったん保護した後、管轄地域外へ連れて行き、深夜に公園に放置したまま立ち去っていたことが3日、関係者への取材で分かった。男性は脳梗塞(こうそく)を発症した疑いがあり、現在病院で治療を受けているという。
 県などによると、・・略・・ キャッシュカードを持たずに現金自動受払機(ATM)を操作していた男性を県警津島署が保護し、県海部福祉相談センター(同県津島市)が引き継いだ。当時、男性は筆談や会話ができない状態だったという。
・・略・・ センター職員が簡易宿泊所などの受け入れ先を探したが見つからず、地元消防などに病院への搬送を依頼したものの救急搬送の必要がないなどとして拒否されたという。
 対応に困った職員はこの日深夜管轄外の ・・略・・ 公園へ男性を連れて行き、公衆電話から偽名で119番をして、男性を公園に放置した。男性は駆けつけた市消防局の救急隊に保護されたという。 ・・略・・ 当時の気温は6・4度で雨が降っていた。
 センターで保護したはずの男性が中村区にいたことを不審に思った県警がセンター側に指摘し、上司が担当者に真実を話すよう説得した結果、公園に放置して立ち去った事態が明らかになった。脳梗塞の発症時期は不明だが、家族の話では数日前には元気な状態だったという。
 ・・略・・ 県地域福祉課の緒方武俊課長は「調査中でコメントできないが、事実だとしたらあってはならない対応だ」と話した。

皆さん、信じられますか?

追記 2月6日:この記事をTwitterに載せたら、1日半で消された! 全くひどい。まあ、メディアの人はこの記事を見たようで十分広げてくれています。ありがとうございます。

おやじ
おやじ

明らかに犯罪だ!

この記事も事件発生から1ヵ月近く経ってからオープン、しかもネットの深夜のニュース速報にされているのです。どう見ても国民に知られたくないと意図で、何とか隠蔽したい行政サイドからメディアに対して何らかの圧力があったとしか、自分には考えられません。

県の地域福祉課数名の職員が、福祉相談センターに送られてきた突然の脳梗塞にみまわれ、口も手もマヒ状態にある70歳過ぎの老人を、対応が面倒だからわざわざ所轄外の公園まで行き、雨の降る真冬の深夜放置したわけです。別報道によると、「上司の指示で職員2人」で実行したそうです。

こんなのって県職員の集団殺人未遂じゃないの? 責任者である課長のコメントもまるで他人事。どうせ、役所のことだから大した処分もしなかったのでしょうね。

皆さんは、どう思いますか?

ppbear
ppbear

ひどすぎる、人間のすることじゃない・・・

脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?
厚生労働省では、以下のように定義しています。 “脳卒中”とは・・・、 「脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気」 さらに、“脳卒中”は、その原因の違いにより、以下の3種類に分類されています。
タイトルとURLをコピーしました