新型コロナウイルス感染で本当に正念場を向かえた世界の国々!

世界を揺るがす新型コロナウイルス社会問題

世界中を騒がせている新型コロナウイルスですが、これまではアジアに集中していた感染者ですが、恐ろしいことにここ1週間ほどで急速に西ヨーロッパに広がりだしました。
そこで、今回はその世界での感染状況の現状についてまとめてみました。なお、データソースは2月の早い時期からこの新型コロナウイルスの感染状況を追っている米国のジョンズ・ホプキンス大学(世界中のマスコミが活用中)のものです。

スポンサーリンク

世界全体で10万人を超えた新型コロナウイルス感染者

今回の「新型コロナウイルス感染」は、昨年末に中国の内陸部にある湖北省武漢市で原因不明の肺炎患者が発生し、2020年1月7日に中国当局が新種のコロナウイルスを検出したと世界保健機関(WHO)に報告したことでスタートしました。

おやじ
おやじ

ということは、今日でちょうど2ヵ月なんだなぁ・・・。

本日、2020年3月7日時点での全世界での感染状況は以下の通りです。

 

感染者数 → 102,180人
死亡者数 → 3,491人
治癒者数 → 57,389人
感染国数 → 87カ国・地域

今回の「新型コロナ」とよく比較される、2002年に中国広東省で発生したSARSは、WHOが終息宣言を出すまでの9ヶ月間での感染者数8,093人死亡者数774人です。 (データソース:WHO)
・・・驚くことに、今回の新型コロナへ感染流行は発生からたった2カ月で世界中の90カ国近くに広がり、SARSの10倍以上の感染者と、5倍近い死亡者をすでに出しているのです。ただ、感染致死率がSARSの9.6%に比べ、3.4%とかなり低いため、世界中も油断していたのではないでしょうか?

また、2009年に世界中で大流行した新型インフルエンザは、約1年の間流行し、世界214カ国・地域で感染者を出し、死亡者数は1万8449人となっています。  (データソース:WHO)

こう見てくると、今回の新型コロナ感染流行って、これから本番という気もし、・・・怖いですね。

新型コロナウイルス感染MAP

世界中に広がる新型コロナウイルス感染 出典:ジョンズ・ホプキンス大学site

この1,2週間で西欧諸国が感染急拡大!

中国から始まった「新型コロナウイルス」ですが、2月の後半から西欧諸国で感染が急拡大しているのにはびっくりしました。下は西欧主要5カ国での感染者数の変化です。

イタリア: 2/22 9人 → 3/7 4,636人
ドイツ : 2/25 16人 → 3/7 670人
フランス: 2/26 12人 → 3/7 653
イギリス: 2/27 13人 → 3/7  164人
スペイン: 2/27 12人 → 3/7 401人

たった1週間強で、感染者数は100倍に増えているのです。このほかにも、スイス、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、ベルギーなどでも感染者数は100人を超えました
このペースですと、休み明けには西欧での感染者数は10,000人を超えているでしょうね。

ヨーロッパに広がる新型コロナウイルス感染

ヨーロッパに広がる新型コロナウイルス感染 出典:ジョンズ・ホプキンス大学site

さらに、恐ろしいのはここ数日で米国での感染者数が急拡大していることです。トランプ大統領は一生懸命やっているようですが、すでに全米に広がりつつあるようです。ただ米国ではこの冬、インフルエンザが猛威を振るっており、米疾病対策センター(CDC)の発表では、全米で2,000万人以上が感染し、死亡者数はすでに14,000人以上となっており、最近急拡大した新型コロナウイルスにはまだまだ手が回らない状況とも言いわれています。

全米に広がる新型コロナウイルス感染

全米に広がる新型コロナウイルス感染 出典:ジョンズ・ホプキンス大学site

正念場を向かえつつある欧州と世界

最後に新型コロナウイルス感染者データをいろいろと見てみました。

感染者数シェアTOP10

1位中国78.9%
2位韓国6.6%
3位イラン4.6%
4位イタリア4.5%
5位ドイツ0.7%
6位フランス0.6%
7位日本0.4%
8位スペイン0.4%
9位米国0.3%
10位スイス0.2%

やはり、人数という面ではまだまだ8割近くが感染源国の中国なんですねぇ。あと、やはり韓国、イタリア、イランはかなりヤバい水準ですね。逆に、東南アジアの国々は少ないんですねぇ。

死亡者数シェアTOP10

1位中国84.76%
2位イタリア5.64%
3位イラン3.55%
4位韓国1.26%
5位米国0.32%
6位フランス0.26%
7位日本0.17%
8位スペイン0.14%
9位香港0.06%
10位イギリス0.06%

死亡者数シェアでも、やはり中国がダントツですねぇ。ただ、先進国であるイタリアはなぜこんなに死亡者数が多いんだろうか?

人口100万人当たりの感染者数TOP10

1位韓国130.5
2位イタリア76.5
3位イラン57.6
4位中国57.6
5位スイス25.0
6位シンガポール22.8
7位ノルウェー20.1
8位香港14.5
9位ベルギー11.1
10位スウェーデン10.0

人口当たりという面では、今や最悪国は中国ではなくダントツで韓国なんですねぇ。こりゃ、韓国政府も大変だ!あと、イタリアも人口比で見たら中国以上とは、かなりヤバい水準ですね。

人口100万人当たりの死亡者数TOP10

1位イタリア3.25
2位中国2.11
3位イラン1.51
4位韓国0.85
5位香港0.27
6位フランス0.13
7位スイス0.12
8位スペイン0.11
9位オランダ0.06
10位日本0.05

人口当たりの死亡者数という面では、驚いたことにイタリアがダントツなんですねぇ。中国の1.5倍以上、日本の60倍以上とは、イタリア国民ほんとにパニックだろうなぁ。でも、先進国であるイタリアがなぜ中国やイランより死亡率が高いんだろうか? 疑問だ???

こう見てくると、陸続きでさらにEUで人の往来が自由西欧諸国の、ここ1-2週間の動向が本当に心配ですね。社会や世界経済に与える影響は、半端じゃ済まないだろうなぁ・・・。
まあ、この世界情勢を冷静に考えれば、残念だけど2020東京オリンピック開催はまず無理だと思う。きっと、開催国の日本の国民以外の世界中の人びとの頭には、単なるスポーツの祭典イベントである東京オリンピックなんてもうすでにないんだろうなぁ・・・。

おやじ
おやじ

日本国内も心配だが、欧米の動向は世界全体に与える影響がアジアの比じゃないから、ほんと心配だ・・・。

タイトルとURLをコピーしました