新型コロナウイルス関連の日本における主な出来事を整理してみた

経済・社会

2020年01月16日に、 日本国内初の新型コロナウイルス感染者(武漢帰りの30代男性)が神奈川県で確認されてからもうすぐ3ヶ月になります。2月中は感染者数の増加は緩やかで2末時点での感染者数は241名死亡者数は6名でした。
しかし、3月中旬以降急速に感染者数の増加し、4月10日現在の感染者数は25倍以上の6,188人死亡者数も20倍の120名となっています。

そこで、今回は各種報道をもとに、新型コロナ関連の主な出来事を整理してみました。

スポンサーリンク

「こと」の発端は?

新型コロナウイルスの人への感染は、中国の武漢市内ですでに昨年の後半には始まっていたそうです。しかし、武漢市や中国政府が隠蔽(?)したため世界中への発表は年明けの2020年1月9日の世界保健機関(WHO)の声明発表となりました。

1月9日 主な出来事>
WTOが初めて武漢で新型コロナウイルスによる感染症発生を発表

【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は9日、中国・湖北省武漢市で多発している肺炎で、患者から原因と疑われる新型コロナウイルスが検出されたことをめぐり、現時点では中国への渡航や取引の制限は不要との見解を示した。
WHOは声明で、「中国当局によれば、同ウイルスは一部の患者に重篤な症状を引き起こすが、人同士では容易に感染しない」と説明。「中国には、感染拡大を抑えるしっかりとした公衆衛生の対応力が備わっている」と、中国当局への信頼感を示した。 (出典:時事ドットコム

武漢市内の様子

武漢市内の病院の様子

ただ、このWHOの発表以前の1月5日には、厚生労働省から「中華人民共和国湖北省武漢市における原因不明肺炎の発生について」という声明を発表し、「武漢市から帰国の中で、咳や発熱等の症状がある人一般の医療機関を受診するようにお願い」をしています。

さらに、厚生労働省は1月7日と1月10日にも新型コロナウイルス関連の声明を発表し、その中で「香港、シンガポール、台湾等で武漢市から渡航した者の発熱の報告があがっているが、既に他の原因(病原体)が明確になった事例が大半であり、これまでのところ、本疾患との因果関係が明らかになったものはない。」と語り、武漢市から帰国者への対応はそのままでした。

まあ、厚生労働省も情報が少なかったと思いますが、まあ最初に書いた通り、1月16日には武漢帰りの男性が日本国内初の新型コロナウイルス感染者となっているのだから、この時点でもう少し厳しい水際対策ができなかったのかなぁ?

おやじ
おやじ

WHOも厚労省も対応は甘いし、遅いなぁ・・・。

1月28日 主な出来事>

厚生労働省が新型コロナウイルス関連肺炎の発生についての電話相談窓口を設置

当初は武漢からの帰国者等を対象としていた「ゆるゆるの水際対策」の一環として設置したようだが・・・。

1月29日 主な出来事>
武漢からの政府チャーター便による邦人帰国始まる

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、現地に滞在していた邦人206人を乗せた日本政府の最初の民間チャーター機が29日午前、武漢から羽田空港に到着した。・・・略・・・ 東京都によると、このうち体調不良を訴えた30~50代の男性3人と50代の女性2人の計5人について、感染症指定医療機関の荏原病院(東京・大田)と都立駒込病院(東京・文京)で受け入れた。 (出典:nikkei.com)

この時点で、欧米各国もチャーター機を飛ばし武漢滞在の各国民を救出をしていましたが、どこの国も帰国後2週間の隔離期間を設けていました。しかし、日本では体調不良者以外は公共交通機関で帰宅させていたのです。今考えると、とても信じられませんね。
ちなみに、1月末時点での感染者数は11名、死亡者ゼロでした。

おやじ
おやじ

後日、厚労省はこの対応をマスコミから非難されると、日本の法律下では「隔離を強制することはできない」と言っていましたが・・・、他にも打つ手はあったのでは?

世界が日本の対応に注目した「ダイヤモンド・プリンセス号」内感染

2月5日 主な出来事>
横浜港に寄港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内で新型コロナウイルス感染者
確認

2月3日に横浜港に到着しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施中ですが、これまで新型コロナウイルスに関する検査結果が判明した31名のうち、10人については、新型コロナウイルス検査の陽性が確認されたため、神奈川県内の医療機関へ搬送されました。 (出典:厚労省HP)

ダイヤモンド・プリンセス号

出典:日経com

このクルーズ船には、乗客2666人、乗員1045人と4,000人近い人が乗っており、その後急速に乗客・乗員の間で新型コロナウイルスの感染が広がり、結局寄港から約1か月後の3月1日全乗組員の下船するまでの間に、感染者数は723名、死亡者12名という悲惨な結果に終わりました。
なお、厚労省は体調不良もない下船者には、「公共交通機関を利用して帰宅しても構わない」と驚きの指示を出していたのです。さすがにこの厚労省の対応は、世界中のメディアから非難が集中しました。

おやじ
おやじ

今思えば、1カ月近くも狭い船内で隔離状態にあった乗客・乗員たちは、よく暴動起きなかったなぁ・・・。

2月13日 主な出来事>

神奈川県で新型コロナウイルス感染者が初の死亡。

厚労省によれば、亡くなった方には海外渡航歴はなく、また病状の経過は以下の通りです。
1月22日 :倦怠感が始まり、25日に悪化。
→1月28日 :医療機関を受診したが経過観察。
2月1日 肺炎の診断を受けて入院
2月12日:ウイルス検査を実施
→2月13日 :死亡。その後、ウイルス検査で陽性が確認。
体調不良から入院まで10日、入院からPCR検査まで12日。こんなに時間があったのに、死亡後に検査結果が出るとは・・・。きっと、まだこの頃は病院のベッド数や検査スタッフも十分余裕があっただろうに・・・。

おやじ
おやじ

このころから、厚労省の対応はぐちゃぐちゃだったなぁ。

2月17日 主な出来事>

厚労省が新型コロナウイルスの「相談・受診の目安」を公表。

新型コロナウイルスの「相談・受診の目安」

出典:毎日新聞HP

この「相談・受診の目安」と相談センターは、「相談しても、PCR検査が受けられない」と非常に不評でしたね。

2月27日 主な出来事>

安倍首相が突然「「ここ1~2週間が極めて重要な時期だと強調し、3月2日から春休みまで、全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請。

これは、教育関係や子供のいる家庭にとっては全くの「寝耳に水」だったので、高校生がいる我が家もほんと参りました。クルーズ船の件といい、この件といい、安倍首相は危機管理能力ゼロだね!
今思えば、本当に「ここ1~2週間が極めて重要な時期」だったのだろうか?熟考せず思いつきでやってない?

おやじ
おやじ

自分と同じようにただただ「えっ、なぜ今」と思った人も多いのでは・・・。

2月28日 主な出来事>

北海道の鈴木知事が道民に「新型コロナウイルス緊急事態宣言」を発表

この「緊急事態宣言」では「不特定多数の人が集まる閉鎖された場所や換気の悪い場所や人混みへの外出を3月19日まで控えるよう要請したものでした。
下のグラフは北海道での1日の感染者数推移ですが、これを見る限り、人込みへの外出自粛は感染拡大予防にかなり効果があるようですね。(グラフの出典:北海道庁HP)

ちなみに、2月末時点での感染者数は242名、死亡者5名でした。また、この頃から中国国内以外でも韓国やイタリアで感染者数が急増をし始めました。

国民から見放されていった安倍政権

3月5日 主な出来事>

政府は、日中間で4月上旬を予定していた中国の習近平国家主席の国賓来日を当面延期すると発表

この発表と同じ日に、政府はようやく水際対策の抜本的な強化として、中国、韓国からの入国者への二週間隔離と国内の公共交通機関を使わないことを要請すると表明した。
遅すぎる!米国なんか1ヵ月以上前の2月3日に「米国入国前14日以内に中国(香港とマカオの特別自治区を除く)滞在歴のあるアメリカ国籍以外の方の入国禁止」しているのに。
きっと安倍さんは「習近平の国賓来日」を実現し、歴史に名前を刻みたかったのでしょうね・・・。

3月18日 主な出来事>

新型コロナ感染の判明後、周囲に「ウイルスをばらまいてやる」と飲食店を訪れていた男性死亡

カラオケバーと思われる店で、ホステスと共に酒を飲む映像が公開され日本中を驚かせたこの愛知県で起きた事件。この男性は3月4日に陽性と判定され自宅待機を求められていたものの、同日夜に市内の飲食店2店舗を訪れ、「俺は陽性だ」といいながら酒を飲んでいたとのことです。その後、店の女性従業員の感染も判明したそうです。ただただ、信じられない出来事としか言いようがありません。

3月24日 主な出来事>

IOCが東京オリンピック・パラリンピックの「1年程度」延期を決定

極めて遅い決断では?
今となっては、来年の夏だと世界がまだまだ落ちついていないような気がしますが・・・。

おやじ
おやじ

はっきり言って、このオリンピックは「アスリートのためよりも経済対策のため」という歪んでいたと思う。まあ、延期しても企業スポンサーが付かないだろうなぁ。

3月26日 主な出来事>

慶應義塾大学病院の研修医による懇親会での新型コロナウイルス集団感染

病院では常々、「懇親会などの会食はしないよう」厳重に注意喚起していたにも関わらず、同大学の研修医約40人が「お疲れ様会」なる懇親会を実施していた。その後、18人が新型コロナウイルスに感染し、同病院に入院したとのこと。
若いとは言え、東大や京大の医学部とならび、日本のエリート中のエリートである慶応医学部卒の医師免許を持つ人たちの行動とは思えない・・・。

おやじ
おやじ

世の中がこんな時に・・・、慶応OBとして情けない!

3月27日 主な出来事>

異動してきた署長らの歓迎会に参加した、幹部警察官が新型コロナウイルス集団感染

神戸市西区の神戸西警察署で起こったこの事件ですが、これまでに署長と副署長を含む8人の感染が分かっています。なお、この警察署では、全署員の1/3にあたる約120人を自宅待機させているとのこと。そのため、兵庫県警では治安維持等の業務に支障が出ないよう応援の警察官を派遣しています。
日本中で宴会自粛が求められているこんな時期に・・・、これもただただ、信じられない出来事としか言いようがありません。

おやじ
おやじ

・・・

3月下旬 主な出来事>

都が花見の宴会などの自粛要請中にもかかわらず、安倍昭恵総理夫人が仲間たちとお花見を実施

桜をバックに満面の笑顔の昭恵夫人を真ん中した参加者全員での記念撮影写真が某週刊誌に暴露される中、3月27日の国会でこの件に関して安倍首相は「知人とレストランで会合を持った際、桜を背景に記念撮影をした。レストランの敷地内の桜の下で撮った。」「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行っていた事実はない。」などと答弁している。絶対に頭を下げないし、誤らない、ほんと最低の人間だね。

4月8日 主な出来事>

安倍政権が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく緊急事態宣言を7都府県対象に発令

多くの専門家から「早期の発令」を求められていたにもかかわらず、安倍さんは「まだその時ではない」とずーと引き延ばしてきた緊急事態宣言。いろいろな見解はありますが、「引き延ばしてきた理由」は発令による経済への影響のようです。
海外メディアでは、「日本の新型コロナウイルス対策は、国民の安全と経済損失の最小化を天秤にかけている」と非難されています。
ことわざのように、「二兎を追う者は一兎をも得ず」という最悪の結果にならないことを祈るばかりです。

皆さんは、どう思いますか?

新型肺炎と同じような感染症で過去100年で大流行したものは?
今世界中が大騒ぎになっている、中国武漢から広がった新型コロナウイルスによる新型肺炎ですが、患者数は1/23の571人、死者は17人から本日までのたった5日間で患者数は2800人以上...
中国で発生した新型肺炎をひき起こす新型コロナウイルスって何?
今、中国の武漢で発生し世界中が大騒ぎしている新型肺炎ですが、その原因と言われている新型コロナウイルスって、一体何なんでしょうか? 今回は、今現在までにわかっている情報をもとに、...
安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くその実感がありません。デフレも治るどころか悪化しているとしか思えません。 20...
タイトルとURLをコピーしました