第98回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~中日本編

スポーツ

今回は今年(2019年度)の1月に行われた「第98回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べてみました。この記事は、東日本編と中日本編と西日本編に分かれており、これは中日本編になります。

→東日本編はコチラ

スポンサーリンク

日大明誠高校 (山梨県)

日大明誠

八王子の西に位置する山梨県上野原にある日大明誠高校は、全国高校サッカー選手権初出場でしたが、残念ながら1回戦で愛知県の四日市中央工業高校に1-3で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、山梨県というよりも隣接する東京多摩地区のチームの出身者が大半で、また26名はクラブチーム出身者、4名が中学部活の出身者でした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
FC Branco八王子4
FC府中U-153
AZ’86東京青梅2
FCグラシア相模原2
GEO-X FC2
Uスポーツクラブ2
城山中学2
CHUO SPORTS ACADEMY U-151
FC GONA1
FCコラソン・インファンチル淵野辺1
FCベルテールジュニアユース1
FC多摩ジュニアユース1
GA FC1
TAC Salvatore1
ヴェルディSS相模原1
瑞雲中学1
相模原みどりスポーツクラブ1
東村山市立第六中学1
八王子市立第四中学1
立川市立第九中学1

松本国際高校 (長野県)

松本市にある松本国際高校は、全国高校サッカー選手権2回出場長野県のサッカー強豪校です。今回は、残念ながら2回戦で愛知県の古豪四日市中央工業高校に1-2で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、地元である長野県のチームからの選手が非常に多くなっています。また、クラブチーム出身者が16名で、中学部活の出身者も14名とかなり多くなっています。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
AMBICIONE松本7
ボニートンFC2
豊科南中学2
穂高東中学2
FC AZUL
1
FC川崎CHAMPジュニアユース1
梓川中学1
岡谷北部中学1
開成中学1
鎌田中学1
茅野北部FC1
久米田FC U-151
戸倉上山田中学1
高陵中学1
松本山雅FC U-151
清水中学1
谷本中学1
筑摩野中学1
田沼東中学1
柏マイティーFC1
名古屋FC1

帝京長岡高校 (新潟県)

スポーツで有名な帝京大学グループの帝京長岡高校は、全国高校サッカー選手権7回出場の新潟県の新進気鋭のサッカー強豪校です。今回も準決勝で青森山田高校に1-2で敗れはしたものの初の4強入りを果たしました。
今回の選手権登録選手は、新潟県内にとどまらず
幅広く全国のチーム出身者となっており、またまた28名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は2名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
長岡ジュニアユースFC9
SQUARE富山FC U-153
FCみやぎバルセロナ2
A.CアスミジュニアユースFC2
FC SOUTHERN U-151
FC Viparte1
FCトリプレッタジュニアユース1
FC下越セレソンジュニアユース1
P.S.T.C.LONDRINAジュニアユース1
アラグランデFCジュニアユース1
エボルブジュニアユースFC1
ガンバ大阪門真ジュニアユース1
バリオーレ日の出1
戸塚西中学1
三菱養和SC調布ジュニアユース1
新潟トレジャーFCジュニアユース1
土合中学1
尼崎東ミュートス1

富山第一高校 (富山県)

U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグに所属していた富山第一高校は、全国高校サッカー選手権30回出場、その中で優勝1回(13年度)、4強2回(99、00年度)を誇るサッカーの超名門校です。
しかし、
今回は残念ながら、3回戦で優勝候補筆頭の青森山田高校に 1-4で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が富山県内のチーム出身者となっており、またまた28名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は2名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
カターレ富山U-1510
SQUARE富山FC U-157
FCひがしジュニアユース2
JSC TOYAMA2
FC Consorte1
FCマルーンU-151
FC豊橋デューミラン1
Kurobe FC1
エヌスタイルU-151
出町中学1
常願寺川公園SC U-151
大谷中学1
富山北FC1

鵬学園高校 (石川県)

川県と言えば本田圭佑の母校である星稜高校が有名なんですが、この鵬学園高校は能登半島の七尾市にある全国高校サッカー選手権2回目の出場の新進気鋭のチームです。今回は残念ながら、3回戦で栃木県の矢板中央高校に 0-2で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が石川県内のチーム出身者となっており、また27名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は3名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
セブン能登ジュニアユース8
FC小松3
Pateo FC金沢ジュニアユース2
エスポワール白山FCジュニアユース2
ヘミニス金沢FC2
前橋ジュニアユース2
知多SC2
FC CEDAC1
SOLESTRELLA NARA 20021
ウイングスSC1
エベイユFC神戸1
三菱養和SC調布ジュニアユース1
中能登中学1
内灘中学1
名古屋グランパスU-151
輪島中学1

丸岡高校 (福井県)

東尋坊で有名な坂井市にある県立の丸岡高校は、全国高校サッカー選手権30回出場、4強1回(97年度)の福井県の古豪チームです。しかし、今回は残念ながら2回戦で優勝した静岡県の静岡学園高校に0-3で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が福井県内のチーム出身者となっており、また21名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は9名でした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
坂井フェニックス丸岡ジュニアユース9
丸岡中学5
Reabola TFC 20072
大東中学2
柏崎ユナイテッドFCジュニアユース2
Erba FC1
FC小松1
FELICE FC浦安1
フェンテ大野FCジュニアユース1
高石中央FC1
春江中学1
敦賀FCジュニアユース1
南葛SC1
武生FCジュニアユース1
福井工業大附福井中学1

静岡学園高校 (静岡県)

サッカー王国と言われる静岡県の今年の覇者である静岡学園高校は、全国高校サッカー選手権12回出場、うち優勝1回(95年度)、準優勝1回(76年度)、4強1回(96年度)を誇る古豪チームです。今年は、5年ぶりの出場でしたが、決勝で有力候補筆頭と言われた青森県の青森山田を3-2で破り、24年ぶりに日本一の座を手にしました。
今回の選手権登録選手には、静岡県内のチーム出身者は少なく、関西や関東のチーム出身者が非常に多くなっています。また、そのうち25名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は付属中学からの5名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
静岡学園中学5
セゾンFC4
大阪市ジュネッスFC3
J-FIELD津山SC2
シュートジュニアユースFC2
AS.ラランジャ豊川U-151
ESPORTE CLUBE JOGADOR1
esporte藤沢1
JSC CHIBA1
P.S.T.C.LONDRINAジュニアユース1
ヴィッセル神戸U-151
刈谷81 FC1
新潟FFCジュニアユース1
清水エスパルスジュニアユース1
千里丘FC1
川崎フロンターレU-151
大阪セゾンFC1
大阪東淀川FC1
奈良YMCA SCジュニアユース1

愛知工業大学名電高校 (愛知県)

愛知工業大学名電高校は、全国高校サッカー選手権初出場したが、残念ながら1回戦で福岡県の筑陽学園高校に0-1で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が愛知県内のチーム出身者、またそのうち29名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は1名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
FCフェルボール愛知3
FCフェルボール小牧3
刈谷81 FC3
緑東FC3
Nagoya SS2
愛知FC一宮U-152
愛知FC庄内U-152
豊田アソシエーションFC2
カワムラFC1
シルフィードFC1
愛知FC U-151
スポーツクラブ岐阜VAMOS1
高針台中学1
瀬戸FCジュニアユース1
千種FC1
東海スポーツ1
八幡ファイターズ1
名東クラブ1

四日市中央工業高校 (三重県)

四日市中央工業高校は県立にも関わらず、なんと全国高校サッカー選手権34回出場、うち優勝1回(91年度)、準優勝3回(77、85、11年度)、4強3回(73、87、13年度)を誇る超名門チームです。今年は、2年連続の出場で、惜しくも準々決勝で栃木県の矢板中央高0-2で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が三重県内のチーム出身者、またそのうち28名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は2名だけでした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
AFERRARSE四日市U-154
TSV1973四日市U-154
ソシエタ伊勢SC3
八風中学3
ヴィアティン三重U-15北勢2
CANARINHO FC RIO U-151
FC Avenidasol U-151
FC GRANRIO SUZUKA1
FC湖東1
イルソーレ小野FC1
ヴェルデラッソ松阪U-151
ジュビロ磐田U-151
セレッソ大阪 西U-151
紀州ESFORCO FC1
鼓ケ浦中学1
高浜FC1
三重サッカーアカデミージュニアユース1
鈴鹿SCジュニアユース1
鈴鹿レジェンドFC1

帝京大可児高校 (岐阜県)

スポーツで有名な帝京大学グループの帝京大可児高校は、全国高校サッカー選手権6回出場の岐阜県の新進気鋭のサッカー強豪校です。今年は、残念ながら1回戦で香川県の大手前高松高校に0-1で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その半数以上が付属中学である帝京大可児中学の出身者、他も愛知県などの近郊クラブチーム出身者でした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
帝京大可児中学16
ホペイロ刈谷4
AC LEGGENDA GIFU1
FCV可児1
Nagoya SS1
USM MARLY1
グランパスみよしFC1
愛知FC U-151
若鮎長良FC1
瀬戸FCジュニアユース1
名古屋グランパスU-151

草津東高校 (滋賀県)

滋賀県立草津市にある草津東高校は県立にも関わらず、全国高校サッカー選手権11回出場、準優勝1回(00年度)の滋賀県の強豪チームです。今年は、残念ながら2回戦で福岡県の筑陽学園高校に1-2で敗れてしまいました。
今回の選手権登録選手は、その大半が滋賀県内のチーム出身者、またそのうち25名はクラブチーム出身者で、中学部活の出身者は5名でした。

<出身チーム別人数>

前所属チーム人数
MIOびわこ滋賀U-155
Nagahama Football & Athletic Club4
セゾンFC4
FC湖東3
仰木中学3
BIWAKO SCジュニアユース2
ATSジュニアユース1
FC SETA 2002 SHIGA1
SAGAWA SHIGA FOOTBALL ACADEMYジュニアユース1
Vervento京都FC1
オールサウス石山SC1
シュートジュニアユースFC1
ラドソン滋賀U-151
甲南中学1
彦根市立東中学1
第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~東日本編
今回は今年の1月に行われた「第96回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べてみました。東日本編と西日本編に分かれており、これは東日本編になります。 ...
第96回全国高校サッカー選手権出場校の選手たちの出身チーム~西日本編
今回は今年の1月に行われた「第96回全国高校サッカー選手権」の出場校の登録選手たちの出身チームを調べてみました。東日本編と西日本編に分かれており、これは東日本編になります。 ...
タイトルとURLをコピーしました